キャンプの楽しみと言えば、やっぱり自然の中で食べる料理!
ここではプロの料理家監修による、誰でも作れるお手軽キャンプ料理レシピを
ご紹介します。
難しそうに見えても、実はとっても簡単。
ぜひ挑戦してみてください。

レシピを絞り込む

掲載レシピ数:39

メニューで絞り込む

テーマや人気ランキングからレシピを探す

炭火焼で鶏チャーシュー

ロール状に巻いた鶏もも肉を、炭火でじっくり焼いていく鶏チャーシュー。タレをつけながらじっくりと焼いていくことで、味がしっかり染み込みます。豚肉よりも脂身が少なく、いくらでも食べられてしまいそうな一品です。

この料理のレシピを見る

塊肉でサイコロステーキ

分厚い肉の塊をレアで焼いて切るだけの簡単料理。サイコロ型に切ることで取り分けがしやすく、また取り分けた後に各自でお好みの焼き加減に調整することができるので、にぎやかなBBQにもおすすめです。

この料理のレシピを見る

炭火ローストビーフ燻製風味

炭火で作ったローストビーフに、軽く燻煙をかけるだけ。BBQでは炭に直接スモークチップを落として蓋をするだけでも、ちょっとした燻製気分を味わえます。噛めば噛むほど香るお肉を手軽にいただきましょう。

この料理のレシピを見る

ソース漬け豚バラ塊焼き

特製のBBQソースに豚バラを漬け込み、塊のまま焼いた一品。BBQソースの調味料にはお肉を柔らかくする効果があり、噛むほどコクのある味を楽しめます。漬け込んでいる間は、保冷剤と一緒に保管しましょう。

この料理のレシピを見る

骨つきもも肉のジャークチキン

スパイスやハーブに漬け込んだ鶏肉をこんがり焼き上げる、ジャマイカの定番料理。骨つきでなくても問題ありませんが、見た目の豪快さを重視するなら骨つきがおすすめです。

この料理のレシピを見る

フライドキジ

いわゆる鶏の唐揚げですが、使うお肉はニワトリではなく、キジの肉。キジ肉は若鶏に比べてカロリーが低くてヘルシーな食材です。油は少なめにじっくりと焼き揚げ、余熱で火を通すことでやわらかくなります。

この料理のレシピを見る

イノシシ肉の炭火焼き 和風ソース添え

肉厚でワイルドな、いかにもジビエらしい見た目の一品。猪肉はそのままだと脂っぽいため、余分な脂分を大胆にカット。炭火でじっくり焼くと遠赤外線効果で柔らかく仕上がります。和風の柚子こしょうソースでさっぱりいただきます。

この料理のレシピを見る

イノシシ肉のアヒージョ

様々な素材で楽しむことができるアヒージョは、猪肉を使っても美味しい鉄板キャンプ料理です。猪肉の臭みを消せて相性もバツグン。お好みや季節に合わせて付け合わせの素材を変えても美味しくいただけます。

この料理のレシピを見る

鹿肉のロースト

ローストビーフならぬローストベニソン。ローストビーフを作る手順で鹿肉を調理すればOKです。バルサミコソースと絡めて、洋風でいただきましょう。

この料理のレシピを見る

鹿肉と焼き野菜のサラダ

栄養満点で低カロリー!とってもヘルシーな鹿肉を、野菜と一緒にいただきます。クリーミーなドレッシングとの相性も抜群で、前菜として活躍すること間違い無し!女性にもうれしい一品です。

この料理のレシピを見る

冬野菜とミートボールのラタトゥイユ

ラタトゥイユは夏野菜の煮込み料理というイメージがあると思いますが、冬の根菜で煮込んでも美味しく仕上がります。ミートボールを入れて肉の旨味を加えるのがポイントです。

この料理のレシピを見る

ソーセージとポテトの蒸し煮

ソーセージと相性バッチリのじゃがいもの煮込み料理。にんにくは皮付きのまま煮込むと、身が焦げるのを防げ、風味も抑えられます。

この料理のレシピを見る

豚バラ肉と豆の煮込み

トマトの酸味と豚肉の甘味のバランスが抜群の煮込み料理。煮込む前に豚肉の全面を焼いて旨味を出すのがポイント。時間をかけてじっくりと煮込みましょう。

この料理のレシピを見る

キャベツとベーコンのクリーム煮

クリームとベーコンの旨味がキャベツに凝縮。口いっぱいにまろやかな味わいが広がります。キャベツは、芽キャベツでも美味しく仕上がります。

この料理のレシピを見る

白身魚とハーブのオーブン蒸し

白身魚をたっぷりの野菜と一緒に煮込みました。白身魚のあっさりとした塩気と旨味がぎゅっと詰まった野菜のハーモニーがたまりません!

この料理のレシピを見る

クミンライスとガーリックペッパーステーキ

クミンライスの上に豪快にステーキを乗せた、がっつり食べたい時におすすめの一品。クミンの香りが食欲を増進させます。冷えても香りが消えないので、野外料理には最適です。

この料理のレシピを見る

シーフードのスパイスカレー

市販のルーを使わずに、スパイスたっぷりな大人のカレーをシーフードで仕上げました。コツは玉ねぎをじっくり炒めてスパイスで和え、カレーのベースを作ること。このカレーの素さえあれば、シーフードでもミートでもどんなカレーも作れます。水の量は少しずつ調整しましょう。

この料理のレシピを見る

ハーブスパイシーラムチョップ

骨つき肉があるだけでキャンプ料理が豪華に変身!ラムチョップのくせをハーブが上手に包み込みます。

この料理のレシピを見る

スパイスが香るスキレットホットケーキ

市販のホットケーキミックスにスパイスとドライフルーツを混ぜて焼くだけ。簡単に作れる大人のデザートです。小さめのスキレットを使えば、型いらずでお店で出てくるような分厚いホットケーキに仕上がります。

この料理のレシピを見る

本格マサラティ

濃く煮出したミルクティーにスパイスがたっぷり入った、体が温まるスパイスドリンク。ブラックペッパーを入れるとほんのり大人の味になります。食後の締めのデザート代わりにもどうぞ。

この料理のレシピを見る

スキレットでトマトとズッキーニのオープンオムレツ

オムレツは食べやすいサイズに切ったあと、ワックスペーパーなどにとりわけておくのがおすすめ。そのまま包んで手で食べることができるため、お皿が不要となり後片付けも楽チンです。ズッキーニやトマトは輪切りにすると豪華さが増します。

この料理のレシピを見る

枝豆と生ハムのカナッペ

手に入りやすい食材で作れる、おしゃれなフィンガーフード。飾りのディルとピンクペッパーが香りの決め手なので、なるべく添えてあげましょう。

この料理のレシピを見る

スイーツ系マッシュポテトのスタッフドバケット

スイーツ感覚で楽しめるスタッフドバケット。ヨーグルトとフルーツの甘みと酸味のバランスが絶妙で、甘すぎず上品な味に仕上がります。

この料理のレシピを見る

お豆腐のディップ

お豆腐をディップにして、クラッカーなどにのせていただきます。一口食べたら止まらなくなる、カロリーオフで女性にもうれしい料理です。

この料理のレシピを見る

レタスのひとくちタコス風

ひき肉をレタスで包んでいただくフィンガーフード。スパイスはお好みでアレンジしてもOK。ごはんも一緒にレタスに巻けば、タコライス風フードとしても楽しめます。

この料理のレシピを見る

エスカリバーダ(スペイン風焼き野菜のマリネ)

野菜を丸焦げになるまで焼く新食感のグリル料理。焦げるまでじっくり炭火で焼くことで、中が蒸した状態になり、野菜の甘みがぐんと増します。

この料理のレシピを見る

メキシカングリルドコーン(メキシコ風焼きとうもろこし)

NYで話題のとうもろこし料理。焼きとうもろこしにマヨネージを塗り、そこにチリパウダーをふんだんに振りかけます。ちょっとしたアレンジで、大人もうれしいピリ辛甘な味に変身!

この料理のレシピを見る

焼きカプレーゼ(イタリア風の前菜)

イタリアで定番の前菜を温かい料理にアレンジ!トマトを器にみたてて、見た目もかわいい。アルミホイルではもちろん、スキレットやダッチオーブンでも作れます。

この料理のレシピを見る

サラタス(トルコ風のサラダ)

お肉と一緒にパンに挟んでさっぱり食べる、トルコのサラダ。パンはフランスパンやピタパンなど硬めのパンがおすすめです。

この料理のレシピを見る

メキシカンステーキ

スパイスの香りが食欲をそそるお肉料理。お好みに合わせてスパイスの量を調整して、オリジナルのメキシカンステーキを作りましょう!

この料理のレシピを見る

スパイシーチキンのケバブ風

いつもの焼き鳥にひと手間を加えて、ケバブ風にアレンジ!暑い日に食べたくなるスパイシーな味わいに。

この料理のレシピを見る

ハッセルバックポテト

ローズマリーの香りとじゃがいもの面白い形で、見た目も香りも楽しめる一品。アルミホイルに巻いて網焼きでも作れますが、ダッチオーブンを使うと火力調節が簡単になります。

この料理のレシピを見る

グリル野菜の粒マスタードドレッシング和え

BBQはお肉だけじゃない!炭火で焼くと野菜も甘くジューシーになります。焼きあがった野菜にさらにひと手間加えるだけで美味しさUP。マスタードが効いた旨味たっぷりのBBQ野菜に仕上がります。

この料理のレシピを見る

グレープフルーツとトマトの紫キャベツサラダ

BBQの時だって、バランスよく食事を楽しみたい。そんな時におすすめのサラダ。魚介類との相性も良く、エビやタコなどを入れてもさっぱり食べられます。

この料理のレシピを見る

サクラスモークベーコンとブロッコリーのスパゲティーペペロンチーノ

サクラでいぶした燻製ベーコンと相性バッチリ!サクラベーコンの塩気とふんわり香る甘さを引き出す一品です。

この料理のレシピを見る

ナラスモークベーコンのアンチョビ風

ナラでいぶした燻製ベーコンと相性バッチリ!ナラベーコンの味の強さに、にんにくとアンチョビの香りが調和した一品です。

この料理のレシピを見る

フライパンで鶏肉生地ピザ

小麦粉を一切使わず、鶏肉を生地代わりにした変わりダネのピザ。鶏肉とチーズは体を温める効果があるので冬には小麦粉のピザ生地よりも、鶏肉生地がおすすめです。
鶏肉を叩いて薄くのばしカリカリに焼いても美味しくいただけます。

この料理のレシピを見る

彩り豆と野菜のホットサラダ

豆のホクホク感と野菜の甘みが口の中で広がり、食感も楽しめるサラダ。カレーなどにも使われるクミンの香りが食欲をそそります。
豆の種類はどれでも大丈夫ですが、おすすめは食物繊維が豊富なレンズ豆を使うと、ぐっと見栄えが映えます。ドレッシングのハチミツはお好みで入れましょう。

この料理のレシピを見る

生姜でぽっかぽか手羽先ごろごろ大根スープ

生姜とニンニクで体の芯から温まるスープです。
手羽先を使っているので、コラーゲンたっぷり。また、大きくカットした大根は食べ応えがありつつも消化にもよし。じっくり煮込むと鶏肉も大根もトロトロになります。

この料理のレシピを見る

豆乳バナナココア

消化に良いバナナ入りのあたたかドリンク。
純ココアを使うと大人向けのビターな味になるので、甘い物が好きなお子様などにはお砂糖などを入れてあげましょう。最後にマシュマロを浮かせるとホイップのような食感になります。

この料理のレシピを見る

ジャガイモのカリカリガレット

千切りにしたジャガイモにコンビーフを混ぜ合わせ、チーズを加えて焼くだけの簡単料理。チーズのかりっとした食感とジャガイモのほくほく感が絶品で、おつまみにも最適です!

この料理のレシピを見る

牛肉の赤ワイン煮込み

大人味に仕上げるなら、お好みでブラックペッパーをホールのまま入れましょう。マッシュルームを最後に炒めて入れるのがポイントで、ごろごろっとしたマッシュルームで見栄えがグンとアップします。

この料理のレシピを見る

チキンとブロッコリーのチーズ焼き

何か一品簡単に作りたいな、というときにおすすめなのがこのレシピ。簡単なのに見栄えがよし! 焚き火で作るときは最後にスキレットの蓋をして、その上に炭を置きましょう。

この料理のレシピを見る

アルミホイルで作るミートローフ

キャンプでひき肉をこねるのは大変と思いがちですが、子どもは粘土のように楽しめるので積極的にお手伝いに参加してくれます。卵は子どもの手のひらサイズに合わせて、小さいうずらの卵で作るのがおすすめ。最後にカットするときは卵の黄身が表に出るように切るのがコツです。

この料理のレシピを見る

きのこのペンネグラタン

パン粉とチーズの食感、そして香りもポイントです。アウトドア用バーナーを使ったレシピなのでオーブンがいりません。もちろんダッチオーブンでも調理は可能。トマトソースの酸味が苦手な人はチーズをたっぷりかけましょう。

この料理のレシピを見る

牡蠣の南蛮漬け

前日に仕込んでおいて、キャンプ当日は持っていくだけの簡単レシピ。牡蠣は油でサッと揚げますが、お酢で漬け込むのでさっぱり食べられます。臭みも消えるので、牡蠣が苦手な人でも大丈夫!?

この料理のレシピを見る

ラムチョップのハニーバルサミコソース

豪華骨付きラム肉を使ったBBQ料理ですが、身近な調味料を使って簡単においしくできちゃいます。バルサミコ酢の酸味は熱で飛んで深くまろやかな味になります。

この料理のレシピを見る

チキンとポテトのやわらか煮込み

ご飯がすすむ一品。おうちの冷蔵庫にあるものをそのままキャンプに持って行って料理すれば立派なキャンプ飯になります。

この料理のレシピを見る

クラムチャウダー風あさり入り具だくさんミルクスープ

キャンプの夜や朝、少し冷えきったときにオススメの一品です。
あさりは缶詰を使用しているので、下ごしらえもいらず簡単に作れます。

この料理のレシピを見る

エビとマッシュルームのオイル漬け

下ごしらえに手間がかかるものはなるべくお家で仕込みたい。オイルで1日つけ込むことで味がまろやかになります。キャンプ場で、温めてアヒージョにしたり、パスタに絡めて料理をすればアレンジ1つで豪華なキャンプ料理が作れます。

この料理のレシピを見る

ごろごろベーコンサラダ

キャンプやBBQで、満足できるサラダを紹介します。生野菜はお好みでアレンジを加えてOKです。

この料理のレシピを見る

ビーフステーキサルサソース

BBQで手づくりソースを作っていただくのがオススメ。
野菜たっぷりソースなので女性にもうれしい。
いつものマンネリBBQがピリッと刺激的な美味しさになります。

この料理のレシピを見る

きのこのホイル焼きペペロンチーノ風

にんにくの効いたペペロンチーノ風のきのこが食欲をそそります。
アルミホイルで焼くことで時短&片付けも楽チンなのでアウトドアに最適。

この料理のレシピを見る

サーモンの和風ソテータルタル添え

漬け込んだサーモンを自家製タルタルで召し上がる。ご飯のおともにもぴったりな一品。
漬けサーモンとタルタルはお家で作っておくと、外で作る手間が省けて焼くだけ簡単調理になります。

この料理のレシピを見る

かぼちゃの肉詰め

カボチャにお肉を詰めて、ダッチオーブンで焼く簡単レシピ。
見た目がかわいいだけじゃなく、時短で皮まで食べられるミニカボチャで作るのがポイント。

この料理のレシピを見る

秋野菜のマリネ

秋の野菜をふんだんに使ったマリネ。野菜不足になりがちなBBQとの組み合わせにぴったり。
バルサミコ酢の酸味と野菜の甘さのマリアージュが食欲をそそります。

この料理のレシピを見る

牡蠣の豆乳グラタン

ダッチオーブンを使わなくても、トーチバーナーさえあればきれいな焼き目の付いたグラタンやドリアが気軽に楽しめます。トーチバーナーがない場合は耐熱容器に具材を入れ、チーズをのせた後に蓋をして弱火で少し加熱すれば、焦げ目は付きませんがチーズが溶けて美味しくいただけます。

この料理のレシピを見る

ジンジャーフライドチキン

揚げたての熱々フライドチキンを外で食べられる幸せ。外で作る揚げ物は温度調節だけ気にしていれば、意外に簡単にできてしまいます。冬場は外気温が低いため、油の温度が下がりやすいのでこまめに火加減を調節しましょう。

この料理のレシピを見る

鶏と冬野菜のオイスター炒め

ふっくらと焼いた鶏肉と、季節の野菜がたっぷり食べられる一品。オイスターソースの風味でご飯がいくらでも食べられてしまいそうです。根菜などの固い野菜は先に鶏肉と一緒に焼き、柔らかい野菜は最後にさっと炒めるのがコツです。

この料理のレシピを見る

蒸し野菜とバーニャカウダ

たくさんの野菜が食べられるこのレシピ。バーニャカウダは、今回豆乳を使って作っています。ヘルシーなうえに、しっかりとコクのある味わいで、子どもたちにも喜んでもらえるでしょう。

この料理のレシピを見る

チキンとジャガイモのレモンクリームペンネ

パスタにレモン?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ試していただきたい一品。鶏肉とジャガイモの甘みとレモンのさわやかさが絶妙なバランスで、一度食べたらやみつきになるくらいの美味しさです。

この料理のレシピを見る

林檎とにんじんのラペ(サラダ)

切って和えるだけの簡単サラダ。林檎とレーズンの甘酸っぱさと食感がアクセントになっています。少し置いて味をしみ込ませても美味しいので、自宅で作って持っていってもよいでしょう。

この料理のレシピを見る

しいたけとほうれん草のアンチョビソテー

アンチョビとにんにくの風味がしみ込んだしいたけは絶品。ほうれん草は少し歯ごたえが残る程度にさっと炒めるのがコツです。お好みで醤油を少したらしても美味しいですよ。

この料理のレシピを見る

メープルチャイ

何年も前にインドとネパールを3ヵ月以上滞在した経験があるため、チャイは甘くなければチャイではない!と思っています。ちょっと甘すぎると感じる方はお好みで調節してください。

この料理のレシピを見る

焼き茄子のケッパーサラダ

真っ黒になるまで焼いた茄子は、皮をむくと中はふっくらジューシー。そのまま醤油をかけて食べるのもよいけれど、今回はバルサミコ酢やケッパーを加えて大人の味にしてみました。
焼き加減は焦げ目で見るよりも、指で押してみて柔らかくなっていれば食べごろです。

この料理のレシピを見る

バルサミコチキンと栗のグリル

栗はお肉と一緒にグリルすれば、美味しい肉汁が絡んでお酒にも合いますよ。
栗を茹でるのが面倒な方は、甘栗で作ってもよいでしょう。時間があれば、ぜひ栗を茹でるところからやってみてください。

この料理のレシピを見る

レンコンと大葉の鶏ハンバーグ

ボリューム満点のハンバーグ。レンコンを粗みじん切りにして入れるとシャキシャキとした食感が絶妙です。味噌を加えることで味に深みが出て、いっそう美味しくなりますよ。
丸めて揚げたり、シュウマイの皮に包んで蒸したりといろんなアレンジが楽しめます。

この料理のレシピを見る

揚げかぼちゃと林檎のサラダ

ほくほくの揚げかぼちゃとシャキシャキの林檎の相性がとてもよい一品。お好みでパセリやナッツなどを加えても美味しいですよ。
外で揚げ物!?と敬遠せずに、外だからこそ作ってみてください。

この料理のレシピを見る

じゃことさつまいもとほうれん草のパスタ

パスタは季節の野菜を気軽に楽しめる料理。さつまいもが美味しい季節にぜひ作っていただきたい一品です。
ちりめんじゃこは少しカリッとするまで炒めると生臭さがなくなります。梨や林檎などのフルーツを入れても美味しいですよ。

この料理のレシピを見る

白身魚と野菜の白ワイン蒸し

材料をアルミホイルに包んで焼くだけの簡単料理。タラやカレイなどの白身魚以外にも、鮭やホタテなどで作っても美味しくできます。
具材の蒸気を逃がさないようにアルミホイルは2枚を十字に重ねるとよいですよ。

この料理のレシピを見る

レンズ豆ときのこのスープ

コンソメなどを使わなくても、ちょっとしたコツさえつかめば野菜と豆本来の旨味が凝縮した美味しいスープが作れます。そのコツは野菜をしっかり炒めること! 出汁用の昆布を一緒に煮るのはアウトドア料理ならではのアイディアですね。
レンズ豆は事前に水で戻す必要がないので野菜と同じような感覚で使えてとても便利な食材です。

この料理のレシピを見る

いちじくのコンポート

フルーツを使ったデザートはお腹がいっぱいでもサラッと食べられるのでとても喜ばれます。出来立て熱々も美味しいのですが、事前に家で作ってから冷やして持って行ってもまた別の美味しさです。
今回はいちじくとレーズンの組み合わせですが、林檎とドライいちじく、柿とプルーンなど色々試してみても楽しいですね。

この料理のレシピを見る

いんげんのソムタム

普段は唐辛子をたくさん入れてお酒のつまみにすることが多いのですが、今回は食べやすいように唐辛子を入れないで作っています。好みでレモンやライムを絞って食べるとさらに美味ですよ。

この料理のレシピを見る

ミニトマトとプラムのサラダ

果物はそのまま食べても美味しいですが、ちょっと塩やこしょうを加えると甘さがキリっと引き締まるように思います。いつものトマトサラダに果物が入るだけでなんだか急にお洒落に見えるのもポイントが高いですね。

この料理のレシピを見る

じゃがいもと枝豆のさっぱり炒め

千切りにしたじゃがいものシャキシャキ感を残すことが美味しさの最大のポイントです。一緒に炒める枝豆は冷凍のものでも充分美味しく作れますが、新鮮な枝付きの物が手に入ったらぜひ生の物で作ってみてください。酢を加える事で暑い季節でもさっぱりと食べられ、またコクが生まれます。じゃがいもはぜひともメークインで!

この料理のレシピを見る

トウモロコシと春菊のかき揚げ

外で揚げ物!? と思うかもしれませんが、ちょっとしたコツさえつかんでしまえば揚げ物は野外でこその料理といっても過言ではありません。周りに油が飛んで台所の床がべたべたになることもないし、跳ねたら少し落ち着くまでは離れて見ていれば大丈夫。残った油は固めてゴミと一緒に持ち帰りましょう。

この料理のレシピを見る

エビとパプリカのオイスター炒め

暑い日にビールと一緒に食べたい一品。お好みでパクチーやナンプラーを加えて、よりエスニックな味付けにするのもオススメです。
夏場、エビは傷みやすく調理した手が生臭くなります。自宅で殻と背わたを取り除き、少量の調味料で和えて持って行くとスムーズに料理が始められます。

この料理のレシピを見る

スパイシーチキンのグリル

夏場は鶏肉にたれの材料を揉み込むところまで自宅で仕込んでいけば、現地で焼くだけの簡単料理。そこでぜひともおすすめしたい調理器具がスキレット。女性でも扱いやすく普通のフライパンのように使えるので、アウトドア初心者から上級者までおすすめできるアイテムです。蓄熱性が高いので鍋が温まったら弱火にしてじっくり焼きましょう。

この料理のレシピを見る

夏野菜とバジルの冷製パスタ

暑い日でも冷たいパスタだったらツルツルとそうめん感覚で食べられ、ついでに野菜もたくさん食べられます。今回はカッペリーニを使いましたが、そうめんやひやむぎで作ってもいいですね。

この料理のレシピを見る

ココナッツ寒天

お腹はいっぱいだけどもうちょっと食べたい。そんな時に簡単に作れるデザートです。 寒天はゼラチンと違い、常温になると固まる性質があるので野外でも重宝します。ココナッツミルクの代わりにジュースや牛乳で作っても美味しく、また出汁で作って酢醤油をかければトコロテン風にすることもできます。冷やす時はクーラーボックスに入れてもよいのですが、渓流沿いのキャンプ場では川で冷やすとその過程も楽しいですね。

この料理のレシピを見る

テーマや人気ランキングからレシピを探す