MENU

HONDA

検索

Suzuka 8hours 2008

news and topics

2008.07.01

2008年 鈴鹿8耐・ワークス参戦体制

2008 QTEL FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦
“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第31回記念大会
Hondaワークスチーム参戦体制について

CBR1000RRW 「DREAM Honda Racing Team 11」

CBR1000RRW 「DREAM Honda Racing Team 11」

Hondaは、7月27日(日)に三重県 鈴鹿サーキットにおいて決勝レースが開催される2008 QTEL FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第31回記念大会(以下、鈴鹿8耐)に出場する、Hondaワークスチームの参戦体制を以下のとおり決定いたしました。

チーム名は「DREAM Honda Racing Team」(プロジェクトリーダー:松原輝明)とし、マシンはFormula EWC仕様のCBR1000RRWを使用し、2台体制で参戦いたします。

ライダーの組合せは、ゼッケン11番「DREAM Honda Racing Team 11」の第1ライダーとして清成龍一、第2ライダーにカルロス・チェカ、第3ライダーに徳留和樹を起用します。また、もう1チームのゼッケン33番「DREAM Honda Racing Team 33」には、第1ライダーに高橋裕紀、第2ライダーにジョナサン・レイ、第3ライダーに手島雄介を起用します。以上の参戦体制で、鈴鹿8耐での優勝を目指し戦ってまいります。

 

#11 清成龍一/カルロス・チェカ/徳留和樹 組 監督:松浦紀久

清成龍一(埼玉県25歳)は、今シーズンより新たにスーパーバイク世界選手権(WSB)にCBR1000RRとともに挑戦しています。昨年は英国スーパーバイク選手権(BSB)に参戦し、2年連続のシリーズチャンピオンを獲得した実力派のライダーです。昨年の鈴鹿8耐では惜しくもリタイアと不本意な結果で幕を閉じました。6月8日に行われた鈴鹿8耐の前哨戦である鈴鹿300km耐久ロードレース(以下、鈴鹿300km)では、現在WSBのチームメイトであるカルロス・チェカとペアを組み、第1ライダーとして出場。2位に入賞し、ポテンシャルの高さを実証しました。鈴鹿8耐には、2000年から出場し、2005年には、宇川徹とペアを組み自身初の優勝を獲得しました。これまでの豊富な経験を元に3年ぶりの優勝を目指します。

カルロス・チェカ(Carlos Checa、スペイン35歳)は、昨年までロードレース世界選手権(WGP)で活躍してきたベテランライダーです。今年から心機一転、スーパーバイク世界選手権(WSB)に戦いの場を移しました。第6戦アメリカGP(6月1日開催)で、今シーズン初の優勝を遂げ、第8戦サンマリノGP(6月29日開催)時点では、ポイントランキング3位と好調を維持しています。昨年、初の鈴鹿8耐出場を果たしたチェカは、岡田忠之とのペアで2位を獲得しました。また、先日の鈴鹿300kmでは第2ライダーとして出場し、トップを猛追するアグレッシブなライディングで2位を獲得しています。高度なテクニックや豊富な経験を元に、鈴鹿8耐で自身として初の優勝を目指します。

徳留和樹(鹿児島県 25歳)は、現在CBR1000RRで全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦しています。2004年から鈴鹿8耐に参戦し、昨年は、仮面ライダー電王 Honda DREAM RTから出場し6位に入賞しています。鈴鹿8耐では、常に上位にランクインし安定した実力を発揮する若手ライダーです。

#33 高橋裕紀/ジョナサン・レイ/手島雄介 組 監督:甲哲男(きのえてつお)

高橋裕紀(埼玉県23歳)は、ロードレース世界選手権(WGP)250ccクラスに2005年より参戦している若手のグランプリライダーです。今年の第2戦スペインGP(3月30日開催)では、今シーズン初の3位表彰台を獲得し、第9戦オランダGP(6月28日開催)終了時点でシリーズランキング8位と健闘しています。鈴鹿8耐では、2003年に初出場を果たし総合10位、JSBクラス3位でフィニッシュし実力を発揮しました。2006年の鈴鹿300kmでは、清成龍一とペアを組み優勝しましたが、不運の怪我により鈴鹿8耐の出場を断念しています。今年は、5年振りの鈴鹿8耐で念願の優勝を目指します。

ジョナサン・レイ(Jonathan Rea、イギリス21歳)は、昨年までBSBで活躍し、今年よりスーパースポーツ世界選手権(WSS)にCBR600RRで出場中のライダーです。6月29日に行われたサンマリノGPでは、3位を獲得し、ポイントランキング7位に位置しています。先日の鈴鹿300kmでは手島雄介とペアを組み、5位入賞を果たしました。今回は、自身として初の鈴鹿8耐参戦となります。高橋裕紀との若手ペアにより、果敢に挑戦し優勝を目指します。

手島雄介(埼玉県25歳)は、全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスにおいてDREAM Honda Racing Teamから参戦しています。鈴鹿8耐では、2005年に初出場し総合4位を獲得したことで、周囲の注目を集めました。昨年はF.C.C. TSR ZIP-FM Racing Teamで伊藤真一とペアを組みと3位表彰台を獲得。今年の鈴鹿300kmでは、レイと初のペアを組み5位でフィニッシュしています。鈴鹿8耐では、常に好成績を収めているライダーです。

 

※「Formula EWC」は、今年より新たに導入されたレギュレーションで、従来のスーパープロダクション(SPP)をジャパン・スーパーバイク(JSB)レギュレーションに限りなく近づけた新しいカテゴリーです。今大会では、Formula EWCとスーパーストック(SST)の2カテゴリーで戦われ、一部のチームを除いたほとんどがFormula EWC枠での出場となるため、激戦が予想されます。