MENU

HONDA

検索
モータースポーツ > 鈴鹿300km耐久ロードレース 決勝

Honda Racing

鈴鹿300km耐久ロードレース 鈴鹿300km耐久ロードレースview

清成龍一/カルロス・チェカ組、2位獲得!
5位にジョナサン・レイ/手島雄介組が入る

2008年6月8日(日)
決勝
会場:三重県・鈴鹿サーキット
天候:うす曇り
気温:25.4℃
観客:1万3500人

今年、31回目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース(7月27日・日曜日決勝)での勝利を目指すHondaは、その前哨戦となる鈴鹿300km耐久ロードレースにスーパーバイク世界選手権(WSB)からカルロス・チェカと清成龍一(DREAM Honda Racing Team 11)を呼び寄せた。もう1台のDREAM Honda Racing Team 33には、スーパースポーツ世界選手権のジョナサン・レイとイギリススーパーバイク選手権(BSB)のレオン・ハスラムというイギリス人コンビを迎えた。

しかし、33号車は事前テストのタイムを考慮して、サードライダー登録の手島雄介を起用。33号車でエントリーしていたハスラムは、Team 桜井ホンダの亀谷長純が転倒して右手の甲を骨折したことを受け、亀谷の単独参戦が難しいことからペアライダーとして参戦することになった。

予選は激しいアタック合戦となり、秋吉耕佑(スズキ)が2分8秒052でポールポジションタイムを記録した。WSBから帰国したペアライダーの加賀山就臣も、秋吉に遜色ないタイムを記録して好調を印象づけた。2番手のチェカは2分8秒240を記録、清成は2分9秒042と自身不満の残るタイムとなったが、2人のコンビネーションは悪くなく、ライバルに脅威を与えていた。

3番手には酒井大作/渡辺篤組(スズキ)がつけた。4番手には単独参戦の中須賀克行(ヤマハ)。5番手は06年8耐覇者の辻村猛/伊藤真一組(F.C.C.TSR)。6番手に山口辰也とBSBのカール・クロッチロー(モリワキMOTULレーシング)。7番手に単独参戦の柳川明(カワサキ)、8番手に急募.com team HARC-PROの小西良輝と開幕戦でのケガから復帰した安田毅史のコンビが入った。9番手に2分9秒822を記録したレイと手島のコンビ。手島は2分10秒727を記録し、こちらも初顔合わせながら、順調にレースウイークを消化した。10番手に亀谷/ハスラム組がつけた。

決勝当日は前夜の雨が残るも、レースに向けて晴れ間も見えはじめ、グングンと気温が上昇。スタート前はドライ、路面温度も45℃と上昇した。8耐前哨戦らしい蒸し暑い気候の中で伝統的なル・マン式スタートが切られ、ホールショットを奪ったのは清成。だが、S字で転倒車からオイルが出たことで多重クラッシュが発生、10台以上のマシンが転倒して、レッドフラッグが振られた。

転倒車にはレイ、亀谷、小西ら、Honda勢の有力ライダーたちが含まれており、一時は騒然となるが、幸い大きなケガをしたライダーはなかった。レイはTカーで再びグリッドに並んだが、亀谷、小西ら5台はマシンのダメージが大きくグリッドに並ぶことができない。小西はリタイア届けを提出。亀谷はマシンを修復してレース後半戦からコースに出ることになった。

シグナルグリーンで飛び出したのは清成で、再びホールショットを奪いレースをリードする。それを酒井、レイ、山口、秋吉、柳川が追う。清成、酒井、追い上げてきた秋吉のトップ争いへ発展。4周目には秋吉が首位に立った。清成は酒井との2位争いを展開し、12周目に2位を奪われたが、すかさず2位を奪い返した。

25周目には1位の秋吉、2位清成、3位酒井と続々とトップ集団がピットインしてライダー交代。Honda勢は目の覚めるような素早いピットワークでライダーを送り出した。アウトラップを慎重に行ったチェカは渡辺の先行を許すが、29周目に渡辺を捕らえて2位をキープ、トップの加賀山を追う。その差は約14秒と大きいが、チェカはタイムを9秒台に入れ、そのビハインドを削っていく。3位は渡辺の単独走行、4位の中須賀を5位手島が追う展開。

チェカは1ラップに1秒のペースでタイム差を短縮する驚異の追い上げで観客の目をくぎ付けにする。だが、チェカの追い上げを知った加賀山もペースアップし、逆転するまでには至らなかった。優勝は秋吉/加賀山組、2位に清成/チェカ組、3位に酒井/渡辺組となり表彰台に上がった。4位に中須賀、5位に健闘したレイ/手島組が入った。後半、追い上げた辻村/伊藤組が7位に入り、山口/クロッチロー組が8位。9位にはスタート直後のアクシデントに巻き込まれながら健闘、単独参戦の津田一磨が入った。

コメント

清成龍一(2位、DREAM Honda Racing Team 11)

「最初のクラッシュのことは知らなかった。再スタート後、最初から飛ばしたかったから、トップに出たのはいいけれど、コースがオイルで汚れていて、どれくらい飛ばしていいか分からなかった。今日はブリヂストンタイヤに関して新たな発見があった。20周走ったあとでもグリップがよかった。これなら最初からもっと速く走れたと思う。ヨシムラの酒井選手とのバトルでは、ずっと後ろから音が聞こえていた。絶対に負けるものかと思った。トップとの差をもっと詰めてチェカに渡したかったのに、ふがいないです。ボロボロです」

カルロス・チェカ(2位、DREAM Honda Racing Team 11)

「いつだってレースでは勝ちたい。そういう意味で今回は残念だったけれど、今回はニューマシンで、ニューチームメートで、初めてのタイヤであることを考えると悪くない結果だ。8耐に向けての課題も見つかった。ハンドリングをもう少しよくしないといけないんだ。加賀山との差を縮めていたときには、ベストを尽くしていた。周回遅れがたくさんいて、それだけで1秒ぐらいラップタイムが違ってしまう。それでも加賀山にプレッシャーをかけていたんだ」

松浦紀久|DREAM Honda Racing Team 11 監督

「結果は2位だったが、8耐に向けて課題が見つかった。うちはまだ一発タイムでヨシムラの秋吉選手に負けている。2分08秒00が出るマシンに仕上げなくてはいけない。それでも今日のチェカの追い上げはすばらしかったので、レース内容としては90点だと思う」

ジョナサン・レイ(5位、DREAM Honda Racing Team 33)

「多重クラッシュが起こった時には、誰かが僕の目の前を横切ったので、あわててスロットルを戻したら転倒してしまったんだ。Tカーで切った再スタートは悪くはなかった。前にキヨがいて、ヨシムラの2台に抜かれたけど、4番手をキープできた。本番の8耐に向けて、チームは何をインプルーブしなくてはいけないか分かっただろう。それは収穫だ。でも、表彰台に上がれなかったのはすごく残念だ」

手島雄介(5位、DREAM Honda Racing Team 33)

「ジョニー(レイ)から4位でマシンを受け取ったのに、順位を落としてしまって申し訳ない。ふがいない結果ではあるけれど、不安要素がいくつかあったので、その中ではいい方だと思う。完走でき、課題が見つかったのが何よりだ。マシンの自由度を上げるのが最大の課題。周回遅れを抜くときなどに、アタックラインを外しても楽に走れるようにしたい。今日は8耐での走行1回分しか走っていないのに疲れた。できるだけ疲れないようなマシンに仕上げていきたい」

甲 哲男(きのえ てつお)|DREAM Honda Racing Team 33 監督

「今回の目標の1つだった8耐に向けてのデータ取りは十分にできた。今後はやらなければいけないことの優先順位をはっきりさせ、チーム一丸となって本番の8耐に臨みたい」

松原輝明|DREAM Honda Racing Team プロジェクトリーダー

「チェカの追い上げはすごかった。もう少し清成がタイムを上げられるようなクルマにすることが今後の課題だろう。#33チームは手島もよくがんばった。8耐に向けて、コンスタントにアベレージタイムを上げることができるようなクルマ作りをしていきたい」

辻村 猛(7位、F.C.C.TSR)

「今日は伊藤さんのセッティングで走った。赤旗中断もあったが、集中力がきれることは無かった。転倒やトラブルも無く、8耐に向けたデータ収集ができたと思う。まだ課題もあるが、上位チームのタイムは確かに速い。しかし、まだ8耐本番まで時間はあるので、これからチームスタッフと一緒に自分のセッティングを詰めて、上位を走れるようにしたい」

伊藤真一(7位、F.C.C.TSR)

「マシンのセッティングがまだ仕上がっていないのでペースを上げられなかった。今のマシンは課題もあり、今回はとてもいいテストになった。マシンはバランスが大事なので、今後チームとともにバランスのいいマシンに仕上げていく。今後のテストでは新しいセッティングを試し、8耐本番に向けてマシンのセッティングを詰めていきたい」

山口辰也(8位、モリワキMOTULレーシング)

「今日のレースは、8耐に向けてのマシンセッティングとなった。トップスピードを抑えて、燃費仕様のマシンに仕上げた。今までトラブルもあったが、8耐に向けて、トラブルも解消でき、十分なデータを取ることができたので、有意義なレースだったと思う。マシンの仕上がりも全体的によくなっているので、8耐ではいい結果が出せると思う。今日は、皆さんの応援に感謝したい。8耐でも応援をよろしくお願いします」

カール・クロッチロー(8位、モリワキMOTULレーシング)

「鈴鹿でのレースは初めてでしたが、8耐に向けて満足できる走りができたと思う。また、自分にとってもいい経験になり、今日はとてもよかった。今回、山口さんと初めて一緒に組んだマシンのセッティングもよく仕上がっていた。モリワキチームと山口さんに感謝している。次回の8耐ではいい結果が出せると思う。8耐では、上位を狙っていくので皆さん応援をお願いします」

亀谷長純(Team 桜井ホンダ)

「残り7周目からレースに復帰したが、3回のピットイン作業をした。ピット作業も昨年を上回るタイムで行うことができた。本格的な走りはできず2周しか走れなかったものの、13秒750のタイムを得られたことは今後につながると思う。手のケガを治し、8耐に向けて新しいCBR1000RRで万全な態勢で臨みたい」

レオン・ハスラム(Team 桜井ホンダ)

「これまでのテストでは徐々にタイムも上がり、いい感触だった。亀谷が転倒に巻き込まれ、決勝のレースで走れなかったのは本当に残念だ。亀谷が出した13秒750は、彼自身の実力でいえば9秒台に相当する。また、マシンも戦闘力がある。今後もこのマシンでチャレンジしたい」

小西良輝(急募.com team HARC-PRO)

「スタート直後のS字コーナーで、先行するライダーの転倒によるコース上のオイルで転倒した。転倒時に後続の転倒車両が右肩にぶつかった。レースが赤旗中断となりピットに戻ったが、マシンは復活せず今日のレースは断念しました。肩への影響は少ないと思うので今後は、8耐に向けてテストを重ねて走り込みを行う。8耐では全力を尽くしますので、皆さんの応援をお願いします」

安田毅史(急募.com team HARC-PRO)

「全日本ロードレースの開幕戦でケガをしてから初めてマシンに乗った。今日のレースは、大事をとって小西さんに任せたが、転倒によるマシントラブルで残念な結果に終わった。まだ身体が万全ではないので、8耐に向けて体力をつけて、テストの中では、徐々に走る時間を長くしながら準備を行う。8耐では、自分の走りができると思うので応援をお願いします」

決勝リザルト

順位 No. ライダー チーム名 タイム
1 34 秋吉耕佑/加賀山就臣 ヨシムラスズキwith JOMO 1:54:03.706
2 11 清成龍一/カルロス・チェカ DREAM Honda Racing Team 11 1:54:06.042
3 12 酒井大作/渡辺篤 ヨシムラスズキwithデンソーIRIDIUM POWER 1:54:47.077
4 21 中須賀克行 YSP&PRESTOレーシング 1:55:02.192
5 33 ジョナサン・レイ/手島雄介 DREAM Honda Racing Team 33 1:55:15.704
6 87 柳川明 TEAM GREEN 1:55:17.066
7 2 辻村猛/伊藤真一 F.C.C.TSR 1:55:57.020
8 19 山口辰也/カール・クロッチロー モリワキMOTULレーシング 1:56:07.926
9 71 津田一磨 Team 桜井ホンダ 1:56:02.526
10 81 佐藤裕児/武田雄一 ワイズギアレーシング 1:56:06.142

詳しいリザルトはこちらへ(鈴鹿サーキット公式ページ)>>

フォトギャラリー

  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース
  • 鈴鹿300km耐久ロードレース