MENU

HONDA

検索
recyclemarc 廃棄段階のリサイクル
自動車リサイクル法 再資源化等の状況 2014年度

2016年度 再資源化等の状況

2016年度、Honda車のフロン類の引取り台数は約44万台(前年比−1.3%)、エアバッグ類の引取り台数は約42万台(前年比+1.0%)、また使用済自動車処理の最終工程であるASRの引取り台数は約49万台(前年比−1.5%)でした。

ガス発生器の再資源化率は93.6%、ASRの再資源化率は97.8%であり主務省令で定められた再資源化率(ガス発生器85%以上、ASR 2015年度70%以上)をそれぞれ達成しています。

再資源化等に要した費用の総額が47.7億円であり、払渡しを受けた再資源化等預託金の総額は55.8億円でした。

2016年度の「使用済自動車再資源化等の状況」について

●期間
開始した年月日:平成28年4月1日
終了した年月日:平成29年3月31日
●再資源化量
品目 項目 2016年度 2015年度
フロン類 引取重量 @ CFC引取重量 (kg) 889 1,408
A HFC引取重量 (kg) 111,558 116,004
合計引取重量 (@+A /Kg) 112,446 117,411
引取台数 @ CFCの引取台数 (台) 5,316 7,661
A HFCの引取台数 (台) 434,942 438,501
合計引取台数 (@+A/台) 440,258 446,162
エアバッグ類 引取個数 @ 回収個数 (個) ※1 228,952 207,972
A 作動個数 (個) ※2 1,378,969 1,319,542
合計個数 (@+A /個) 1,607,921 1,527,514
引取台数 @ 回収台数 (台) 51,482 48,083
A 作動台数 (台) 327,690 325,183
B 一部回収/一部作動台数 (台) 39,353 41,252
合計台数 (@+A+B /台) 418,525 414,518
再資源化重量 引き取ったガス発生器の総重量 (kg) ・・・A 142,105 134,844
引き取ったガス発生器で再利用できる状態にした総重量 (kg) ・・・B 132,941 125,738
ASR 引取台数 @ 引取使用済自動車台数 (台) 454,160 458,336
A 委託全部利用投入解体自動車台数(台) 31,237 34,562
合計引取台数 (@+A /台) 485,397 492,898
引取重量 @ 引取ASR重量 (t) 86,515 87,618
A 委託全部利用引取ASR相当重量 (t) 5,917 6,484
引取重量合計 (@+A /t) ・・・C 92,432 94,102
再資源化重量 @ リサイクル施設投入ASR重量 (t) 86,515 87,618
A リサイクル施設排出残渣重量 (t) 1,831 2,461
B 再資源化重量 (@−A /t) 84,684 85,157
C 委託全部利用投入ASR相当重量 (t) 5,917 6,484
D 委託全部利用排出残渣重量 (t) 185 132
E 再資源化重量 (C−D /t) 5,732 6,352
再資源化重量合計(B+E /t) ・・・D ※3 90,415 91,509
減量されたASR重量 (t) ・・・E 0 0
●再資源化率
品目 項目 2016年度 2015年度
エアバッグ類 ・・・B/A ガス発生器の再資源化率(%) ※4 93.6% 93.2%
ASR・・・D/(C + E ) 自動車破砕残渣の再資源化率(%) ※5 97.8% 97.2%
●収 支 2016年度
項目 合計 内 フロン類 内 エアバッグ類 内 ASR
収入 払渡を受けた再資源化等の預託金【A】 5,581,760,247円 1,033,452,225円 1,081,536,679円 3,466,771,343円
内 預託金利分 626,313,697円
支出 再資源化等に要した費用【B】 4,772,153,341円 804,177,936円 973,514,080円 2,994,461,325円
内 社内費用(人件費) 27,719,082円
内 社内費用(システム費) 27,908,847円
収支【C】(【C】=【A】-【B】) 809,606,906円
(参考)再資源化の運営等に要したメーカー負担金とメーカーとしてのリサイクル全体収支
支出 自動車リサイクル促進センターの運営関連費用【D】 113,819,981円
ASRリサイクル関連費用【E】 61,667,792円
合計【F】】(【F】=【D】+【E】) 175,487,773円
◆ 基準適合施設名 ( 自動車破砕残渣処理基準適合施設 )

Hondaが使用した自動車破壊残渣処理基準適合施設は、下記 『 豊通リサイクル(株)ASR再資源化事業部 』 のホームページよりご確認ください。

豊通リサイクル(株)ASR再資源化事業部
http://www.toyotsurecycle.co.jp/asr/index.html

注)
[※1] 車体からエアバッグを取り外して、インフレータを回収し、再資源化施設にてリサイクルする方法。
[※2] 車体に取り付けたままエアバッグを展開しリサイクルする方法。
[※3] ASR再資源化重量合計値が各項目合計と一致しないのは四捨五入によるもの。
[※4] エアバッグ類再資源化率=回収金属重量/回収インフレータ重量
[※5] ASR再資源化率計算式
このページのトップへ