MENU

HONDA

検索
recyclemarc 廃棄段階のリサイクル
自動車リサイクル法 トップページ

自動車のリサイクルについて、Hondaは1990年代より様々な取り組みを進めてきました。 設計面では、廃車時の部品取り外しを容易にする構造開発や、取り外した部品をよりリサイクルし易くするための材料統一化を推進。また廃車時に燃焼されても有害物質を出さないように、ポリ塩化ビニル(PVC)や重金属の削減を進めてきています。廃棄物処理時の取り組みについては、補修交換で捨てられていたバンパーを回収、リサイクルして新しい素材として利用したり、廃車処理については、より安全に、より簡単に解体できる技術やツールの開発を行ってきています。

2005年1月に施行された自動車リサイクル法では、自動車メーカーに、使用済み自動車から発生するフロン類、エアバッグ類、シュレッダーダストの3品目を引き取り、適正にリサイクルすることが役割り付けられています。これらを行うために、Hondaは前述したさまざまなリサイクル技術を推進することはもちろんですが、関連事業者の方々とうまく連携をとって実行していけるような、社会システムの構築を、自動車工業会や指定法人と協力して積極的に取り組んでいます。

自動車リサイクル法について
  自動車リサイクル法によるリサイクルのしくみと、メーカー・関係事業者・自動車所有者の役割
3品目の具体的な取り組み
  フロン類、エアバッグ類、シュレッダーダスト(ASR)の具体的なリサイクル取り組み状況
リサイクル料金について
  フロン類、エアバッグ類、シュレッダーダスト(ASR)のリサイクル料金・設定基準
車種別リサイクル料金について
  具体的なリサイクル料金を車種別に表示
関係事業者向け情報
  解体、回収事業者向け、エアバッグ類、フロン類の回収料金、運搬料金、引取基準、指定引取場所
再資源化等の状況
  預託いただいたリサイクル料金による、再資源化等状況公表と、基準適合施設名を開示
このページのトップへ