MENU
HONDA
検索
recyclemarc 廃棄段階のリサイクル
自動車リサイクル法 再資源化等の状況 2013年度

2013年度、Honda車のフロン類の引取り台数は約44万台(前年比+7%)、エアバッグ類の引取り台数は約38万台(前年比+9%)、また使用済自動車処理の最終工程であるASRの引取り台数は約49万台(前年比+4%)でした。

ガス発生器の再資源化率は93.9%、ASRの再資源化率は96%であり主務省令で定められた再資源化率(ガス発生器85%、ASR2015年度70%)をそれぞれ達成しています。

再資源化等に要した費用の総額が45.8億円であり払渡しを受けた再資源化等預託金の総額は53.5億円でした。

2013年度の「使用済自動車再資源化等の状況」

●期間
開始した年月日:平成25年4月1日
終了した年月日:平成26年3月31日
●再資源化量
品目 項目 2013年度 2012年度
(参考)
 フロン類  引取重量  (1)CFC引取重量 (kg)  2,370 3,261
 (2)HFC引取重量 (kg)  118,758 115,293
 合計引取重量 (1)+(2)/Kg  121,128 118,554
 引取台数  (1)CFCの引取台数 (台)  10,562 14,369
 (2)HFCの引取台数 (台)  426,900 393,634
 合計引取台数 (1)+(2)/台  437,462 408,003
 エアバッグ類  引取個数  (1)回収個数 (個)[※1]  141,343 102,209
 (2)作動個数 (個)[※2] 1,104,360 985,746
 合計個数 (1)+(2)/個 1,245,703 1,087,955
 引取台数  (1)回収台数(台) 39,984 34,293
 (2)作動台数 (台) 316,431 308,703
 (3)一部回収/一部作動台数 (台) 19,997 3,582
 合計台数 (1)+(2)+(3)/台 376,412 346,578
 再資源化重量  引き取ったガス発生器の総重量 (kg)…A 90,384 69,223
 引き取ったガス発生器で再利用できる状態にした総重量 (kg)…B 84,891 64,754
 ASR  引取台数  (1)引取使用済自動車台数 (台) 464,687 448,677
 (2)委託全部利用投入解体自動車台数(台) 25,877 23,375
 合計引取台数 (1)+(2)/台 490,564 472,052
 引取重量  (1)引取ASR重量 (t) 89,391 87,161
 (2)委託全部利用引取ASR相当重量 (t) 4,958 4,519
 引取重量合計 (1)+(2)/t…C 94,349 91,680
 再資源化重量  (1)リサイクル施設投入ASR重量 (t) 88,400 85,904
 (2)リサイクル施設排出残渣重量 (t) 2,687 3,989
 (3)再資源化重量 (1)−(2)/t 85,713 81,915
 (4)委託全部利用投入ASR相当重量 (t) 4,958 4,519
 (5)委託全部利用排出残渣重量 (t) 55 54
 (6)再資源化重量 (4)−(5)/t 4,903 4,464
 再資源化重量合計 (3)+(6)/t…D[※3] 90,616 86,380
●再資源化率
品目 項目 2013年度 2012年度
(参考)
 エアバッグ類…B/A  ガス発生器の再資源化率(%)[※4] 93.9 93.5
 ASR…D/C  自動車破砕残渣の再資源化率(%)[※5] 96.0 94.2
●収支
品目 項目 2013年度 2012年度
(参考)
 フロン類 払い渡しを受けた再資源化等預託金の額 (円) 996,274,849 916,673,732
再資源化等に要した費用の総額 (円) 810,827,045 798,015,112
収支 (円) 185,447,804 118,658,620
 エアバッグ類 払い渡しを受けた再資源化等預託金の額 (円) 894,038,259 795,162,289
再資源化等に要した費用の総額 (円) 790,582,907 720,522,075
収支 (円) 103,455,352 74,640,214
 ASR 払い渡しを受けた再資源化等預託金の額 (円) 3,456,101,450 3,309,422,976
再資源化等に要した費用の総額 (円) 2,981,760,223 2,935,824,396
収支 (円) 474,341,227 373,598,580
三品目合計 払い渡しを受けた再資源化等預託金の額 (円) 5,346,414,558 5,021,258,997
再資源化等に要した費用の総額 (円) 4,583,170,175 4,454,361,583
収支 (円) 763,244,383 566,897,414
◆ 基準適合施設名 ( 自動車破砕残渣処理基準適合施設 )

Hondaが使用した自動車破壊残渣処理基準適合施設は、下記 『 豊通リサイクル(株)ASR再資源化事業部 』 のホームページよりご確認ください

豊通リサイクル(株)ASR再資源化事業部
http://www.toyotsurecycle.co.jp/asr/index.html

注) [※1] 車体からエアバッグを取り外して、インフレータを回収し、再資源化施設にてリサイクルする方法。
  [※2] 車体に取り付けたままエアバッグを展開しリサイクルする方法。
  [※3] ASR再資源化重量合計値が各項目合計と一致しないのは四捨五入によるもの。
  [※4] エアバッグ類再資源化率=回収金属重量/回収インフレータ重量
  [※5] ASR再資源化率計算式
このページのトップへ