MENU

HONDA

検索

2007年3月発表 2011年3月終了モデル
この情報は2011年3月現在のものです。

シビック TYPE R

Safety 人を守る。新次元を走るスポーツとしての基本資質がある。

ボディカラーはチャンピオンシップホワイト

Active Safety

意のままの走りを極限まで追求した運動性能と、
さらなる危険回避のためのセーフティデバイス。

「走る」「曲がる」「止まる」。さまざまな状況下でもドライバーの意志のままに制御できる高い基本性能。さらに、ストレスのないドライビングポジションや操作性など、ドライバーの意志をクルマに忠実に伝えることのできるインターフェイス。それらは、そのまま危険を回避する性能に直結する。サーキットというひとつの極限環境でこれらすべてを究極のレベルにまで研ぎ澄ませたシビック TYPE Rは、事故を未然に防ぐ能力を高次元で達成していると言える。そこにさらなる技術を投入し、安全性を一段と磨いた。サーキット走行にも対応した専用設定が施されたABSやEBDのほか、夜間での安心感を高める、オートレベリング機構付のディスチャージヘッドライト〈HID〉(ロービーム)を採用。後続車からの視認性を高めるLEDタイプのハイマウント・ストップランプも装備した。


●TYPE R専用セッティングを施したABS、EBD。

急制動時の車輪ロックを防止するABS。シビック TYPE RのABSは、タイヤが持つ制動力を最大限活かすとともに、ABSの介入が早すぎることにより発生するアンダーステアを抑制する方向でセッティング。また、ブレーキング時の前輪と後輪の制動力配分をコンピューターがコントロールし、制動ポテンシャルを引き出すEBDについては、通常の設定よりもリアの制動力を有効活用する専用設定とすることで、ブレーキスタビリティを向上させながら旋回性向上にも寄与するものとしている。

■EBD付ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。したがって、EBD付ABSがない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、ムリな運転までは制御できません。安全運転をお願いします。



Passive Safety

万一の際の傷害を軽減するための安全技術。

衝突時の衝撃(G)をコントロールして人への傷害軽減を目指す、Honda独自の衝突安全技術「Gコントロール」により、前面フルラップ衝突55km/h、前面オフセット衝突64km/h、側面衝突55km/h、後面衝突50km/hをクリア。さらにコンパティビリティ対応ボディ、歩行者傷害軽減ボディなどで、リアルワールドにおける安全性能の一層の向上を図っている。


●進化したGコントロール技術が生んだ、
コンパティビリティ対応ボディ

フレームなどの複合的な配置により、前面からの衝撃を広く分散・吸収。衝突時の自己保護性能を高めるだけでなく、相手車両への攻撃性を低減する画期的なボディ。

G-CON

コンパティビリティ対応ボディ説明図

コンパティビリティ対応ボディ説明図


●運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム

衝撃(G)を受けた状況をより緻密に検知・判断する作動プログラムを設定。デュアルインフレーターを採用し、衝撃の大きさによってふたつのインフレーターを同時に点火するか時間差を設けて点火するかを判断し、エアバッグの展開出力を2段階にコントロールする。

SRS=Supplemental Restraint System(シートベルトを補助する乗員保護装置)

運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステムは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。前方向からの、設定値以上の衝撃を感知したときのみ作動します。

SRSエアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムです。くれぐれもシートベルトの正しい着用をお願いします。

写真は機能説明のため、運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステムが展開した状態を合成したものです。

エアバッグシステム作動イメージ

エアバッグシステム作動イメージ



●フロント3点式ロードリミッター付
プリテンショナーELR(緊急ロック式巻取装置)シートベルト

前方向からの強い衝撃を感知すると瞬時にシートベルトを巻き取り、その後一定以上の荷重がかかるとシートベルトを少し送り出し胸などへの負担を軽減する。

プリテンショナー/ロードリミッター



●車両限定型ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ+トップテザーアンカレッジ(リア)

車両限定型ISOFIXチャイルドシートを確実・容易に取り付けることができるロアアンカレッジとともに、チャイルドシートを固定するためのトップテザーアンカレッジをリア席に装備。万一の衝突時、チャイルドシートの前方移動を効果的に抑制する。

■ISOFIXとは、誤使用防止、車両適合性の向上、取り付け方法の国際的な統一を目的とした、ISO(国際標準化機構)規格のチャイルドシート固定方式です。
■必ず適合するチャイルドシートをお選びください。

※チャイルドシート等について詳しくは「チャイルドシート専用ホームページ」をご覧ください。



チャイルドシートは、正しく装着。クルマとカラダに合ったものを。

チャイルドシートの着用は義務付けられています。お子様の体格に合わせてお選びのうえ、正しい着用をお願いします。Hondaでは、後部座席でのご使用をおすすめしています。

Honda車にお乗りのお客様は、Honda車にぴったりフィットする、
Honda純正チャイルドシートをお選びください。

全国の四輪販売会社には、お客様にチャイルドシートの正しい選び方や取り付け方をアドバイスできるセーフティコーディネーターを配置しています。どうぞお気軽にご相談ください。

■Honda純正チャイルドシートのご購入などに関して、詳しくは販売会社にお問い合わせください。

▲ページTopへ