MENU

HONDA

検索

2007年3月発表 2011年3月終了モデル
この情報は2011年3月現在のものです。

シビック TYPE R

Tcchnical Explanation. Cockpit

人とクルマを緊密化する「性能デザイン」を集積した。

コクピット

ボディカラーはチャンピオンシップホワイト インテリアカラーはブラック/ TYPE R レッド
ディーラーオプション(オーディオホールリッド)装着車 カットボディによる撮影
メーター類は撮影のため点灯 フロントガラスは撮影のため取り外しています。

すべては確実なドライビングコントロールのために。

コクピットに収まる。まず、従来のTYPE Rにも、ピュアスポーツにもない鮮烈な個性が、心に高揚を生む。精悍にして先進・高質。ベースとなったシビックならではの独自性とTYPE R専用デザインの融合による新しい感性。さらに、そこに息づくのは操縦という目的に徹した機能性である。
走りへのファーストインターフェイスとなるのはエンジンスターターボタン。イグニションキーを回し、ボタンを押す操作が、昂ぶりを一層盛り上げる。
そして、コクピットを最も特徴づけるのが、専用にレッド照明とされた上下二分割配置のマルチプレックスメーター。確認頻度の高い情報を走行視界からの視線移動が少ない上段に置くという機能性を突き詰め、スピードメーター左側にi-VTEC/REVインジケーターを装備。高回転域のエンジン回転数の目安を光の点灯で知らせ、絶好のシフトタイミングの瞬間を直感的に伝えるとともに走る楽しさを増幅する。シフトノブはどの角度でも上からつかみやすく、掌へのフィット感も高いアルミ球状。手首の動きだけで確実に素早く操作できるようシフト位置を下げ、極めてショートストロークとした。斬新なデザインを施した小径楕円本革巻ステアリングホイールは、握る頻度の高いグリップ左右部分に、表面が滑らかなメタリックプレーンレザーを使用。シフトノブと触感を合わせて操作感を向上させるとともに、スポーク部に専用樹脂ガーニッシュを採用し、サーキット走行時での操作性も高めた。また、オルガン式のアクセルペダルほかペダル類は、フットレストとともにメタル製とし、グリップ力に優れる円形の突起ラバー付としている。さらにインパネ周りは、より運転操作に集中できるよう、メッキ部品などを採用せず敢えて専用ブラックメタリック塗装パネルを採用するなど、どこまでも「性能デザイン」を貫いた。吟味を尽くしたレイアウトとあわせ、すべてが身体の一部のように扱え、サーキットではタイムも削り取る。操るうちにクルマと一体となる。この空間には、TYPE Rが究める歓びの空気が満ちている。

専用3本スポーク小径楕円本革巻ステアリングホイール   メタル製スポーツペダル&フットレスト
エンジンスターターボタン


専用マルチプレックスメーター(自発光/レッド照明)


アルミ製・球形シフトノブ


高回転域での回転数を光で伝える直感的表示、
i-VTEC/REVインジケーター。

VTECがハイカム側に切り替わるポイントで左端のi-VTEC
インジケーターが点灯。以後、レッドゾーンまでの回転数の目安をREVインジケーターが表示する。右から2番目の赤ランプ(REV-5)は最高出力の回転域を表し、ここでシフトアップを繋いでいけば、パワーの“旨み”を最も生かしたシフトチェンジが可能。エンジンの情報と人をダイレクトに繋ぎ一体化する独創のインテリアエクイップメントである。

i-VTEC/REVインジケーター

(走行状況によってはタコメーター表示との視認差異が生じます。あくまでも目安としてお使いください。)



車室内VOCの低減
内装部品の素材、加工法、接着剤の見直しにより、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエンなどのVOCの揮発量を抑制しました。また、排ガス臭や花粉などの除去性能に優れた高性能脱臭フィルターを標準装備し、車室内の臭いや刺激臭を軽減するとともに、VOCを厚生労働省の定めた『室内濃度指針値』以下とし、車室内の空気質を改善しています。

*VOC(揮発性有機化合物):Volatile Organic Compounds

▲ページTopへ