HAPPY CAR LIFE
季節のカーライフ

車内の温度を快適に!

エアコンや換気を上手に使って 快適な車内空間を保ちましょう!

上手な換気と風向

夏の日差しに照らされたクルマの車内は、例えば外気温が35℃の場合は駐車状態で50〜60℃にも達します。

まず、窓を開けて十分な換気を行なってからエアコンを使用するのが効率的です。 また、走行中はエアコンの外気導入による換気を行なえば、外の新鮮な空気で車内がリフレッシュします。

まずエアコンの表示パネルとスイッチを確認します。
この時、AC(エアコン)スイッチがOFFの状態では、冷気を作り出すコンプレッサーは作動していませんので冷風は出ません。

冷気は重いので上から下へと流れるので、中央と側面の吹き出し口をメインにするように風向きを調整することで、車内を効率よく冷やすことができます。

また、吹き出し口はやや上向きにして、直接体にあたらないようにするとエアコンによるストレスや疲れが軽減されます。

駐車の際の注意

夏など日射が強い時期の駐車は、なるべく日陰を選んで駐車するか、窓に日除けを付けるとよいでしょう。

また、車内には溶けやすい菓子類や炭酸飲料などを残しておくと、車内温度が上昇した時に溶け出したり、破裂したりする場合があるので注意が必要です。

室内の汚れやシミの原因だけでなく、思わぬ部分を破損する場合もあります。

メンテナンス

エアコンの使用中に、風量が著しく減少したり、ガラスが曇りやすくなったとこはありませんか?

このような時はエアクリーンフィルターの目詰まりが原因の場合があります。早めの点検が必要です。

※エアクリーンフィルターが標準装備されていないクルマもあります。

また、長い間エアコンを使用していなかったり、経年変化や劣化によって配管類のシールが痛んだことでクーラーガスが漏れてしまうことがあります。 本格的にエアコンを使用する夏を迎える前に点検してもらいましょう。