MENU

HONDA

検索
IA2 2019 JMX | 総集編

石浦諒がシリーズランキング5位でシーズンを終える

2019全日本モトクロス選手権IA2クラスは8大会16ヒートで争われ、石浦諒(GOSHI Racing)の2回の表彰台や、安定した成績を残した鈴村英喜(TEAM HAMMER)、大城魁之輔(Bells Racing/SoCal MXTF)がIA2初優勝を果たすなど活躍をみせた。

開幕戦HRS九州大会では、チームを移籍した大城が苦戦を強いられながらもヒート1で4位入賞を果たした。続く、第2戦関東大会では、ヒート2でホールショットを奪った石浦が3位で自身IA2クラス初表彰台登壇を果たした。

第3戦中国大会は大城が決勝ヒート1でIA2クラスでの初優勝を達成し、ヒート2でも3位表彰台を獲得。道脇右京(TEAM KOHSAKA with CARVEK)もヒート1で3位表彰台に登壇するなど、Honda勢が活躍をみせた大会となった。

大城魁之輔(#40)、石浦諒(#954)
大城魁之輔(#40)、石浦諒(#954)

1カ月あまりのインターバルを置いた第4戦SUGO大会、ヒート1では、断続的に続く降雨のため、通常よりも5分短い25分+1周の戦いとなり、4番手争いを制した道脇が4位入賞を果たした。その2週間後に開催の第5戦東北大会のヒート1では、大城が4位に入った。

第6戦近畿大会は鈴村が5位/6位と安定した戦いを披露。大城はヒート1で14位だったものの、ヒート2で盛り返し、4位を獲得した。

第7戦HSR九州大会は熊本出身の石浦がヒート2の最終ラップに逆転して地元での3位表彰台登壇を果たした。

第8戦スポーツランドSUGOで開催されたMFJGPは鈴村、道脇がそれぞれのヒートで9位に入賞となり、石浦がHonda勢トップとなるシリーズランキング5位、それに続き鈴村が6位、大城が7位でシーズンを終えた。

POINTS

順位 No. ライダー マシン 総合 1 2 3 4 5 6 7 8
1386横山遥希カワサキ35325252025182215202225202222222327
236大倉由揮ヤマハ33722202215222511252518252025162125
381平田優ヤマハ30320222518161422222292520182723
437鳥谷部晃太ヤマハ20516122511202022915112519
5954石浦諒Honda1751314201012131115111420148
658鈴村英喜Honda172103151471313151316158121710
740大城魁之輔Honda16918141312252091815718
849手操将志スズキ16661088181616181413151113
943道脇右京Honda16481121320161891116561217
1038内田篤基スズキ16316181622151815284821
                           
1454森優介Honda1061116112141614166
3285田中教世Honda1111
37010倉持陵生Honda44
3978藤田勇Honda11
4076竹野拓実Honda11
41919石浦優Honda11