MENU

HONDA

検索

round 4

April 29 2012, RACE Sao Paulo Indy 300 第4戦 サンパウロ
PhotoGallery

SCHEDULE

  • レース情報
  • 予選
  • 決勝

佐藤琢磨が自己ベストの3位フィニッシュ。25番グリッドから初の表彰台へ

2012年4月29日(日)・決勝 会場:サンパウロ市街地特設コース 天候:曇り 気温:22〜23℃

ブラジル、サンパウロのストリートコースで行われるインディカー・レースは、今年で3回目の開催となりました。1年ずつ確実に人気が上昇してきたイベントは、今年は前売りでチケットが完売するほどの大人気を博し、盛大に行われました。

  • 佐藤琢磨佐藤琢磨
  • 佐藤琢磨佐藤琢磨
  • 佐藤琢磨佐藤琢磨
  • 佐藤琢磨佐藤琢磨

レース・ウィークエンドの天気予報は雨となっていたのですが、ブラジルのファンの熱い思いが通じたのか、決勝日の午前中のウオームアップセッションが完全なウエットコンディションであったというのに、雨が止んでスタート時刻までには見事に路面は乾いていました。スターティンググリッドに並んだ出場26台全車は、ドライタイヤを装着。大歓声を浴びてスタートを切りました。

佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は、全長2.536マイルのコースを75周するレースに、ペナルティを受けて予選タイム抹消となったジャスティン・ウィルソン(Dale Coyne Racing)と同じ最後列の25番グリッドからスタートしました。1回目のピットストップタイミングを早めに行う作戦を彼らは採用し、燃費にも十分な注意を払い続けて戦った結果、ゴールまで15周を切ったところで5位にまでポジションアップを果たしました。

レースが終盤に入って燃費の心配がなくなった佐藤は、本来の攻撃的な走りを見せ始めました。残り8周で切られたリスタート、佐藤はターン1へのブレーキングをギリギリまで遅らせてインへと飛び込み、エリオ・カストロネベス(Team Penske)とダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)を2人まとめてパス。スタンドを埋めたファンをおおいに沸かせ、そのまま3位を保ってゴールへ飛び込みました。

IZODインディカー・シリーズへの参戦3シーズン目、佐藤は自己ベスト(2011年ミッドオハイオ・スポーツカー・コースでの4位)を更新し、初めて表彰台に上りました。佐藤の3位は、今回のレースにおけるHondaエンジン搭載車でのトップでした。

コメント

佐藤琢磨(3位)「チームの作戦がすばらしく、表彰台でシャンパンファイトを行うことができました。本当にうれしいです。今シーズンは開幕戦からトップグループを走り、スピードを見せることができていたと思います。しかし、トラブルやアクシデントという不運があって、望む結果を手にすることができていませんでした。それでも私たちのチームはあきらめずにチャレンジを続けてきました。それだからこそ、今日のようなリザルトをつかむことができたのだと思います。最後から2回目のリスタートは、チャンスだと感じていました。彼らのブレーキング開始が早かったので2つポジションアップができました。インディ500を前に、このようにいいレースを戦えたこと、そして、好結果を得られたことは、とても大きな意味があると思います」

ロジャー・グリフィス|HPD テクニカル・ディレクター「佐藤琢磨の3位表彰台をうれしく思います。最後列の25番グリッドからの見事な追い上げでした。Rahal Letterman Lanigan Racingの作戦がすばらしかった上に、佐藤のドライビングもレースを通して見事なものでした。昨年のレースでトップを走り続けた時と同じように、今日の佐藤の戦いぶりも力強いものでした。ピットスピード違反というペナルティさえも跳ね返してしまうほどでしたね。Hondaエンジンのパフォーマンスも開幕からの3戦に比べて向上していました。私たちはチームとの協力体制を今まで以上に密接に保ち、勝利を目指して戦っていきます」

決勝

順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差
112W.パワーTeam Penskeシボレー02:08:18.2816
2 28 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー +0:9045
3 15佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan RacingHonda +2:3905
4 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー +4:5489
510ダリオ・フランキッティChip Ganassi RacingHonda +5:1722
6 27J.ヒンチクリフAndretti Autosportシボレー +6:2615
7 4J.R.ヒルデブランドPanther Racingシボレー +8:3764
883チャーリー・キンボールChip Ganassi RacingHonda +8:5905
9 10E.J.ヴィソ KV Racing Technology シボレー +10:3449
10 8R.バリチェロKV Racing Technologyシボレー +10:8477
 
12 77シモン・パジェノー Schmidt/Hamilton MotorsportsHonda -
15 19ジェームズ・ジェイクスDale Coyne RacingHonda -
16 38グレアム・レイホールChip Ganassi RacingHonda -
17 9スコット・ディクソンChip Ganassi RacingHonda-
19 14マイク・コンウェイ A.J. Foyt EnterprisesHonda-
22 18ジャスティン・ウィルソンDale Coyne RacingHonda -
23 67ジョセフ・ニューガーデンSarah Fisher Hartman RacingHonda-

ポイントスタンディング

ドライバー

順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1W.パワーTeam Penske180
2H.カストロネベスTeam Penske135
3J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 123
4R.ハンターレイAndretti Autosport121
5シモン・パジェノーSchmidt/Hamilton Motorsports118
6スコット・ディクソンChip Ganassi Racing109
7佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan Racing83
8 R.ブリスコーTeam Penske 83
9J.R.ヒルデブランドPanther Racing 83
10ダリオ・フランキッティChip Ganassi Racing82
11R.バリチェロKV Racing Technology79
12グレアム・レイホールChip Ganassi Racing76
13E.J.ヴィソKV Racing Technology76
14T.カナーンKV Racing Technology71
15チャーリー・キンボールChip Ganassi Racing68
16ジャスティン・ウィルソンDale Coyne Racing64
17O.セルビアLotus Dreyer & Reinbold Racing64
18マイク・コンウェイA.J. Foyt Enterprises62
19M.アンドレッティAndretti Autosport61
20S.ブルデーLotus Dragon Racing59
21ジェームズ・ジェイクスDale Coyne Racing58
22ジョセフ・ニューガーデンSarah Fisher Hartman Racing54
23E.カーペンターEd Carpenter Racing52
24S.デ・シルベストロHVM Racing48
25K.レッグLotus Dragon Racing46
26A.タグリアーニTeam Barracuda - BHA37
27 A.ベアトリス Andretti Autosport12

マニュファクチャラー(エンジン)

順位 マシン 総合ポイント
1シボレー 36
2Honda 24
3ロータス 16