MENU
HONDA
検索

Round14バレンシアバレンシアGP

Moto2

サーキット・リカルド・トルモ

第14戦 バレンシアGP

バスティアニーニがタイトル王手

し烈なタイトル争いが続くMoto2クラスは、前戦ヨーロッパGPで総合首位にいたサム・ロース(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が転倒リタイアとなり、一方、着実な走りで4位フィニッシュしたエネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)が再び、首位に浮上しました。ヨーロッパGPを前に7点差の総合2位にいたバスティアーニですが、6点差で首位に立ち、今大会はタイトル王手で迎えます。

フランスGP、アラゴンGP、テルエルGPと3連勝を達成。勢いに乗るロースはヨーロッパGPで今季初の転倒リタイアに終わりました。今大会は最終戦決着に持ち越すための重要な戦いとなります。

第10戦フランスGP以降、表彰台から遠ざかっているルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が、ヨーロッパGPでは6位になり総合3位をキープ。ヨーロッパGPで予選5番手から好スタートを切り、今季2勝目を挙げたマルコ・ベゼッキ(SKY Racing Team VR46)が総合5位で、上位4選手がタイトル獲得の可能性を残しています。

バスティアーニ184点、ロース178点、マリーニ165点。ベゼッキ155点。上位5選手のポイント差は29点。バスティアーニのタイトル王手で迎える今大会ですが、ポイント差が接近しているだけに、今大会の結果に注目されます。

以下、ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)が総合5位。ヨーロッパGPで3位になり、今季3回目の表彰台を獲得したレミー・ガードナー(Onexox TKKR SAG Team)が総合6位、過去3戦ポイント獲得も表彰台争いに加われていない長島哲太(Red Bull KTM Ajo)が総合7位、ジョー・ロバーツ(Tennor American Racing)が総合8位、トーマス・ルティ(Liqui Moly Intact GP)が総合9位、前戦ヨーロッパGPで今季初ポールポジションから9位でフィニッシュのチャビ・ビエルゲ(Petronas Sprinta Racing)が総合10位と続いています。

IDEMITSU Honda Team Asiaのアンディ・ファリド・イズディハールは、前戦ヨーロッパGPでは、ベストグリッドの12番手からベストリザルトの18位。ポイント獲得は果たせませんでしたが、今週の第14戦バレンシアGPでは初ポイント獲得に挑みます。チームメートのソムキアット・チャントラは、前戦ヨーロッパGPでは、26番グリッドから17番手までポジションを上げましたが、10周目に転倒してリタイアに終わりました。連戦となる第14戦バレンシアGPでは今季ベストを目指します。

 

コメント

エネア・バスティアニーニ(Moto2 総合1位)
「チャンピオンシップをリードして次のレースを迎えます。でも6ポイント差は大したことありません。そのため一つのことに集中しなければなりません。それは金曜日と土曜日のドライを最大限活用して準備を進めることです。そして日曜日にもっとポイントを獲得できるようにしなければなりません。自分のチームがいい仕事をしてくれると信じています。彼らはいつも僕のために一生懸命がんばってくれています」

サム・ロース(Moto2 総合2位)
「レースウイークがスタートするのが楽しみです。天気は先週よりよく、安定しそうなので、レースへ向けてもっとうまく準備を進められると思います。インフォメーションはたくさんありますし、どこを改善できるか、どこにアドバンテージがあるのか考えたいです。マシンのバランスを少し調整して、グリップが少し足りなかったコーナー出口を改善したいです。このサーキットは大好きです。ポジティブな気持ちを持ち続けなければなりません。僕たちは強いです。まだタイトル争いのチャンスが残っています。仕事を始めるのが楽しみです」

ルカ・マリーニ(Moto2 総合3位)
「先週末のバレンシアのようなレースをしなければなりません。アラゴンで失ったフィーリングを再発見し、再び楽しくマシンに乗らなければなりません。引き続きこの方向性でレースウイークに入ります」

ソムキアット・チャントラ(Moto2 総合24位)
「2週連続となるバレンシアが楽しみです。先週末はいいセッティングがあり、レースではいいペースがありました。でもいくつか問題もありました。今週末はもっといいレースができると思います。天気はよさそうなので、集団で戦い、完走してポイントを獲得できるようにがんばります」

アンディ・ファリド・イズディハール(Moto2 総合30位)
「先週末のレースはMoto2クラスで最高のレースの一つになりました。 もちろんもっと前進しなければなりません。そのため前回のデータをすべて検証し、金曜日の最初のセッションからベストを尽くします。最初の目標は土曜日にいいグリッドポジションを獲得することです。そして2つ目の目標はトップ15に入れるように今回も一生懸命がんばることです」

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2020 第14戦 バレンシアGP Moto2 プレビュー

ニュース