MENU
HONDA
検索

Round05オーストリアオーストリアGP

MotoGP

2020.08.16(日)

レッドブル・リンク
天候:曇り
気温:28℃
コースコンディション:ドライ

第5戦 オーストリアGP

中上貴晶6位でフィニッシュ。アレックス・マルケス、カル・クラッチローはポイントを獲得

第5戦オーストリアGPは、青空が広がる中で決勝レースが行われ、予選10番手(レース2は12番グリッド)から好スタートを切った中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が6位でフィニッシュしました。今大会はスタートから9周目にヨハン・ザルコ(ドゥカティ)とフランコ・モルビデリ(ヤマハ)が3コーナー手前で接触、2台ともに転倒、赤旗中断となりました。

レースは20周で再開され、オープニングラップ9位につけた中上は、3周目にバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)を抜いて8位へ。5周目に抜き返されて9位へダウンしますが、その後、9周目に先行するポル・エスパルガロとミゲル・オリベイラのKTM勢が転倒し7位に浮上。11周目にアレックス・リンス(スズキ)が転倒し6位へ。その後は、5位のロッシと4位フィニッシュのブラッド・ビンダー(KTM)を視野に入れた状態で6位でチェッカーを受けました。これで中上は開幕から4戦連続でトップ10フィニッシュ。総合6位に浮上しました。

ルーキーのアレックス・マルケス(Repsol Honda Team)が、18番グリッドから14位でフィニッシュしました。レース1、レース2ともに好スタートを切ると、前半は1分25秒台、後半は26秒台へとややペースを落としましたが、これで4戦連続でポイントを獲得しました。

15番グリッドから決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)は、序盤に1分24秒台をマークするなど速さを見せて7番手まで浮上しましたが、マシンに異常を感じたことでピットへ。問題がなかったことから再度コースに戻り、15位でフィニッシュしました。連戦となるスティリアGPでは、今大会の雪辱に挑みます。

ケガのため欠場しているマルク・マルケス(Repsol Honda Team)の代役として出場のステファン・ブラドルは、ミケーレ・ピッロ(ドゥカティ)、アレックス・マルケス、ブラッドリー・スミス(アプリリア)、カル・クラッチロー、ティト・ラバト(ドゥカティ)と集団を形成、ポイント獲得を目指しましたが17位に終わりました。連戦となるスティリアGPではポイント獲得を目指します。

コメント

中上貴晶(MotoGP 6位)中上貴晶
「6位を獲得できてとてもうれしいです。再びトップ6に入ることができましたが、レース2は、あまりいいレースができませんでした。レース1で大きなアクシデントがありましたが、誰もケガをしなくてよかったです。レースが一度中断し、20周で再スタートとなりましたが、一度オフになったスイッチを、再びオンにするのは簡単ではありませんでした。でもチームはすばらしい仕事をしてくれて、ポジティブなエネルギーを与えてくれました。レースペースはとてもよかったのですが、3コーナーでミスをしてしまいポジションを落としてしまったのは残念でした。しかし、6位で終えることができてとてもうれしいです。来週末もここでレースがあります。次もすばらしいレースをしたいです。表彰台争いができることを願っています」

アレックス・マルケス(MotoGP 14位)アレックス・マルケス
「今週末もポイントを獲得できてよかったです。でも思っていたようなレースをできませんでした。最初のレースはいいフィーリングがあり、いいスタートを切ることができたので、ポジションを上げていくことができました。しかしそのあと赤旗が出ました。再スタートした次のレースでも、力強いスタートを切ることができましたが、フィーリングは変わり、苦戦しました。新品タイヤの感覚が同じではなかったからです。来週もここでレースをするのが楽しみです。ヘレスでは2週目に大きく前進できました。ザルコとモルビデリのクラッシュは激しいものでした。転倒したすべてのライダーが無事であることを願っています。このようなクラッシュを見ると、とても心配になります」

カル・クラッチロー(MotoGP 15位)カル・クラッチロー
「最初の8周はとてもいいフィーリングがあり、いい形でプッシュできました。そのあと赤旗が出て、レースは再スタートになりました。次のスタートもあまりうまくいきませんでしたが、ポジションを7番手まで上げることができました。しかしギアチェンジでミスをして、そのときにマシンに問題があると思いました。一速高いギアになっており、パワーが激減するのを感じたので、ピットに戻りました。しかし、何も問題はなく、チームとHondaに僕のミスを謝りたいと思います。あれがなければ今日はいい結果を出せたと思うので、申し訳ない気持ちです。データを検証し、来週は前進したいです」

ステファン・ブラドル(MotoGP 17位)ステファン・ブラドル
「厳しいレースウイークでした。必要なスピードがありませんでした。たくさんのパーツをテストしなければならず、限られた時間の中でレースに向けて準備をしなければなりませんでした。戦闘的になれる状況ではありませんでした。それでも今週末はたくさんのことを学びました。来週もRepsol Honda Teamで走るのが楽しみです。これからデータを検証します。モルビデリや今日転倒したすべてのライダーが無事であることを願っています。クラッシュのあとすぐにそこを通りましたが、たくさんのパーツがあちこちに飛び散っていました。怖かったです。クラッシュは見ていませんが、あのような破壊されたマシンを見ると心配になります」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
14A.ドヴィツィオーゾドゥカティ28'20.853
236J.ミルスズキ+1.377
343J.ミラードゥカティ+1.549
433B.ビンダーKTM+5.526
546V.ロッシヤマハ+5.837
630中上貴晶Honda+6.403
79D.ペトルッチドゥカティ+12.498
820F.クアルタラロヤマハ+12.534
927I.レクオナKTM+14.117
1012M.ビニャーレスヤマハ+15.276
1141A.エスパルガロアプリリア+17.772
1251M.ピッロドゥカティ+23.271
1338B.スミスアプリリア+24.868
1473アレックス・マルケスHonda+24.943
1535カル・クラッチローHonda+27.435
1653T.ラバトドゥカティ+28.502
176ステファン・ブラドルHonda+28.609
RT42A.リンススズキ+10Laps
RT44P.エスパルガロKTM+12Laps
RT88M.オリベイラKTM+12Laps
RT21F.モルビデリヤマハ-
RT5J.ザルコドゥカティ-

MotoGP ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
120F.クアルタラロヤマハ67
24A.ドヴィツィオーゾドゥカティ56
312M.ビニャーレスヤマハ48
433B.ビンダーKTM41
546V.ロッシヤマハ38
630中上貴晶Honda37
743J.ミラードゥカティ36
821F.モルビデリヤマハ31
936J.ミルスズキ31
105J.ザルコドゥカティ28
119D.ペトルッチドゥカティ20
1242A.リンススズキ19
1344P.エスパルガロKTM19
1488M.オリベイラKTM18
1573アレックス・マルケスHonda16
1641A.エスパルガロアプリリア11
1763F.バニャイアドゥカティ9
1827I.レクオナKTM7
1953T.ラバトドゥカティ7
2038B.スミスアプリリア7
2135カル・クラッチローHonda7
2251M.ピッロドゥカティ4
236ステファン・ブラドルHonda0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1ヤマハ81
2ドゥカティ67
3KTM57
4スズキ44
5Honda37
6アプリリア16

チーム

順位 チーム 総合ポイント
1Petronas Yamaha SRT98
2Monster Energy Yamaha MotoGP86
3Ducati Team76
4Red Bull KTM Factory Racing60
5Team SUZUKI ECSTAR50
6Pramac Racing49
7LCR Honda44
8Esponsorama Racing35
9Red Bull KTM Tech 325
10Aprilia Racing Team Gresini18
11Repsol Honda Team16

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース