MENU

HONDA

検索

Round16日本日本GP

Moto2

2019.10.20(日)

ツインリンクもてぎ

第16戦 日本GP

ルカ・マリーニが2連勝

Moto2クラスは、今季初ポールポジションを獲得したルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が、前戦タイGPに続き2連勝を達成しました。好スタートから前半トップを快走したマリーニは、後半に入ると7番グリッドから追い上げてきたトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)に先行を許しますが、終盤、再びペースを上げて逆転しました。

優勝を逃したルティは、第7戦カタルニアGP以来、9戦ぶりの表彰台獲得となり総合2位に浮上しました。14番グリッドから追い上げたホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)が3位になり、Moto2クラス初表彰台獲得しました。

4位にロレンソ・バルダッサーリ(FLEXBOX HP 40)。5位にホルヘ・ナバロ(Beta Tools Speed Up)と続き、総合首位のアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が6位。ルーキーのエネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)が7位、総合2位にいたアウグスト・フェルナンデス(FLEXBOX HP 40)が8位に終わり、総合2位から3位へとダウンしました。

この結果、総合首位をキープしたマルケス弟と総合2位に浮上のルティの差は36点。マルケス弟と総合3位にダウンのフェルナンデスとの差は42点となりました。

9位にマルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)、10位にステファノ・マンシィ(MV Agusta Temporary Forward)。予選6番手からレース前半トップグループにつけたソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)は13位。チームメートのディマス・エッキー・プラタマは21位でチェッカーを受けました。ホームGPに闘志を燃やした長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は、オープニングラップに転倒してリタイアとなりました。

コメント

ルカ・マリーニ(Moto2 1位)
ルカ・マリーニ 「すばらしいレース。そして、すばらしい勝利でした。今大会はすべてのコンディションですばらしい仕事ができました。タイのときとはペースが違ったので、序盤のタイヤマネジメントをもっとうまくやろうと考えました。スタートに失敗したことで、ルティにギャップを詰められてしまいました。ルティにパスされたときは、ミスを犯さないこと、そしてリアタイヤを温存するためにスリップにしっかりとつくことに専念しました。6コーナと7コーナの間は僕のほうが速かったので、そこで仕掛けました。すばらしいレースだったと思います」

トーマス・ルティ(Moto2 2位)
トーマス・ルティ 「簡単なレースではありませんでした。アレックス(マルケス)が一生懸命ポジションを守っていました。でも自分のリズムを見つけることができたのでプッシュしました。体力的には全く問題ありませんでしたが、メンタル的に少し難しいレースでした。トップに上がったときはプレッシャーがかなりありました。いくつか戦略を考えようとしました。プッシュして引き離すべきか、スピードをおさえてポジションをキープすべきか考えましたが、最終的にプッシュすることに決めました。なぜならほかのライダーたちより少し余力がありそうだったからです。マリーニをオーバーテイクすることができましたが、最後は彼に方が少し力が残っていました。僕はとてもいいペースがあったので、とにかくそれをキープしました」

ホルヘ・マルティン(Moto2 3位)
ホルヘ・マルティン 「信じられません。Moto2クラスで初めての表彰台です。レースウイークを通して一生懸命がんばってきました。レースでは全力を尽くしました。ずっといいペースがありましたが、かなり後方からのスタートだったので、がんばって追い上げなければなりませんでした。ずっと限界の走りをしていました。そしてバルダッサーリに追いつくことができました。この方向性で引き続き仕事に取り組めることを願っています」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 13位)
ソムキャット・チャントラ 「序盤の数ラップ、3位を走行しました。初めての経験でした。この数ラップで多くのことを学べたので、とてもハッピーです。レース中盤からフロントに問題が発生してミスもあり、大きく順位を落としてしまいました。でも、今日のレースはとてもハッピーです。最後までしっかり走り切れたことは自信になりました。次戦のオーストラリアは初めてのサーキットですが、今日のように挑戦を続けます」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 21位)
ディマス・エッキー・プラタマ 「順位を除けば、今週をよかったと思います。ウォームアップでいいフィーリングを持てなかったので、決勝レースは気持ちを切り替えることにしました。青山監督がラップタイム改善のためにいくつかのすばらしいアドバイスをしてくれました。この変更を次戦のオーストラリアでは活かせるようにがんばります。オーストラリアは初めてのサーキットですが、ステップ・バイ・ステップでしっかりと走ります」

長島哲太(Moto2 リタイア)
「サイティングラップでトラブルが発生してマシンが止まりました。ピットに戻り修復しましたが、グリッドは最後尾となりました。そして、スタート直後の1コーナーで接触転倒でリタイアとなりました。なんとかコース復帰してレースを続けたかったのですが、エンジンがかかりませんでした。接触はレーシングアクシデントだと思ったのですが、ペナルティーの判断となりました。たくさんの声援に応えることができず、悔しいレースになりました。まだ3戦残っているので、気持ちを切り替えて表彰台獲得に挑みます」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
110ルカ・マリーニKALEX40'57.279
212トーマス・ルティKALEX+0.560
388ホルヘ・マルティンKTM+3.593
47ロレンソ・バルダッサーリKALEX+3.999
59ホルヘ・ナバロSPEED UP+5.236
673アレックス・マルケスKALEX+7.345
733エネア・バスティアニーニKALEX+8.115
840アウグスト・フェルナンデスKALEX+10.460
923マルセル・シュローターKALEX+10.711
1062ステファノ・マンシィMVアグスタ+12.445
1121ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP+12.572
1241ブラッド・ビンダーKTM+14.864
1335ソムキャット・チャントラKALEX+15.008
1477ドミニク・エガーターMVアグスタ+15.778
155アンドレア・ロカテリKALEX+23.595
1664ボウ・ベンドスナイダーNTS+27.307
1796ジェイク・ディクソンKTM+30.304
1816ジョー・ロバーツKTM+33.806
192イェスコ・ラフィンNTS+36.962
2065フィリップ・エッテルKTM+43.682
2120ディマス・エッキー・プラタマKALEX+45.143
2247アダム・ノロディンKALEX+59.459
2318シャビ・カルデルスKTM+1'14.661
RT54マティア・パシーニKALEX+5Laps
RT72マルコ・ベツェッキKTM+10Laps
RT87レミー・ガードナーKALEX+14Laps
RT27イケル・レクオナKTM+18Laps
RT97チャビ・ビエルゲKALEX+18Laps
RT22サム・ロースKALEX+20Laps
RT11ニッコロ・ブレガKALEX+21Laps
RT3ルーカス・ツロヴィッチKTM+21Laps
RT45長島哲太KALEX-

Moto2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
173アレックス・マルケスKALEX234
212トーマス・ルティKALEX198
340アウグスト・フェルナンデスKALEX192
49ホルヘ・ナバロSPEED UP186
541ブラッド・ビンダーKTM184
610ルカ・マリーニKALEX176
77ロレンソ・バルダッサーリKALEX151
823マルセル・シュローターKALEX125
921ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP99
1033エネア・バスティアニーニKALEX95
1127イケル・レクオナKTM71
1287レミー・ガードナーKALEX64
1345長島哲太KALEX64
1488ホルヘ・マルティンKTM63
1522サム・ロースKALEX60
1697チャビ・ビエルゲKALEX59
175アンドレア・ロカテリKALEX46
1811ニッコロ・ブレガKALEX40
1954マティア・パシーニKALEX27
2035ソムキャット・チャントラKALEX23
2162ステファノ・マンシィMVアグスタ19
2272マルコ・ベツェッキKTM17
2377ドミニク・エガーターMVアグスタ14
2424シモーネ・コルシNTS10
2564ボウ・ベンドスナイダーNTS6
2696ジェイク・ディクソンKTM4
2716ジョー・ロバーツKTM4
283ルーカス・ツロヴィッチKTM3
2989カイルール・イダム・パウィKALEX3
302イェスコ・ラフィンNTS3
314スティーブン・オデンダルNTS0
3294ジョナス・フォルガーKALEX0
3365フィリップ・エッテルKTM0
3418シャビ・カルデルスKTM0
3520ディマス・エッキー・プラタマKALEX0
366ガブリエーレ・ルイウKALEX0
3747アダム・ノロディンKALEX0
3836アンディ・イズディハールKALEX0
3919名越哲平KALEX0
4031ゲリー・サリムKALEX0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1KALEX386
2SPEED UP219
3KTM206
4MV AGUSTA24
5NTS8

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース