MENU

HONDA

検索


MAINTENANCE NOTE バイクの点検整備について
はじめに 日常点検 12か月定期点検 24か月定期点検 定期交換部品について 使用環境に応じた点検項目
道路運送車両法で定められた6 か月、12 か月ごとの点検とその他、お使い始めから1 か月目(または1,000 km時)に行う点検があります。
※125cm3以下は道路運送車両法に準じて行います。
12か月定期点検時には6か月定期点検の項目も同時におこないます。
12か月定期点検

点火装置
1. 点火時期
(1) エンジン暖機後、アイドリング状態でタイミングライトなどを用いて、点火時期が適切であるかを、規定の合わせマークを見て点検する。
 
エンジン本体
1. エンジンのかかり具合、異音
(1) エンジンが速やかに始動し、円滑に回転するかを点検する。

(2) エンジン始動時及びアイドリング状態で異音がないかを点検する。

2. 低速、加速の状態
(1) エンジンを暖機させた状態で、アイドリングが円滑に続くかを点検する。

(2) エンジンを徐々に加速したとき、スロットルグリップに引っかかりがないか、またエンスト、ノッキングなどを起こすことなく円滑に回転するかを走行するなどして点検する。

燃料装置
1. 燃料漏れ
(1) フューエルタンク、フューエルコック、フューエルホース、フューエルパイプ、キャブレータなどから燃料漏れがないかをフューエルコックのすべての切換え位置で目視などにより点検する。

(2) フューエルホースに損傷、劣化がないかを目視などにより点検する。

2. リンク機構の状態
(1) 燃料装置のリンク機構が円滑に動くかをスロットルグリップの操作により点検する。
 
3. スロットルバルブ、チョークバルブの作動
(1) スロットルバルブとチョークバルブが円滑に動くかをスロットルグリップ、チョークレバーなどをゆっくり操作して点検する。
 

ページTop
冷却装置
1. 冷却水の漏れ
(1) アイドリング状態で、ラジエータ、ウォータポンプ、ラジエータホースなどから水漏れがないかを目視により点検する。または、ラジエータキャップテスタで加圧し、ラジエータ、ウォータポンプ、ラジエータホースなどから水漏れがないかを目視により点検する。

(2) ラジエータホースに損傷、劣化がないか、また、ホースのクランプ類に緩みがないかを目視により点検する。

ブローバイガス還元装置
1. 配管の損傷
(1) ホース、パイプなどの配管に劣化や損傷がないかを目視などにより点検する。

(2) ホース、パイプ、クランプの取付状態に異状がないかを目視などにより点検する。





フロントフォーク
ブレーキ・ペダル及びブレーキ・レバー
ブレーキ・ロッド及びケーブル類
ブレーキ・ホース及びパイプ
マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ及びディスク・キャリパ
ブレーキ・ドラム及びブレーキ・シュー
ブレーキ・ディスク及びパッド
ホイール
トランスミッション
ドライブ・チェーン及びスプロケット
ドライブ・ベルト
点火装置
バッテリ
エンジン本体
潤滑装置
燃料装置
冷却装置
エキゾースト・パイプ及びマフラ
フレーム
その他

点検整備の方法を正しく行わないことや、不適当な整備,未修理は、転倒事故などを起こす原因となり、死亡または重大な傷害に至る可能性があります。
点検整備は、取扱説明書・メンテナンスノートに記載された点検方法・要領を守り、必ず実施してください。
異状箇所は乗車前に修理してください。

安全に関する表示

「運転者や他の方が傷害を受ける可能性のあること」を回避方法と共に、下記の表示で記載しています。
これらは重要ですので、しっかりお読みください。
危険
指示に従わないと、死亡または重大な傷害に至るもの
警告
指示に従わないと、死亡または重大な傷害に至る可能性があるもの
注意
指示に従わないと、傷害を受ける可能性があるもの
☆その他の表示
お車のために守っていただきたいこと
知っておいていただきたいこと
知っておくと便利なこと

点検整備のしかた

本ページは、125cm3以下と126cm3以上の排気量を対象に編集していますが、機種によっては関係のない項目、説明文や図が異なる項目もありますのでご了承ください。
ページTop