MENU

HONDA

検索

1996年11月発表 2001年終了モデル
この情報は2001年現在のものです。

 

 

Type Sに搭載されたATTS(左右駆動力配分システム)は、
FF車のコーナリング・パフォーマンスを飛躍的に高めるディバイスである。
旋回中のアクセル・オンでアンダーステアが出る、
つまり外にはらんでいくのはFFの宿命ともいうべき現象であり、
これをいかに抑えてスムーズなコーナリングをするかは、
これまでもっぱらドライバーの腕にかかっていた。
ATTSは旋回時のフロント外輪側に積極的にエンジンパワーを
配分することによって、この厄介なアンダーステアを
効果的に制御する機構だ。これによって、文字どおりの
オン・ザ・レール感覚のコーナリングが実現したのである。
その効果は、まさにマジックと言ってよく、
これまではパーシャル・スロットルで回っていたコーナーを、
さらに深くアクセルペダルを踏み込んで行けることを実感できる。
また、単にコーナリング・スピードを高めるだけでなく、
ドライバーがクルマを意のままに操る痛快感、
信頼感、安心感も見逃せない。今回はその作動領域を
拡大することで、いっそう旋回能力が向上した。

●サスペンションも専用開発    

ABS(Active Control ABS)

TopIndexLine UpColor Variation開発秘話Driving Report
DrivingCockpitSafetyNaviPRELUDE情報ページ