MENU

HONDA

検索

1996年11月発表 2001年終了モデル
この情報は2001年現在のものです。





S-MOMENT
Line Up
Color Variation
開発秘話
Driving Report

TopIndex
PRELUDE情報ページ

   



クラッチ制御を個別のリニアソレノイドで直接、精密におこなうダイレクトコントロールATは、 ATモードとシーケンシャルモード それぞれの性格に合わせたシフトフィールを向上させた。また“プロスマテック” は常にドライバーの意に沿うようギアの選択、変速タイミングなどを自動的に制御してくれる。つまり、ATモードでは快適さやスムーズさを重視したイージードライブが楽しめ、スポーティな走りを望んでシーケンシャルモードを選べば、マニュアルシフトに遜色のない機敏で活発なシフトワークができるわけである。
まさにプレリュードというクルマに相応しい「走りの幅」を与えてくれるATと言えるだろう。

 




ATモードのゲート式スティックロードでは、[N]→[R]、 [2]→[1]のノブプッシュを省き、使い勝手を良くしている。

トランスミッションは、フルダイレクト制御により部品点数を削減、サイズも全長を短縮し小型化を図った。
ギアノイズを軽減しスムーズな特性を究めている。