MENU

HONDA

検索

2013年5月発表 2014年3月終了モデル
この情報は2014年3月現在のものです。

INSIGHT

性能

走行性能

ハイウェイでの合流や追い越し、さらには登坂路で。アクセルを踏み込むほどにわかるエクスクルーシブの力強い走り。 スタートから100km/hまでの到達タイムは、Hondaテスト値で1.8秒短縮
+200ccがもたらすエクスクルーシブならではのトルクフルな走りは、
低全高・低重心ボディと相まって、Hondaならではの走る楽しさを提供する。 ※インサイトとインサイト エクスクルーシブとの比較。

  • 1.5Lエンジンがもたらす力強い走り
    走行性能についてさらに詳しく
  • 1.3Lモデルの低燃費かつ快適な走り
    走行性能についてさらに詳しく

IMAハイブリッド

エンジンとモーター、それぞれの長所を活かせ。低燃費、なのにパワフル。 レースやスポーツカーのノウハウを駆使した、少ない燃料で最大のパワーを生む「i-VTECエンジン」。そこに力強さと薄さを両立した高性能モーターを組み合わせ、低燃費かつパワフルな走りを実現している。

IMAハイブリッドについてさらに詳しく
1.3L i-VTEC+IMAエンジン

1.3L i-VTECエンジン+IMA

運転しやすさ

片側2車線の交差点で切り返さずUターンできること。 インサイト、インサイト エクスクルーシブは、日本の道路や住宅に収まりのよい5ナンバーサイズ。狭い路地でのすれ違いやUターン、さらに縦列駐車もスムーズにこなせるよう、取り回しのよさに加えて前後の視界にも配慮している。

運転しやすさについてさらに詳しく

燃費・環境性能

知恵と工夫が随所に宿る熟成を重ねてきた燃費性能。 細部まで目を光らせて磨き上げた空力性能、エンジンの省エネ化など、重箱の隅をつつく様に全身を見つめ、燃費向上の知恵と工夫を重ねてきた。

停車時のムダな燃料消費をストップ。アイドリングストップシステム標準装備。 赤信号などの停車時に、エンジンが自動的に停止するアイドリングストップ機能を標準装備。ムダな燃料消費も、排気ガスもストップする。 ※条件によってはエンジンを停止させない場合があります。

燃費・環境性能についてさらに詳しく アイドリングストップシステム

エコアシスト

低燃費運転の「見える化」など3つの機能で、エコドライバーとしての成長をアシスト。 コーチング機能、ティーチング機能、ECONモードの3つの機能でドライバーの省燃費運転をサポートします。

エコアシストについてさらに詳しく

安全性能

障害物を避けた後などに起こりがちな横すべりを抑えるVSA。 急なハンドル操作や、すべりやすい路面でクルマの横すべりが発生したとき、クルマの姿勢の安定化を図るVSA(ABS+TCS+横すべり抑制)を全タイプに標準装備。

  • VSA=Vehicle Stability Assist
  •    (車両挙動安定化制御システム)
  • ABS:4輪アンチロックブレーキシステム
  • TCS:トラクションコントロールシステム
VSAについてさらに詳しく

相手車両や歩行者の安全まで視野に入れた衝突安全設計ボディ。 衝突時の衝撃(G)をコントロールする独自の衝突安全技術「G-CON」をさらに進化させ、自らはもちろん、相手車両に与えるダメージも軽減する「コンパティビリティ対応ボディ」とともに「歩行者傷害軽減ボディ」も採用。

衝突安全設計ボディについてさらに詳しく VSAについてさらに詳しく
100%の信頼性をめざして開発されたエアバッグ。 「安全を支えるシステムで誤作動は許されない」と信頼性を徹底追求し、国産車初のエアバッグの実用化に取り組んだHonda。インサイトでは側面衝突時用のエアバッグも設定。さまざまなケースの安全性を追求しています。
■運転席用&助手席用SRSエアバッグシステム 全タイプ標準装備
■前席用i-サイドエアバッグシステム、
サイドカーテンエアバッグシステム タイプ別設定
エアバッグについてさらに詳しく 安全性能についてさらに詳しく
VSAについてさらに詳しく

写真は機能説明のため、エアバッグが展開した状態を合成したものです。

スペック・大きさを見る

※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「装備一覧」「主要諸元」をご覧ください。

ページトップへ