MENU
HONDA
検索

Round10フランスフランスGP

MotoGP

2020年10月10日(土)

ル・マン・サーキット
天候:晴れ
気温:15℃
コースコンディション:ドライ

第10戦 フランスGP

クラッチロー今季ベストの4番手、中上貴晶13番手、アレックス・マルケス18番手から決勝に挑む

不安定な天候となった金曜日から一転、土曜日は青空が広がる天気となりました。しかし、気温は依然として低く、午前中のFP3は10℃、午後の予選も15℃という厳しいコンディションでした。

その中で初日5番手と好調なスタートを切ったカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)が、FP3でも5番手をキープし、ダイレクトでQ2進出を果たしました。そして、予選Q2ではひとつポジションを上げて4番手。最後のアタック合戦では今季初のフロントローを期待させる素晴らしい走りでした。

今年は第2戦スペインGPのウォームアップで左手の舟状骨を骨折し、その影響で右腕に負担がかかり、腕上りの手術を行いました。手術後、思うように傷口がふさがらず、第7戦サンマリノGPの予選と決勝、そして第8戦エミリア=ロマーニャGPの2戦を欠場し、今大会が復帰2戦目でした。本来の調子を取り戻しつつあるクラッチローですが、決勝では今季初の表彰台と優勝に挑みます。

初日3番手と好調なスタートを切った中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、気温の低いFP3で思うようにタイムを更新できず19番手へとダウン。そして、Q1では3番手とQ2進出に一歩届かず13番手グリッドが確定しました。冷えた路面でタイヤのパフォーマンスをうまく引き出せなかった中上ですが、気温が15℃まで上昇したFP4では、FP3でマークした1分33秒482を大きく更新する1分32秒878で7番手に浮上。決勝に向けて期待をつなぎました。

初日6番手と好調なスタートを切ったアレックス・マルケス(Repsol Honda Team)は、中上同様、冷えた路面に苦戦し17番手にダウン。Q1ではFP4でマークした1分33秒302を更新する1分32秒774で18番手でした。決勝レースに向けて重要なセッションとなるFP4では、トップから1秒差に19台という大接戦となり、中上とともにアレックス・マルケスの追い上げに注目されます。

右腕上腕を骨折し、治療とリハビリを続けているディフェンディングチャンピオンのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)の代役として出場のステファン・ブラドルは21番手でした。初日のフリー走行はドライコンディションのFP2だけ走行して17番手。この日は、FP3、予選ともに21番手でした。前戦カタルニアGPの後、アルガルベで行われたポルトガルGPに向けての公式テストに参加。ハードスケジュールの中で着実に前進しました。

 

コメント

カル・クラッチロー(MotoGP 4番手)カル・クラッチロー
「今日はうまくいきました。いいラップを刻むことができてうれしいです。いつものようにチームは一生懸命がんばっています。予選の前に小さな問題がありましたが、予選の準備を整えるために一生懸命がんばってくれました。この2日間はいいペースがあります。明日が楽しみです」

中上貴晶(MotoGP 13番手)中上貴晶
「予選では全力でプッシュし、最高のパフォーマンスができるようにがんばりましたが、Q2進出を果たせませんでした。しかし、FP4ではアベレージもよく、明らかに前進できたと思います。マシンはかなり快適になり、安定しました。明日のレースへ向けていいことです。予選は難しいコンディションとなり、わずか0.1秒差でQ2を逃してしまいました。13番グリッドはあまりいい結果ではないし、期待したポジションでもありません。明日のウオームアップは寒くなると思いますが、最後の調整に挑みます。レースペースはかなりよくなったので、楽しみです。いつものようにベストを尽くし、序盤にポジションをいくつか上げたいです。そのあとはレース展開を見ながら、ベストを尽くしたいです」

アレックス・マルケス(MotoGP 18番手)アレックス・マルケス
「今日の予選はとてもうまくスタートを切ることができたのですが、戦略に少し誤解があって、速いライダーたちのようにスリップストリームをうまく使うことができませんでした。少し残念ですが、ペースはみんなと接近しているので、レースでは何かを実現できると思います。予報では気温がとても低くなりそうなので、気を付けなければなりません。2コーナーは特にミスをしやすいので、かなり注意したいです。いいスタートを切って、レースの展開を見ながら走るプランです。中上のタイムに近いので、いい比較ができると思います」

ステファン・ブラドル(MotoGP 21番手)ステファン・ブラドル
「少し残念なポジションですが、正直自分とチームの仕事には、かなり満足しています。FP4ではユーズドタイヤでたくさん走行しました。ペースはよさそうです。みんなかなり接近しているので、0.1秒の差でたくさんポジションを上げることもできると思います。そのため今日は少し運がありませんでした。(テストの2日を含めて)4日目の走行ですが、すべてをうまくコントロールできていると思います。いい天気になることを願っています」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム
120F.クアルタラロヤマハ1'31.315
243J.ミラードゥカティ1'31.537
39D.ペトルッチドゥカティ1'31.674
435カル・クラッチローHonda1'31.686
512M.ビニャーレスヤマハ1'31.719
64A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'31.722
763F.バニャイアドゥカティ1'31.752
844P.エスパルガロKTM1'31.795
95J.ザルコドゥカティ1'31.832
1046V.ロッシヤマハ1'31.889
1121F.モルビデリヤマハ1'31.891
1288M.オリベイラKTM1'32.009
1330中上貴晶Honda1'32.179
1436J.ミルスズキ1'32.187
1541A.エスパルガロアプリリア1'32.539
1642A.リンススズキ1'32.757
1733B.ビンダーKTM1'32.766
1873アレックス・マルケスHonda1'32.774
1938B.スミスアプリリア1'32.833
2027I.レクオナKTM1'32.859
216ステファン・ブラドルHonda1'32.861
2253T.ラバトドゥカティ1'33.610

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2020 第10戦 フランスGP MotoGP 予選

ニュース