MENU
HONDA
検索

Round08エミリア=ロマーニャエミリア=ロマーニャGP

MotoGP

2020年9月20日(日)

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
天候:晴れ/雨
気温:28℃
コースコンディション:ドライ
観客:10,000人

第8戦 エミリア=ロマーニャGP

中上貴晶は追い上げのレースで6位
アレックス・マルケスもベストリザルトの7位でチェッカーを受ける

第8戦エミリア=ロマーニャGPは、予選12番手から決勝に挑んだ中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)がすばらしい追い上げをみせて6位でフィニッシュしました。先週のサンマリノGPは、フリー走行と予選での苦戦が影響して9位。その後ミサノで行われた公式テストでセットアップを進めた中上は、今大会のフリー走行で好走をみせて初日2番手。予選では今季2回目のフロントローとポールポジションも期待されましたが、FP4とQ2の転倒で12番手という厳しいグリッドからの決勝になりました。しかし決勝では仕上がりのよさを遺憾なく発揮、6位でチェッカーを受けました。

この日はMoto2クラスの決勝が一時的に降った雨のため赤旗中断となりました。雨はすぐに上がりレースは再開されましたが、その雨が路面コンディションを変化させたのか、MotoGPクラスは転倒者の多いレースとなり、完走13台という厳しいレースとなりました。その中で中上は得意とするセクター3の高速区間とセクター4で前車をパスするなど順調にポジションを上げました。この結果、中上は総合9位から7位へと浮上。総合首位のドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と21点差でシーズン前半を終えました。

アレックス・マルケス(Repsol Honda Team)は今季ベストの7位でフィニッシュしました。フリー走行、予選と着実にタイムを更新すると、決勝では17番グリッドからオープニングラップに11番手に浮上。イケーレ・レクオナ(KTM)、ミゲル・オリベイラ(KTM)を追撃しました。後半はレーシングスーツのエアバッグが開いてタイムロス。中上に抜かれますが、ドヴィツィオーゾの追撃を振りきって7位でチェッカーを受けました。スペイン・ヘレスで開催された第3戦アンダルシアGPでも2週目の開催レースでは8位と大きくリザルトを上げました。今大会も2週目の開催でベストリザルトを更新する走りをみせ、次戦カタルニア大会に向けて大きな期待を抱かせました。

 

コメント

中上貴晶(MotoGP 6位)中上貴晶
「6位でフィニッシュできてとてもうれしいです。12番グリッドからスタートしてトップ6に入るのはとてもたいへんでした。特にレース序盤は大きな集団となり、フロントのフィーリングに苦戦していました。でもセクター3で力強い走りができてセクター4で何人かをオーバーテイクすることができました。最後までラップタイムも安定していました。厳しいグリッドから6位を獲得できたのでうれしいですし、チームに感謝したいです。昨日は大きな転倒を2度してしまい、彼らは夜通しマシンを直してくれました。彼らの努力に本当に感謝したいです。また、この2週間すばらしい仕事をしてくれたすべてのスポンサーとチームにも感謝したいです」

アレックス・マルケス(MotoGP 7位)アレックス・マルケス
「先週の日曜日と、特にそのあとのテストで前進することができました。それを今週末につなげることができました。レースウイークを通してとても強さを感じ、コンスタントに前進できました。レースではいいスタートを切ることができました。序盤はアグレッシブな走りができたのでうれしいです。序盤はいいフィーリングがあって、ドヴィツィオーゾの後ろをキープできました。残り3周で危ない瞬間があり、エアバックが作動し、中上にパスされてしまいました。それでもトップ10のペースがあったので満足しています。一生懸命取り組んでくれたRepsol Honda Teamに感謝しています。徐々に強くなってきています。カタルニアが楽しみです」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
112M.ビニャーレスヤマハ41'55.846
236J.ミルスズキ+2.425
344P.エスパルガロKTM+4.528
420F.クアルタラロヤマハ+6.419
588M.オリベイラKTM+7.368
630中上貴晶Honda+11.139
773アレックス・マルケスHonda+11.929
84A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+13.113
921F.モルビデリヤマハ+15.880
109D.ペトルッチドゥカティ+17.682
115J.ザルコドゥカティ+23.144
1242A.リンススズキ+24.962
1338B.スミスアプリリア+30.008
RT27I.レクオナKTM+3Laps
RT63F.バニャイアドゥカティ+7Laps
RT46V.ロッシヤマハ+12Laps
RT53T.ラバトドゥカティ+15Laps
RT43J.ミラードゥカティ+20Laps
RT33B.ビンダーKTM+24Laps
RT41A.エスパルガロアプリリア-

MotoGP ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
14A.ドヴィツィオーゾドゥカティ84
220F.クアルタラロヤマハ83
312M.ビニャーレスヤマハ83
436J.ミルスズキ80
521F.モルビデリヤマハ64
643J.ミラードゥカティ64
730中上貴晶Honda63
888M.オリベイラKTM59
946V.ロッシヤマハ58
1044P.エスパルガロKTM57
1133B.ビンダーKTM53
1242A.リンススズキ44
135J.ザルコドゥカティ36
149D.ペトルッチドゥカティ31
1563F.バニャイアドゥカティ29
1673アレックス・マルケスHonda24
1741A.エスパルガロアプリリア18
1827I.レクオナKTM15
1938B.スミスアプリリア11
2053T.ラバトドゥカティ7
2135カル・クラッチローHonda7
2251M.ピッロドゥカティ4
236ステファン・ブラドルHonda0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1ヤマハ138
2ドゥカティ115
3KTM104
4スズキ93
5Honda63
6アプリリア26

チーム

順位 チーム 総合ポイント
1Petronas Yamaha SRT147
2Monster Energy Yamaha MotoGP141
3Team SUZUKI ECSTAR124
4Ducati Team115
5Red Bull KTM Factory Racing110
6Pramac Racing97
7Red Bull KTM Tech 374
8LCR Honda70
9Esponsorama Racing43
10Aprilia Racing Team Gresini29
11Repsol Honda Team24

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2020 第8戦 エミリア=ロマーニャGP 決勝

ニュース