MENU
HONDA
検索

Round07サンマリノサンマリノGP

Moto2

2020年9月13日(日)

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
天候:晴れ
気温:29℃
コースコンディション:ドライ
観客:10,000人

第7戦 サンマリノGP

ルカ・マリーニが今季2回目の優勝

Moto2クラスは、ホームGPを迎えた地元イタリア勢が好調で、総合首位で予選3番手のルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が今季2勝目を達成、チームメートで予選4番手のマルコ・ベツェッキ(SKY Racing Team VR46)が2位でフィニッシュしました。中盤はベツェッキが1度首位に浮上しましたが、終始、力強い走りをしたマリーニが先着しました。その2人を視野に3番手を走行したエネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)が3位でフィニッシュ。イタリア勢が今季2回目の表彰台独占を果たしました。

4位にはチャビ・ビエルゲ(Petronas Sprinta Racing)。その後方で繰り広げられた5位争いはアウグスト・フェルナンデス(EG 0,0 Marc VDS)が制し、6位にトーマス・ルティ(Liqui Moly Intact GP)、7位にファビオ・ディ・ジャンアントニオ(+EGO Speed Up)という結果でした。

予選でトップタイムをマークするも、前戦スティリアGPで他者と接触、ペナルティーのためピットスタートのサム・ロース(EG 0,0 Marc VDS)は、すばらしい追い上げを見せて8位、予選22番手のアーロン・カネット(Oceanica Aspar Team Moto2)が9位、ジョー・ロバーツ(Tennor American Racing)が10位でフィニッシュしました。

今大会は、予選1番手のロースがピットスタート、予選2番手のレミー・ガードナー(Onexox TKKR SAG Team)が朝のウォームアップで転倒し足を負傷して欠場したため、それぞれグリッドが2つ上がっての決勝レースとなりました。

予選は9番手でしたが、グリッドが2つ上がり7番グリッドから決勝に挑んだ長島哲太(Red Bull KTM Ajo)は、8番手を走行していた最終ラップに転倒し、リタイアに終わりました。

IDEMITSU Honda Team Asiaのソムキアット・チャントラは18位。チームメートのアンディ・ファリド・イズディハールは23番手を走行していた17周目に転倒しリタイアとなりました。連戦となるエミリア=ロマーニャGPではともにポイント獲得を目指します。

 

コメント

ルカ・マリーニ(Moto2 優勝)
「すばらしいレースでした。マルコ(ベツェッキ)とのバトルはとても楽しかったです。今大会はレースウイークを通してすばらしいフィーリングがありました。チームはすばらしい仕事をしました。お互いとても速くて強かったです。予選からいい走りができました。レースでは14コーナーをニュートラルで走行したこと以外はすべてうまくいきました」

マルコ・ベツェッキ(Moto2 2位)
「ホームGPで表彰台を獲得できてとてもうれしいです。今日はすばらしいスタートを切ることができました。ベストを尽くしましたが、ルカ(マリーニ)がとても速かったです。いいバトルができましたが、彼の方が力があり、終盤も強かったです。今回はレースウイークを通して強さがありました。チームはすばらしい仕事をしてくれました。来週の金曜日にサーキットに戻ってくるのが楽しみです」

エネア・バスティアニーニ(Moto2 3位)
「昨夜は体調が悪く、レースに向けて不安だったので、表彰台を獲得できてとてもうれしいです。今日は体調もよく、いい走りができました。チームは一生懸命すばらしいマシンを準備してくれました。危うく転倒しそうになり、ひじで転倒を免れたとき、マルク・マルケスが同じことをやったのを思い出しました。そのときタイムを少しロスしてしまいました。ルカ(マリーニ)とマルコ(ベツェッキ)とのギャップを再び縮めましたが、彼らをオーバーテイクすることはできませんでした」

ソムキアット・チャントラ(Moto2 18位)
ソムキアット・チャントラ「今日の結果には満足することができません。レース序盤から前を走るライダーたちを捕らえようとプッシュしたのですが、何度かシフトミスしてしまし、そのためタイムをロスしてグループから離されてしまいました。この週末を通してセクター1のタイムを改善できませんでした。来週は、この点を改善して、しっかりとレースを戦えるようにしたいです」

アンディ・ファリド・イズディハール(Moto3 リタイア)
アンディ・ファリド・イズディハール「残り10ラップの1コーナーで転倒してしまいました。うまく走れていただけに残念でなりません。今日は、スタート、そして最初の2ラップがいかに大事かということを理解しました。レースを完走できていれば、20位以内でゴールできたと思います。そこにとどまることができるようにトライしました。最終的に転倒してリタイアという結果でしたが、多くのことを今日のレースで学べたので、その点はポジティブです。少しずつですが、自分の進歩を感じています」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
110ルカ・マリーニKALEX40'41.774
272マルコ・ベツェッキKALEX+0.799
333エネア・バスティアニーニKALEX+0.897
497チャビ・ビエルゲKALEX+2.177
537アウグスト・フェルナンデスKALEX+8.307
612トーマス・ルティKALEX+9.046
721ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP+9.971
822サム・ロースKALEX+16.485
944アーロン・カネットSPEED UP+17.036
1016ジョー・ロバーツKALEX+17.209
117ロレンソ・バルダッサーリKALEX+17.741
1242マルコス・ラミレスKALEX+19.152
1319ロレンソ・ダラ・ポルタKALEX+21.946
1424シモーネ・コルシMVアグスタ+22.005
1511ニッコロ・ブレガKALEX+24.404
1696ジェイク・ディクソンKALEX+24.663
1762ステファノ・マンシィMVアグスタ+27.442
1835ソムキアット・チャントラKALEX+32.671
1964ボウ・ベンドスナイダーNTS+35.844
2099カスマ・ダニエル・カスマユディンKALEX+46.463
RT45長島哲太KALEX+1Lap
RT55ハフィス・シャーリン SPEED UP+4Laps
RT23マルセル・シュローターKALEX+7Laps
RT27アンディ・ファリド・イズディハールKALEX+9Laps
RT2イェスコ・ラフィンNTS+10Laps
RT57エドガー・ポンスKALEX+13Laps
RT9ホルヘ・ナバロSPEED UP+15Laps
RT40ヘクター・ガルゾKALEX+19Laps

Moto2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
110ルカ・マリーニKALEX112
233エネア・バスティアニーニKALEX95
372マルコ・ベツェッキKALEX85
488ホルヘ・マルティンKALEX79
545長島哲太KALEX68
622サム・ロースKALEX67
797チャビ・ビエルゲKALEX59
844アーロン・カネットSPEED UP50
916ジョー・ロバーツKALEX45
1012トーマス・ルティKALEX45
1187レミー・ガードナーKALEX41
127ロレンソ・バルダッサーリKALEX39
1323マルセル・シュローターKALEX37
1437アウグスト・フェルナンデスKALEX36
159ホルヘ・ナバロSPEED UP19
1655ハフィス・シャーリン SPEED UP17
1762ステファノ・マンシィMVアグスタ15
1821ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP12
1996ジェイク・ディクソンKALEX12
2040ヘクター・ガルゾKALEX12
2111ニッコロ・ブレガKALEX12
2264ボウ・ベンドスナイダーNTS5
2342マルコス・ラミレスKALEX5
2477ドミニク・エガーターNTS4
2519ロレンソ・ダラ・ポルタKALEX3
2635ソムキアット・チャントラKALEX3
2724シモーネ・コルシMVアグスタ3
2857エドガー・ポンスKALEX0
2927アンディ・ファリド・イズディハールKALEX0
3099カスマ・ダニエル・カスマユディンKALEX0
312イェスコ・ラフィンNTS0
322018アレハンドロ・メディナ00

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1KALEX175
2SPEED UP57
3MV AGUSTA17
4NTS9

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2020 第7戦 サンマリノGP Moto2 決勝

ニュース