MENU
HONDA
検索

Round18マレーシアマレーシアGP

Moto3

2019.11.03(日)

セパン・インターナショナル・サーキット

第18戦 マレーシアGP

ダラ・ポルタが今季4勝目を挙げ、ガルシアが自己最高位の2位

Moto3クラスは、29台が出場し、21台が完走する厳しい戦いとなりました。前半は、トップグループは10台前後に膨れあがりましたが、予選7番手から着実にポジションを上げたロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が中盤の9周目に首位に浮上すると、集団を完全にコントロールし、17周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。

前戦オーストラリアGPで念願のタイトルを獲得したダラ・ポルタは、日本、オーストラリア、マレーシアと続いた3連戦で3連勝を達成し、今季4勝目を挙げました。

2位にはルーキーのセルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)で初表彰台獲得となりました。今年は開幕戦カタールGPが出場年齢の16歳になっていないことで第2戦アルゼンチンGPがデビュー戦となりました。やっと初表彰台を獲得して喜びを爆発させていました。

予選14番手から着実にポジションを上げた小椋藍(Honda Team Asia)が4位でフィニッシュしました。最終ラップの7台による表彰台争いは10万人の大観衆を興奮させるものでした。わずかの差で表彰台獲得は果たせませんでしたが、今年の成長を感じさせるレースでした。

トップ集団に加わったマルコス・ラミレス(Leopard Racing)が6位、チームのホームグランプリに闘志を燃やしたジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)が7位、トップグループからわずかに遅れてトニ・アルボリーノ(VNE Snipers)が9位でフィニッシュしました。

今大会は転倒者の多いレースとなり、序盤大集団になったトップグループをリードした鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は、6周目の4コーナーで前を走るガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)が転倒し、その巻き添えで転倒リタイア、このアクシデントでアロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)も転倒リタイアとなりました。レース中盤には、大集団の中で10番手前後を走っていた佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)が4コーナーで転倒、その後ろにいた鳥羽海渡(Honda Team Asia)もその転倒に巻き込まれてリタイアとなりました。

 

コメント

ロレンソ・ダラ・ポルタ(Moto3 優勝)
ロレンソ・ダラ・ポルタ「今日はレースを楽しみ、優勝することが目標だと言ってきましたが、その通りのレースができました。コンディションは難しく、簡単ではありませんでしたが、思っていたような戦いができました。チームにとってもすばらしい結果になりました。今大会、チームは暑い中で一生懸命がんばっていました。彼らに感謝しています。また家族にも感謝しています」

セルジオ・ガルシア(Moto3 2位)
セルジオ・ガルシア「とてもうれしいです。このようなかたちで遠征を終えられるとは思っていませんでした。今大会は、最初からとてもいい走りができました。難しいレースになりましたが、トップグループに入れることが分かっていたので、着実にほかのライダーをパスしていきました。最終ラップで表彰台が可能だと信じ始めましたが、限界の走りをしていたので最終コーナーは転倒するかもしれないと思いました。なんとか持ちこたえてフィニッシュラインを通過できました。ようやくこの瞬間がやってきました。この表彰台を家族、祖父、そして昨日亡くなったアフリザに捧げたいと思います」

小椋藍(Moto3 4位)
小椋藍「もてぎ、そしてオーストラリアと納得のいくレースができませんでしたが、今日の結果はハッピーです。14番手からのスタートでしたが、なんとかポジションを上げていくことができました。今大会はセッティングに苦しみ、初日のフリー走行で出遅れましたが、それを思えば、いい結果だと思います。ただ、表彰台、優勝を狙うには、やっぱり予選がとても重要で、今回のレースもそれを痛感しました。次戦のバレンシアは今シーズン最後のレースなのでベストを尽くします」

マルコス・ラミレス(Moto3 6位)
マルコス・ラミレス「今日の結果はとても残念です。優勝したいと思っていましたが、ほかのライダーのミスのせいでポジションをかなり落としてしまいました。優勝争いをしてたくさんのポイントを獲得できる強さを感じていました。優勝することはできませんでしたが、完走してポイントを獲得することができました。常にサポートしてくれるチームには本当に感謝しています」

佐々木歩夢(Moto3 リタイア)
佐々木歩夢「今週末はいいペースがあったのですが、決勝レースは難しい走りとなりました。転倒の原因は、抜かれたときにはらんでしまい、それをリカバリーしようして大きなハイサイドを起こしてしまいました。今大会は3回も転倒してしまいました。転倒は完全に僕のせいですが、集団の中では思い通りの走りができませんでした。バレンシアGPまで少し時間があるので、休んで気持ちを切り替えたいです」

鳥羽海渡(Moto3 リタイア)
鳥羽海渡「今日もまたアンラッキーなレースとなってしまいました。今日は強さを感じていました。グループの中でもレースをコントロールできていましたが、目の前で2人のライダーが転倒し、それに巻き込まれてしまいました。気持ちを切り替えて、次のバレンシアGPに挑みます」

鈴木竜生(Moto3 リタイア)
鈴木竜生「今日は1周目から前に出て、グループをひっぱっていく作戦でした。そして、小さいグループにしようとしたのですが、無理やり抜いてくるロドリゴが目の前で転び、それに巻き込まれてしまいました。戦略的には悪くなかったと思うのですが、運がない1日でした。気持ちを切り換えて最終戦に挑みたいです」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 48 ロレンソ・ダラ・ポルタ Honda 38'01.355
2 11 セルジオ・ガルシア Honda +0.410
3 5 J.マシア KTM +0.803
4 79 小椋藍 Honda +0.885
5 13 C.ヴィエッティ KTM +0.902
6 42 マルコス・ラミレス Honda +1.095
7 17 ジョン・マクフィー Honda +1.342
8 44 A.カネット KTM +2.253
9 14 トニ・アルボリーノ Honda +3.035
10 23 ニッコロ・アントネッリ Honda +7.726
11 55 ロマーノ・フェナティ Honda +8.008
12 75 A.アレナス KTM +10.521
13 12 F.サラク KTM +15.542
14 25 R.フェルナンデス KTM +15.873
15 54 リカルド・ロッシ Honda +15.950
16 76 M.ユルチェンコ KTM +16.064
17 84 J.コーンフェール KTM +16.497
18 22 真崎一輝 KTM +16.567
19 7 D.フォッジャ KTM +24.161
20 61 C.オンジュ KTM +29.330
21 69 T.ブース・アモス KTM +1'22.202
RT 40 D.ビンダー KTM +7Laps
RT 71 佐々木歩夢 Honda +9Laps
RT 16 A.ミニョ KTM +9Laps
RT 27 鳥羽海渡 Honda +9Laps
RT 82 S.ネパ KTM +10Laps
RT 24 鈴木竜生 Honda +12Laps
RT 19 ガブリエル・ロドリゴ Honda +12Laps
RT 21 アロンソ・ロペス Honda +12Laps

Moto3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1 48 ロレンソ・ダラ・ポルタ Honda 279
2 44 A.カネット KTM 190
3 14 トニ・アルボリーノ Honda 175
4 42 マルコス・ラミレス Honda 174
5 17 ジョン・マクフィー Honda 156
6 23 ニッコロ・アントネッリ Honda 128
7 13 C.ヴィエッティ KTM 127
8 5 J.マシア KTM 121
9 24 鈴木竜生 Honda 111
10 75 A.アレナス KTM 108
11 79 小椋藍 Honda 103
12 7 D.フォッジャ KTM 97
13 84 J.コーンフェール KTM 77
14 55 ロマーノ・フェナティ Honda 76
15 21 アロンソ・ロペス Honda 71
16 19 ガブリエル・ロドリゴ Honda 67
17 71 佐々木歩夢 Honda 62
18 27 鳥羽海渡 Honda 60
19 25 R.フェルナンデス KTM 60
20 16 A.ミニョ KTM 58
21 40 D.ビンダー KTM 54
22 11 セルジオ・ガルシア Honda 51
23 76 M.ユルチェンコ KTM 22
24 12 F.サラク KTM 21
25 82 S.ネパ KTM 19
26 22 真崎一輝 KTM 14
27 69 T.ブース・アモス KTM 10
28 6 山中琉聖 Honda 8
29 99 C.タタイ KTM 8
30 54 リカルド・ロッシ Honda 6
31 61 C.オンジュ KTM 4
32 52 ジェレミー・アルコバ Honda 2
33 20 E.バルトリーニ KTM 1
34 53 D.オンジュ KTM 0
35 32 D.ピッツォーリ KTM 0
36 31 ゲリー・サリム Honda 0
37 77 V.ペレス KTM 0
38 3 ケビン・ザノーニ Honda 0
39 15 R.チャンドラー KALEX KTM 0
40 67 G.リウ・メール KTM 0
41 81 A.ヴィウ KTM 0
42 73 M.コフラー KTM 0
43 10 ホセ・フリアン・ガルシア Honda 0
44 18 R.ファン・デ・ラグマット KTM 0
45 83 M.カワカミ KTM 0
46 28 D.ガイガー KTM 0
47 96 B.パーシュ KTM 0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1 Honda 414
2 KTM 327

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第18戦 マレーシアGP Moto3 決勝

ニュース