MENU
HONDA
検索

Round17オーストラリアオーストラリアGP

Moto2

2019.10.26(土)

フィリップアイランド・サーキット

第17戦 オーストラリアGP

ナバロが今季3回目のポールポジション、
タイトル王手のマルケスは7番手

Moto2クラスは、Q1、Q2ともに完全なドライの中で行われましたが、Moto3クラスの予選を終えて、さらに強くなった強風に苦しめられるセッションとなりました。その厳しい予選を制したのは、初日3番手につけたランキング総合4位のホルヘ・ナバロ(Beta Tools Speed Up)で今季3回目のポールポジション獲得となりました。決勝では今季8回目の表彰台とMoto2クラスの初優勝を目指します。

初日2番手のブラッド・ビンダー(Red bull KTM Ajo)が予選2番手。今季4回目のフロントローから今季7回目の表彰台と今季3勝目を目指します。初日20番手と苦戦したルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が2戦連続今季3回目のフロントローを獲得しました。マリーニはタイ、日本と2連勝中で今大会は3連勝を狙います。

Moto2クラスのルーキー、ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Beta Tools Speed Up)が4番手、初日トップタイムのホルヘ・マルティン(Red bull KTM Ajo)が5番手、サム・ロース(Federal Oil Gresini Moto2)が6番手と続きました。ロースは初日のフリー走行のペナルティーで最後尾スタートとなります。

総合首位でタイトル王手のアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が7番手、初日9番手のイェスコ・ラフィン(NTS RW Racing GP)が予選では8番手とポジションを上げました。ルーキーのマルコ・ベツェッキ(Red Bull KTM Tech3)が9番手、イケル・レクオナ(monday.com American Racing)が10番手、総合2位につけるトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)が11番手、不安定なコンディションに翻弄された長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は12番手でした。

今大会は予選7番手のマルケス弟のタイトル王手のかかったレースですが、不安定なコンディションの中での予選となり、決勝レースに向けて予想のつかないグリッドとなりました。

フィリップアイランドが初体験となるIDEMITSU Honda Team Asiaのソムキャット・チャントラは27番グリッドから決勝に挑みます。強風の中で行われたFP3では23番手までポジションを上げているだけに、決勝では追い上げのレースが期待されます。チームメートのディマス・エッキー・プラタマは、初日3度の転倒を喫しましたが、この日は着実に周回を重ねて32番手(スターティンググリッドは31番手)。コース攻略で一歩前進しました。

 

コメント

ホルヘ・ナバロ(Moto2 ポールポジション)ホルヘ・ナバロ
「今日はとてもトリッキーでした。Q1が終わったときにまた雨が降り始め、そのためQ2を走り出したときに自分のラインを走るためにスペースを見つけようとしました。そしてベストを尽くし、ポールポジションを獲得しました。明日、もし優勝できたらうれしいですが、気持ちのいいレースにしたいです。大きなトップグループになると思います。レースは小さなことで決まってしまうので、トップグループの前に出るためには頭をよく使わなければなりません」

ブラッド・ビンダー(Moto2 2番手)ブラッド・ビンダー
「今日はかなりいい日になりました。今日の路面コンディションは非常に難しく、風がとても強かったです。落ち着いてスムーズに走ることがとても重要でした。2番グリッドを獲得できてとてもうれしいです。予選でフロントローを獲得したいと思っていました。レースではいい仕事ができると思います。集中力を維持して、一生懸命取り組み、再びいい結果を達成できることを願っています」

ルカ・マリーニ(Moto2 3番手)ルカ・マリーニ
「昨日FP1が始まってすぐに転倒してしまいました。そのあと一生懸命取り組み、今日の予選ではすばらしいフィーリングを取り戻しました。ハードコンパウンドではセッティングを変えて、ライディングスタイルも少し変えたりしなければなりませんが、今日はQ1の直前に一歩前進できました。フィリップアイランドはすばらしいサーキットですが、難しいです。今日は時速90kmの風が加わり、さらにいろいろ難しくなりました。1コーナーで時速290㎞に達するので、とても難しく勇気がいります。明日は長いレースになると思います。ロングランで自分の身体の調子がどうなるかまだ分かりません。しかし集団の中で走り、スリップストリームを最大限使いたいと思います」

長島哲太(Moto2 12番手)長島哲太
「もう少しタイムを上げたかったのですが、風が強くてタイミングがつかみづらい一日でした。今日は無理もできない状態で、運にも左右されたセッションでした。今日の順位は決勝に向けてあまり関係ないと思うので、明日はいいスタートを切ってトップグループに加わりたいです。決勝はいいレースができると思います」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 28番手)ソムキャット・チャントラ
「不本意な予選順位となってしまいました。風が強く、思ったような走りができませんでした。このようなコンディションでいままで走ったことがありません。フィリップアイランドは高速コーナーが続き、強い風が常に吹きつけてくるので難しい一日でした。明日のレースは、少しでも風が弱まってくれれば、いつものようにしっかりとレースを戦えると思います」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 32番手)ディマス・エッキー・プラタマ
「とても風が強く、このような状況の中で走ったことがありませんでした。予選順位はよくありません。明日のウォームアップ中に走りを改善できるように、いくつかトライしてみます。前向きな気持ちを忘れず、明日もレースをしっかり戦いたいと思います」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム
19ホルヘ・ナバロSPEED UP1'33.565
241ブラッド・ビンダーKTM1'33.886
310ルカ・マリーニKALEX1'33.934
421ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP1'33.936
588ホルヘ・マルティンKTM1'33.941
622サム・ロースKALEX1'34.041
773アレックス・マルケスKALEX1'34.136
82イェスコ・ラフィンNTS1'34.243
972マルコ・ベツェッキKTM1'34.250
1027イケル・レクオナKTM1'34.257
1112トーマス・ルティKALEX1'34.293
1245長島哲太KALEX1'34.399
1311ニッコロ・ブレガKALEX1'34.497
1462ステファノ・マンシィMVアグスタ1'34.663
1587レミー・ガードナーKALEX1'34.694
1697チャビ・ビエルゲKALEX1'34.730
1740アウグスト・フェルナンデスKALEX1'35.173
1833エネア・バスティアニーニKALEX1'36.305
以下Q1
197ロレンソ・バルダッサーリKALEX1'34.812
2064ボウ・ベンドスナイダーNTS1'34.970
2123マルセル・シュローターKALEX1'35.012
2216ジョー・ロバーツKTM1'35.072
235アンドレア・ロカテリKALEX1'35.220
2477ドミニク・エガーターMVアグスタ1'35.388
2596ジェイク・ディクソンKTM1'35.401
2665フィリップ・エッテルKTM1'36.003
2754マティア・パシーニKALEX1'36.320
2835ソムキャット・チャントラKALEX1'36.750
2918シャビ・カルデルスKTM1'37.206
3047アダム・ノロディンKALEX1'37.376
313ルーカス・ツロヴィッチKTM1'37.533
3220ディマス・エッキー・プラタマKALEX1'39.830

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第17戦 オーストラリアGP Moto2 予選

ニュース