MENU
HONDA
検索

Round17オーストラリアオーストラリアGP

Moto2

2019.10.25(金)

フィリップアイランド・サーキット

マルティンが初日総合トップ、タイトル王手のマルケスは8番手

Moto2クラスは、前戦日本GPで初表彰台獲得の3位になったホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)が、今大会も快調にタイムを短縮してトップタイムで初日を終えました。Moto3クラスに出場していた17年と18年にはポールポジション(PP)を獲得しており、土曜日の予選では3年連続のPP獲得に注目されます。

2番手にはチームメートのブラッド・ビンダー、3番手にはウエットコンディションで思うようにタイムを上げられなかったホルヘ・ナバロ(Beta Tools Speed Up)、4番手にイケル・レクオナ(monday.com American Racing)、5番手にマルコ・ベツェッキ(Red Bull KTM Tech 3)と続きました。

6番手には初表彰台が期待される長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)。7番手にニッコロ・ブレガ(SKY Racing Team VR46)。8番手にはタイトル王手で今大会を迎えたアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)で、ウエットコンディションのFP1では転倒しましたが、FP2では着実にタイムを上げてポジションを上げました。

9位にはイェスコ・ラフィン(NTS RW Racing GP)、10番手にステファノ・マンシィ(MV Agusta Temporary Forward)。総合2位につけるトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)は11番手。土曜日の予選ではポジションアップに挑みます。

フィリップアイランドが初体験となるIDEMITSU Honda Team Asiaのソムキャット・チャントラは、ウエットコンディションとなったFP1では転倒するも12番手と好調な走りを見せました。しかし、ドライコンディションとなったFP2でも再度転倒を喫し、29番手へとポジションを落としました。しかし、初サーキットに高い順応性を見せるだけに、土曜日のフリー走行と予選に期待されます。チームメートのディマス・エッキー・プラタマも一日3度の転倒で32番手。土曜日のポジションアップとタイム短縮に挑みます。

 

コメント

ホルヘ・マルティン(Moto2 1番手)
ホルヘ・マルティン 「とてもうれしいです。レースウイークの初日としてはとてもポジティブでした。ウエットとドライでトップタイムを出すことができました。午後のFP2をリードすることができたのはとても重要なことです。ハードタイヤでもソフトタイヤでも強い走りができました。安定した走りでトップタイムを出すことができました。明日の天気がよくなって、予選がドライになることを願っています。目標はレースに向けていいグリッドポジションを獲得することです」

ブラッド・ビンダー(Moto2 2番手)
ブラッド・ビンダー 「今日はとてもうまくいきました。午前中のFP1はウエットコンディションのためあまり快適に走行できませんでしたが、午後のFP2は順調でした。マシンのフィーリングがとてもよくて驚きました。明日に向けて取り組まなければならない課題がいくつかありますが、そこを改善できたらさらに一歩前進できると思います。速いことが分かったのでとてもうれしいです。予選に向けて集中しなければなりません」

長島哲太(Moto2 6番手)
長島哲太 「午前中のウエットは、いつもよりは悪くなかったと思います。午後のドライもまずまずだったと思いますが、ただ、セクター4でタイムロスしているので、明日はその部分を改善したいです。今回はKTM勢が速くて、特にセクター4でカレックス勢よりアドバンテージを感じさせているので、その部分で差が出ています。今日は不安定な天候でしたが、全体的にはいい一日だったと思います。日本GPはトラブルで悔しいレースだったので、今大会はしっかり走り切って結果を残したいです」

アレックス・マルケス(Moto2 8番手)
アレックス・マルケス 「簡単な日ではありませんでした。特にウエットコンディションになったFP1は難しいセッションでした。明日はさらにコンディションが悪くなりそうです。ウエットとドライで走行できたので、どちらのコンディションでも準備ができてよかったです。ウエットではいい仕事ができました。1周目で転倒してしまいましたが、そのあとフィーリングを取り戻すことができました。午後のFP2は、Q2に向けてトップ14以内に入ることに集中しました。なぜなら明日は完全にウエットなコンディションになり、タイムの更新ができなくなりそうだからです。昨年に比べて、前進しています。KTMやナバロのいるSpeed Upに比べたら、リズムに関してまだ足りないものがあります。全体的に満足していますが、僕自身あと一歩前進する必要があります」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 29番手)
ソムキャット・チャントラ 「初めて走るフィリップアイランドですが、ウエットコンディションとなり、難しいスタートとなりました。いろいろ学ばなければいけない状況でしたが、最後に転倒してしまいました。午後は路面がドライとなり、午前とは違ったコンディションで、また一から学ばなければなりませんでした。世界有数の高速コーナーの12コーナーで転倒してしまいました。学ぶことが多い一日でしたが、明日はしっかり走りたいです」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 32番手)
ディマス・エッキー・プラタマ 「初めてのサーキットなので、FP1はコースを覚えるために走りました。ウエットコンディションでは、路面はとても滑りやすく、ハイサイドを起こして転倒してしまいました。また、その後の走行でもフロントのグリップをなくし、午前中に2度も転倒してしまいました。FP2では、風の強い中での走行となり、その中で自分のライディングスタイルを合わせることができるようにがんばりましたが、また転倒してしまいました。メディカルチェックを受けましたが、ケガはなくよかったです。FP2の転倒は、バイクの修復が必要で、その後はコースに出ることができませんでした。明日は気持ちを切り替え、またがんばって走ります」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
188ホルヘ・マルティンKTM1'33.010
241ブラッド・ビンダーKTM+0.343
39ホルヘ・ナバロSPEED UP+0.395
427イケル・レクオナKTM+0.464
572マルコ・ベツェッキKTM+0.471
645長島哲太KALEX+0.590
711ニッコロ・ブレガKALEX+0.602
873アレックス・マルケスKALEX+0.665
92イェスコ・ラフィンNTS+0.718
1062ステファノ・マンシィMVアグスタ+0.793
1112トーマス・ルティKALEX+0.850
1233エネア・バスティアニーニKALEX+0.862
1340アウグスト・フェルナンデスKALEX+0.877
147ロレンソ・バルダッサーリKALEX+0.896
1521ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP+1.007
1622サム・ロースKALEX+1.092
1764ボウ・ベンドスナイダーNTS+1.130
1816ジョー・ロバーツKTM+1.143
1987レミー・ガードナーKALEX+1.169
2010ルカ・マリーニKALEX+1.174
2197チャビ・ビエルゲKALEX+1.281
2223マルセル・シュローターKALEX+1.352
235アンドレア・ロカテリKALEX+1.443
2454マティア・パシーニKALEX+1.515
2577ドミニク・エガーターMVアグスタ+1.877
2665フィリップ・エッテルKTM+2.236
273ルーカス・ツロヴィッチKTM+2.326
2896ジェイク・ディクソンKTM+2.746
2935ソムキャット・チャントラKALEX+2.913
3018シャビ・カルデルスKTM+3.686
3147アダム・ノロディンKALEX+3.747
3220ディマス・エッキー・プラタマKALEX+4.214

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第17戦 オーストラリアGP Moto2 フリー走行

ニュース