MENU
HONDA
検索

Round13サンマリノサンマリノGP

Moto3

2019.09.15(日)

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
天候:晴れ
気温:26℃
コースコンディション:ドライ
観客:9万6212人(3日間:15万8300人)

第13戦 サンマリノGP

鈴木優勝、マクフィー2位、アルボリーノ3位でHondaが表彰台独占

Moto3クラスは、初ポールポジション(PP)から好スタートを切って首位を快走した鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が初優勝を達成しました。今季もっとも厳しい戦いとなった予選では、地元イタリア勢を抑えてPPを獲得すると、決勝でも10台前後の大集団となったトップグループの主導権を握りました。レース後半には、ホームGPに闘志を燃やすジャウメ・マシア(KTM)とトニ・アルボリーノ(VNE Snipers)に先行を許しますが、ラスト3周で再び首位に浮上すると後続を引き離しました。チームのホームGPで念願の初優勝を達成。スタッフとともに喜びを爆発させることになりました。

2位にはジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)。終盤、大接戦のグループから抜け出して2位でフィニッシュ。今季3回目の表彰台を獲得しました。3位にはホームGP制覇に闘志を燃やしたアルボリーノでHonda勢が3戦連続で表彰台を独占、今季10勝目を挙げました。

ケガからの復帰戦となったガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)が6位、前戦イギリスGPで優勝のマルコス・ラミレス(Leopard Racing)が7位、総合首位で大会2連覇を狙ったロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)は8位でした。

思うような結果を残せなかったダラ・ポルタですが、総合2位につけるアーロン・カネット(KTM)がリタイアに終わり、14点差を22点差へと広げることに成功しました。ホームGPに気合のリカルド・ロッシ(Kömmerling Gresini Moto3)が14位で初ポイントを獲得しました。

今大会は、30台が出場し完走16台という厳しい戦いとなりました。最終ラップまでトップグループにつけて表彰台争いに加わった小椋藍(Honda Team Asia)は他者の転倒に巻き込まれてリタイア。鳥羽海渡(Honda Team Asia)、佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)はオープニングラップの混戦の中で転倒リタイアという結果でした。

 

コメント

鈴木竜生(Moto3 優勝)鈴木竜生
「チームのホームGP、そして、シモンチェリさんの名前がついたサーキットで初優勝を達成できて、本当にうれしいです。初表彰台に立ったスペインGPもうれしかったレースですが、それとは比べられないほど最高の気持ちでした。いいスタートが切れて、2位以下にリードを広げたときは逃げられるかと思いました。しかし、自分のミスもあり追い上げられて集団になりました。後半、後ろに下がったときに、前を走る2人もタイヤがきつそうだったので、とにかく前に出ていこうと決めました。本当に最高のレースになりました。チーム、スタッフ、そして応援してくれたファンに感謝したいです」

ジョン・マクフィー(Moto3 2位)ジョン・マクフィー
「おもしろいレースでした。レースウイークを通していいペースがありましたが、予選で転倒してから、やるべきことがたくさんできてしまいました。スタートでプランがありましたが、1コーナーからプラン通りには行きませんでした。なるべくたくさん追い上げたかったのですが、ほかのライダーの転倒の影響で僕は16番手でした。その後、一生懸命追い上げてトップ10まで来ましたが、ほかのライダーが転倒して再び18番手まで下がってしまいました。追い上げるのは難しかったですが、いいリズムがあったので、ひとりずつパスしていきました。トップグループに追いついたときが一番満足できました。3位が狙えると思いましたが、最終ラップで僕の前でライダーが転倒したとき、もう一つ上が狙えると思いました。優勝のチャンスもありましたが、残り4コーナーで、2番手に上がるのが限界でした。チームは今日すばらしいマシンを準備してくれました。次の週末が楽しみです」

トニ・アルボリーノ(Moto3 3位)トニ・アルボリーノ
「表彰台を獲得できてうれしいです。ホームのファンの前で表彰台に立てて最高の気分です。今日はリアのグリップがあまりなく、難しいレースでした。最初はどのタイヤを使えばいいのかわかりませんでした。しかし、ソフトタイヤの方がいいフィーリングがあったので、ソフトタイヤに決めました。チャンピオンシップのことは考えずに、すべてのレースで集中力を維持していきたいです」

小椋藍(Moto3 リタイア)小椋藍
「どう言っていいのかわかりません。レースではいいペースで走れていたし、終盤には表彰台争いに加わることができました。悔しいですが、最終ラップに転倒し、完走することができませんでした。今年1番悔しいレースでした。次戦アラゴンGPに向けて気持ちを切り換えます」

鳥羽海渡(Moto3 リタイア)鳥羽海渡
「スタート直後の1コーナーで他車に巻き込まれ転倒してしまいました。悔しいとしか言いようがありません。今朝のウォームアップ走行でベストタイムを刻めたし、マシンにとてもすばらしいフィーリングだったし、自信を持ってスタートを切ることができました。後方のポジションからのレースでしたが、トップ10を目指しました。次戦のアラゴンに向けて気持ちを切り替え、準備していきたいです」

佐々木歩夢(Moto3 リタイア)佐々木歩夢
「難しい週末でした。いいペースがありましたが、グリッドがよくなかったので序盤に追い上げなければなりませんでした。いいスタートを切って、4つポジションを上げたのですが、前を走るライダーのブレーキングがとても早くて、避けることができませんでした。結果を残すことができず残念でしたが、いいペースがあったことと、マシンのフィーリングがすばらしかったので、次のレースにつなげることができました。連戦なので、今日のことは忘れて、次のアラゴンに集中したいです」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
124鈴木竜生Honda40'00.034
217ジョン・マクフィーHonda+0.112
314トニ・アルボリーノHonda+0.201
45J.マシアKTM+0.708
57D.フォッジャKTM+3.232
619ガブリエル・ロドリゴHonda+3.431
742マルコス・ラミレスHonda+3.518
848ロレンソ・ダラ・ポルタHonda+3.740
912F.サラクKTM+4.358
1025R.フェルナンデスKTM+14.210
1182S.ネパKTM+17.190
1284J.コーンフェールKTM+17.217
1316A.ミニョKTM+29.972
1454リカルド・ロッシHonda+32.133
1520E.バルトリーニKTM+32.217
1653D.オンジュ KTM+51.058
RT79小椋藍Honda+1Lap
RT22真崎一輝KTM+5Laps
RT83M.カワカミKTM+6Laps
RT40D.ビンダーKTM+15Laps
RT44A.カネットKTM+18Laps
RT75A.アレナスKTM+20Laps
RT23ニッコロ・アントネッリHonda+20Laps
RT13C.ヴィエッティKTM+20Laps
RT69T.ブース・アモスKTM+20Laps
RT21アロンソ・ロペスHonda+21Laps
RT71佐々木歩夢Honda-
RT27鳥羽海渡Honda-
RT11セルジオ・ガルシアHonda-
RT76M.ユルチェンコKTM-

Moto3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
148ロレンソ・ダラ・ポルタHonda179
244A.カネットKTM157
314トニ・アルボリーノHonda149
442マルコス・ラミレスHonda123
523ニッコロ・アントネッリHonda118
617ジョン・マクフィーHonda113
75J.マシアKTM96
813C.ヴィエッティKTM88
924鈴木竜生Honda75
1084J.コーンフェールKTM71
1155ロマーノ・フェナティHonda67
1279小椋藍Honda66
137D.フォッジャKTM65
1419ガブリエル・ロドリゴHonda60
1516A.ミニョKTM52
1627鳥羽海渡Honda51
1725R.フェルナンデスKTM51
1871佐々木歩夢Honda47
1940D.ビンダーKTM44
2075A.アレナスKTM35
2121アロンソ・ロペスHonda34
2276M.ユルチェンコKTM16
2322真崎一輝KTM14
2412F.サラクKTM13
2511セルジオ・ガルシアHonda9
266山中琉聖Honda7
2782S.ネパKTM5
2899C.タタイKTM4
2961C.オンジュKTM4
3069T.ブース・アモスKTM2
3154リカルド・ロッシHonda2
3252ジェレミー・アルコバHonda2
3320E.バルトリーニKTM1
3453D.オンジュ KTM0
3531ゲリー・サリムHonda0
3677V.ペレスKTM0
3783M.カワカミKTM0
3881A.ヴィウKTM0
3973M.コフラーKTM0
4018R.ファン・デ・ラグマットKTM0
4128D.ガイガーKTM0
4296B.パーシュKTM0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda299
2KTM225

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第13戦 サンマリノGP Moto3 決勝

ニュース