MENU
HONDA
検索

Round10チェコチェコGP

Moto3

2019.08.04(日)

オートモトドラム・ブルノ
天候:晴れ/一時雨
コースコンディション:ドライ/ウエット
気温:23℃
観客:8万5125人(3日間:18万6793人)

第10戦 チェコGP

ダラ・ポルタが2位、アルボリーノが3位で
Honda勢がダブル表彰台獲得

Moto3クラスは、30台が出場、完走19台という厳しい戦いとなりました。トップグループは予想通り、10台前後に膨れあがり、その中で着実にポジションを上げたロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が2位でフィニッシュ。ポイント争いをするアーロン・カネット(KTM)が優勝したことで、ダラ・ポルタはランキングでは総合首位から3ポイント差の2位となりましたが、次戦オーストリアGPでは再度の逆転に挑みます。

今季2回目のPPを獲得したトニ・アルボリーノ(VNE Snipers)が、厳しい戦いの中で3位でフィニッシュ。今季4回目の表彰台を獲得して総合5位から総合4位に浮上しました。5位にはニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)で3番グリッドを獲得するもウオームアップでエンジンストール。そのままピットスタートとなりましたが、最後尾からすばらしい追い上げをみせました。このがんばりでアントネッリは総合3位をキープしました。

予選9番手の小椋藍(Honda Team Asia)が今季3度目となる6位でフィニッシュしました。小椋は好スタートを切ってオープニングラップ5番手につけますが、2周目の最終コーナーで前車の転倒を避けるために大きくポジションを落としました。それから終盤にかけて粘り強い走りで順位をばん回しました。8位にロマーノ・フェナティ(VNE Snipers)で、ここまでがトップから0.7秒差という大接戦のレースでした。予選24番手から追い上げた佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)が11位。ポイントを獲得しました。

中盤までトップグループにつけた鳥羽海渡(Honda Team Asia)は、残り5周で転倒リタイア。予選4番手から好スタートを切った鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は2周目に転倒。ワイルドカードで出場の國井勇輝(Asia Talent Team)は、スタートでスロー走行していた選手を避けられず接触転倒し、リタイアとなりました。

コメント

ロレンソ・ダラ・ポルタ(Moto3 2位)
ロレンソ・ダラ・ポルタ「再び表彰台に戻ってくることができました。最高の週末になりました。ウエットコンディションではいいタイムは出せませんでしたが、今朝のドライのウオームアップと決勝ではいいタイムが出せました。序盤は大混雑でしたが、そのあとは自分のリズムで走行できるようになりました。追い上げていくこともできました。自分のリズムをキープしたかったのですが、タイヤが終わってしまい、残り2周となった最終コーナーのミスで、アーロン(カネット)をパスすることができませんでした。でもチャンピオンシップはまだまだ長いです。ここまで1位や2位を安定して獲得してきました。引き続きこの調子でがんばります」

トニ・アルボリーノ(Moto3 3位)
トニ・アルボリーノ「最初から最後までオーバーテイクが繰り広げられるすばらしいレースでした。タイヤの消耗をコントロールすることは簡単ではありませんでした。6周を終えたころにはすでにリアが滑り、フロントが少し切れ込みました。そのため残り2周で前の2人についていくことが難しくなりました。それでもこの結果はうれしいです。シーズン最後まで、モチベーションを失うことなく、安定して仕事を続けていきたいです」

ニッコロ・アントネッリ(Moto3 5位)
ニッコロ・アントネッリ「クレイジーな週末でした。予選結果はよかったのですが、今朝のウオームアップで大きな転倒をしてしまいました。レースではスタートラインでマシンが止まってしまい、ピットレーンからのスタートになりました。トップグループに追いつくために必死に走りました。優勝も想像しましたが、タイヤが終わってしまいました。トップグループについていくのは本当にたいへんだったので、今日は5位という結果に満足しています」

小椋藍(Moto3 6位)
小椋藍「今日はうまくスタートを決めることができました。そして、序盤5番手前後のポジションで走行していたのですが、(鈴木)竜生さんが転倒し、それに巻き込まれないように避けたところ、大きく順位を落としてしまいました。そのあとはタフなレースになりましたが最後のラップまで集中しました。あの転倒の影響がなければ、もっとレースを容易に進められたのではないかと思っています。次のレースではさらに上位を目指します」

佐々木歩夢(Moto3 11位)
佐々木歩夢「今日はトップ集団でレースを戦うことができましたが、終盤、ペースを上げられずグループから遅れてしまいました。レース内容はちょっと残念ですが、予選24番手から11位まで上がれたことはよかったと思います。今大会は、ドイツGPの状態でスタートしましたが、思うようにセットアップが進まず、特にウエットコンディションでは全く自分の走りができない状態で24番グリッドになりました。なにが原因なのかはまだ完全には理解できていませんが、連戦となるオーストリアGPではしっかりセットアップを決めて上位を目指したいです」

鳥羽海渡(Moto3 リタイア)
鳥羽海渡「今日はなにも言うことがありません。また転倒リタイアとなり、言葉もありません。レース中は、上位集団の中で状況を把握しつつ、落ち着いて走ることを心がけました。しかし、残り5周でミスを犯し転倒してしまいました。今は気持ちを切り替え、来週のオーストリアでばん回することに集中します」

鈴木竜生(Moto3 リタイア)
「スタートはよかったのですが、ペースのよくないライダーを前に出してしまったのが失敗の始まりでした。そして序盤からアルボリーノとフェナティがペースを上げてレースを引っ張り始めたので、なんとかついていこうと思い、ちょっとアグレッシブな走りをしてしまいました。最終コーナーでラインを外し、ハイサイドで転んでしまいました。ちょっと焦ってしまったことが原因でした。残念です」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
144A.カネットKTM39'11.879
248ロレンソ・ダラ・ポルタHonda+0.159
314トニ・アルボリーノHonda+0.217
45J.マシアKTM+0.404
523ニッコロ・アントネッリHonda+0.499
679小椋藍Honda+0.530
716A.ミニョKTM+0.715
855ロマーノ・フェナティHonda+0.737
984J.コーンフェールKTM+1.063
1040D.ビンダーKTM+1.757
1171佐々木歩夢Honda+3.863
1225R.フェルナンデスKTM+5.470
1376M.ユルチェンコKTM+5.495
1461C.オンジュKTM+5.540
157D.フォッジャKTM+8.259
1642マルコス・ラミレスHonda+9.056
1782S.ネパKTM+23.010
1853D.オンジュ KTM+25.241
1913C.ヴィエッティKTM+1'11.129
RT22真崎一輝KTM+2Laps
RT21アロンソ・ロペスHonda+5Laps
RT27鳥羽海渡Honda+5Laps
RT11セルジオ・ガルシアHonda+5Laps
RT75A.アレナスKTM+13Laps
RT54リカルド・ロッシHonda+15Laps
RT12F.サラクKTM+15Laps
RT24鈴木竜生Honda+17Laps
RT69T.ブース・アモスKTM+17Laps
RT17ジョン・マクフィーHonda+17Laps
RT 33 國井勇輝 Honda -

Moto3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
144A.カネットKTM148
248ロレンソ・ダラ・ポルタHonda145
323ニッコロ・アントネッリHonda98
414トニ・アルボリーノHonda93
55J.マシアKTM78
642マルコス・ラミレスHonda78
717ジョン・マクフィーHonda68
813C.ヴィエッティKTM68
984J.コーンフェールKTM59
1079小椋藍Honda56
1127鳥羽海渡Honda51
1219ガブリエル・ロドリゴHonda50
1316A.ミニョKTM49
1425R.フェルナンデスKTM45
157D.フォッジャKTM44
1655ロマーノ・フェナティHonda42
1724鈴木竜生Honda39
1840D.ビンダーKTM39
1971佐々木歩夢Honda34
2021アロンソ・ロペスHonda33
2175A.アレナスKTM30
2222真崎一輝KTM14
2311セルジオ・ガルシアHonda9
246山中琉聖Honda7
2576M.ユルチェンコKTM7
2612F.サラクKTM6
2799C.タタイKTM4
2861C.オンジュKTM4
2969T.ブース・アモスKTM2
3031ゲリー・サリムHonda0
3177V.ペレスKTM0
3282S.ネパKTM0
3354リカルド・ロッシHonda0
3453D.オンジュ KTM0
3581A.ヴィウKTM0
3618R.ファン・デ・ラグマットKTM0
3783M.カワカミKTM0
3828D.ガイガーKTM0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda224
2KTM191

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース