MENU
HONDA
検索

Round18マレーシアマレーシアGP

Moto3 決勝

2018年11月4日(日)

会場:セパン・インターナショナル・サーキット

天候:晴れ

気温:32℃

コースコンディション:ドライ

 

マルティンが今季7勝目
シリーズチャンピオンに輝く

ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)のタイトル王手で迎えたMoto3クラスは、マルティンが今季11回目のポールポジション(PP)から7勝目を達成。チャンピオン争いをするマルコ・ベツェッキ(KTM)がし烈な2位争いの末、5位に終わったことで、ランキング上での差が26ポイントとなり、念願の初タイトルを獲得しました。この優勝でHondaは、Moto3クラスでの2年連続18回目のコンストラクターズタイトルを獲得しました。

2位には予選14番手から追い上げたロレソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が入り、今季5回目の表彰台を獲得。3位はエネア・バスティアニーニ(Leopard Racing)で、今季6回目の表彰台となりました。Honda勢にとっては、今季4回目の表彰台独占となりました、

ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Del Conca Gresini Moto3)が6位。今季2回目のフロントローから挑んだトニ・アルボリーノ(Marinelli Snipers Team)が8位、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が9位、ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)が10位と、トップ10に7台のHonda勢が名前を連ねました。

予選29番手から追い上げた鳥羽海渡(Honda Team Asia)は12位。予選9番手の佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)はペースが上がらず、18位でした。

コメント

ホルヘ・マルティン(Moto3 優勝/チャンピオン)
ホルヘ・マルティン「これまでのことが思い出されました。僕は普通の家庭に生まれたので、ここまでくるのは簡単ではありませんでした。“Cuna de Campeones”からルーキーズ・カップ、そしてGresini Racingへ進む間に、僕をサポートし、成長を助けてくれたすべての人に感謝したいと思います。タイでは手の状態がおかしくなり、レースに出られないと思ったときに、タイトルが僕の手から滑り落ちそうになるのを感じました。でも、やり遂げましたし、僕のライバルたちを含むすべての人に感謝したいです。レースで優勝しただけではなく、タイトルを獲得できたのが世界で一番のことだと思います。改めて、サポートしてくれた人たちにお礼を言いたいと思います」

ロレンソ・ダラ・ポルタ(Moto3 2位)
ロレンソ・ダラ・ポルタ「とても難しいサーキットで、すばらしいレースにすることができました。いいスタートを切り、すぐにプッシュできると感じました。自分がリズムを落とすと、3人のライバルたちが僕をオーバーテイクしました。そのため、アグレッシブに走ることにして、トップグループについていきました。チームはとてもいい仕事をしてくれましたし、マシンにはとても満足しています。今日もまた表彰台に上がることができたことは、2019年のシーズンに向けて重要です。来年はチャンピオンシップを獲得できるようにがんばりたいと思います」

エネア・バスティアニーニ(Moto3 3位)
エネア・バスティアニーニ「すばらしいレースでした。スタートはあまりうまくいきませんでしたが、ギャップをなんとか縮めることができ、トップグループに戻ることができました。最終ラップは、ライバルたちに抜かれないように自分を守らなければならなかったし、同時に前のライダーたちをオーバーテイクしなければならず、とても難しかったです。キャリア24回目の表彰台となりました。バレンシアではベストを尽くします」

鈴木竜生(Moto3 9位)
鈴木竜生「朝のウォームアップ時に9コーナーで転倒したのですが、そのときに右手から落ちてしまいました。その転倒で右手薬指を痛め、腫れもひどく、走るのがつらかったです。今日は路面のコンディションがあまりよくなくて、ブレーキングでフロントが何度も切れ込む危ないシーンがありました。体力があるときはこらえられたのですが、後半、体力が落ちてきたときは右手に負担がかかり、厳しかったです。ウォームアップの転倒がなければと思いますが、仕方ありません。最終戦のバレンシアGPでは、しっかり結果を残したいです」

鳥羽海渡(Moto3 12位)
鳥羽海渡「序盤の3ラップが駄目でした。ウエットパッチが結構残っていて、それが気になったこともありますが、4周目以降はいいリズムで走れたと思います。20番グリッドから12番手まで追い上げることができました。前回もそうですが、グリッドがよければ、そして序盤にペースを上げられれば、優勝争いのグループにも加われるペースがあります。最終戦バレンシアでは、その課題をしっかりクリアできるようにしたいです」

佐々木歩夢(Moto3 18位)
佐々木歩夢「序盤は全体的にペースが遅かったので、抜いたり抜かれたりという展開の中でトップグループについていけましたが、中盤以降はエンジンが遅く、トップグループについていけなくなりました。コーナーは全く問題なかったのですが、ストレートで離されるようになりました。本当に残念です」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
188ホルヘ・マルティンHonda38'34.799
248ロレンソ・ダラ・ポルタHonda+3.556
333エネア・バスティアニーニHonda+3.757
475A.アレナスKTM+3.795
512M.ベツェッキKTM+4.095
621ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda+4.106
740D.ビンダーKTM+4.232
814トニ・アルボリーノHonda+4.704
924鈴木竜生Honda+4.707
1023ニッコロ・アントネッリHonda+4.715
1142M.ラミレスKTM+4.727
1227鳥羽海渡Honda+5.101
1377V.ペレスKTM+6.392
1441ナカリン・アティラプワパHonda+7.063
1522真崎一輝KTM+7.353
1616A.ミニョKTM+7.478
1776マカール・ユルチェンコHonda+7.626
1871佐々木歩夢Honda+13.843
1965P.エッテルKTM+19.992
2084J.コーンフェールKTM+26.678
2181S.ネパKTM+34.184
229A.ウォンサナノKTM+34.468
237アダム・ノロディンHonda+1'37.387
RT44アーロン・カネットHonda+7Laps
RT72アロンソ・ロペスHonda+11Laps
RT17J.マクフィーKTM+11Laps
RT10D.フォッジャKTM+11Laps
RT31C.ヴィエッティKTM+15Laps

Moto3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
188ホルヘ・マルティンHonda240
212M.ベツェッキKTM214
321ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda205
433エネア・バスティアニーニHonda166
548ロレンソ・ダラ・ポルタHonda151
644アーロン・カネットHonda128
719G.ロドリゴKTM116
884J.コーンフェールKTM115
975A.アレナスKTM107
1042M.ラミレスKTM95
1116A.ミニョKTM82
1224鈴木竜生Honda71
135J.マシアKTM66
1417J.マクフィーKTM62
1523ニッコロ・アントネッリHonda62
1665P.エッテルKTM58
1740D.ビンダーKTM57
1814トニ・アルボリーノHonda57
1910D.フォッジャKTM55
207アダム・ノロディンHonda46
2171佐々木歩夢Honda45
2227鳥羽海渡Honda37
2372アロンソ・ロペスHonda36
2431C.ヴィエッティKTM18
258N.ブレガKTM18
2677V.ペレスKTM16
2725R.フェルナンデスKTM13
2876マカール・ユルチェンコHonda9
2922真崎一輝KTM9
3011L.ロイKTM8
3135ソムキアト・チャントラHonda7
3296マヌエル・パリャーニHonda6
3341ナカリン・アティラプワパHonda4
3432小椋藍Honda1
3555ヤリ・モンテラHonda0
369A.ウォンサナノKTM0
3781S.ネパKTM0
3852ジェレミー・アルコバHonda0
393K.ザノーニTM RACING0
4043L.グルンワルドKTM0
4113岡崎静夏Honda0
4236福嶋佑斗Honda0
4315F.サラクKTM0
4418R.ファン・デ・ラグマットKTM0
4573M.コフラーKTM0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda381
2KTM328

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第18戦 マレーシアGP 決勝(Moto3)

ニュース