MENU
HONDA
検索

Round18マレーシアマレーシアGP

Moto2 決勝

2018年11月4日(日)

会場:セパン・インターナショナル・サーキット

天候:晴れ

気温:32℃

コースコンディション:ドライ

 

マリーニが今季初優勝
バグナイアがチャンピオンに輝く

Moto2クラスは、タイトルに王手をかけて今大会に臨んだフランセスコ・バグナイア(SKY Racing Team VR46)が3位でフィニッシュ。チャンピオンを争うミゲル・オリベイラ(Red bull KTM Ajo)は2位につけ、この結果、32点差をつけたバグナイアがライダーズタイトルを獲得しました。バグナイアのタイトル決定を阻止したいオリベイラは、2年連続の大会制覇に向けて全力を尽くしました。優勝してもバグナイアが4位以下でなければタイトルが決まっていただけに、110%の力を出したと言うオリベイラにとっては、悔いのない戦いとなりました。

チャンピオン争いをする2人に先行したルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)は、Moto2クラスでの初優勝を達成しました。その後方では、マティア・パシーニ(Italtrans Racing Team)、ファビオ・クアルタラロ(MB Conveyors - Speed Up)、ロレンソ・バルダッサーリ(Pons HP40)がし烈な4位争いを繰り広げ、パシーニが先着。そしてクアルタラロ、バルダッサーリと続きました。

今季3回目のポールポジション(PP)を獲得したアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)は7位、ブラッド・ビンダー(Red bull KTM Ajo)が8位、マルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)が9位と僅差で続き、ホアン・ミル(EG 0,0 Marc VDS)は10位でした。

14位でフィニッシュのドミニク・エガーター(Kiefer Racing)、15位のサム・ロース(Swiss Innovative Investors)と序盤、激しい戦いを繰り広げた長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は7周目の最終コーナーで転倒しリタイア。自身にとってのホームグランプリとなったカイルール・イダム・パウィ(IDEMITSU Honda Team Asia)は17位でした。

コメント

ルカ・マリーニ(Moto2 優勝)
ルカ・マリーニ「チームにとってすばらしいレースになりました。優勝しましたが、とてもたいへんでした。スタートしてすぐに力強い走りで前についていきました。ウォームアップのあと、僕が最も強いライダーの内の一人に入っていることが分かったので、プッシュしました。マシンの感触はすばらしく、タイヤと体力をどのように扱えばいいのかも分かっていました。感触がよかったので、100%の力を出してライバルとの差を広げようと努力しました。でも、ミゲル(オリベイラ)は最後まであきらめませんでした。今回はワールドチャンピオンシップで初めての優勝でした。チームやアカデミー、僕をサポートしてくれたすべての人、そして本当にすごいことを成し遂げたペッコ(フランセスコ・バグナイア)と喜びを分かち合う、特別な日となりました」

ミゲル・オリベイラ(Moto2 2位)
ミゲル・オリベイラ「今回のグランプリはとてもうまくいきました。最初からいい感触がありましたが、ペッコはとても強かったです。彼をパスすることができ、マリーニを追いかけましたが、彼をオーバーテイクできるほど十分に近づくことができませんでした。とてもたいへんなバトルでしたね。残念ながらバグナイアを負かすまでの力はありませんでしたが、今年の自分の努力やライディング、シーズン、そして忍耐力を誇りに思っています。ペッコはとても強く、彼と僕はとても安定していました。今日は全力でバトルしました。チームもすばらしい仕事をしました。110%の力を出せましたし、全体的には感無量のシーズンだったので、バレンシアで優勝してシーズンを終えたいです」

フランセスコ・バグナイア(Moto2 3位/チャンピオン)
フランセスコ・バグナイア「ワールドチャンピオンになりました。どう言えばいいのか、ちゃんとした言葉を見つけるのが難しいです。不思議な感じですが、最高の気分です。かなりのプレッシャーを感じながらここに来ました。タイトルを獲得できることは分かっていましたが、そのことを考えないようにしていました。そして昨日の予選のあと、なにかが変わりました。すべてが現実になり始めていました。プレシーズンのあと、タイトル争いができるポテンシャルがあることが分かりましたが、今は違います。記録的な8勝、6回のポールポジション、そしてみんなのすばらしい仕事のおかげで、ワールドチャンピオンになることができました。感謝したい人たちのリストには終わりがありません。最後の10周はとてもたいへんでした。残り2周はヘルメットの中で泣いたり、叫んだりしていました。難しいレースでしたが、ルカはすばらしかったです。彼はレースウイークを通してファステストだったし、シーズン中、最も戦闘的なライバルの一人でした」

長島哲太(Moto2 リタイア)
長島哲太「今日はフィーリングもよく、ペースも悪くありませんでした。しかし、今回もサム・ロースとドミニク・エガーターとのバトルになりました。彼らはブレーキングが深いので抜くのに苦労するのですが、今日も4周目、5周目に1秒くらいラップタイムが落ちました。前のグループと離れるのが嫌だったので、がんばって2人を抜きました。今日は後半ペースが苦しくなるのが分かっていたので、ロースとエガーターとのバトルで遅れた分を取り戻そうとして、最終コーナーで転んでしまいました。本当に残念です。転倒がなければトップ10フィニッシュはできていたと思います。最終戦バレンシアGPでは、今日の分もがんばります」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
110ルカ・マリーニKALEX38'25.689
244ミゲル・オリベイラKTM+1.194
342フランセスコ・バグナイアKALEX+3.020
454マティア・パシーニKALEX+4.497
520ファビオ・クアルタラロSPEED UP+5.250
67ロレンソ・バルダッサーリKALEX+5.305
773アレックス・マルケスKALEX+7.690
841ブラッド・ビンダーKTM+8.943
923マルセル・シュローターKALEX+9.687
1036ホアン・ミルKALEX+18.547
1197チャビ・ビエルゲKALEX+18.816
125アンドレア・ロカテリKALEX+19.739
139ホルヘ・ナバロKALEX+21.177
1477ドミニク・エガーターKTM+21.960
1522サム・ロースKTM+26.875
1624シモーネ・コルシKALEX+28.515
1789カイルール・イダム・パウィKALEX+28.802
1816ジョー・ロバーツNTS+29.791
192イェスコ・ラフィンKALEX+30.557
2057エドガー・ポンスSPEED UP+31.069
214スティーブン・オデンダルNTS+38.430
2295ジュール・ダニーロKALEX+42.930
2330ディマス・エッキー・プラタマTECH 3+57.507
2432アイザック・ビニャーレスSUTER+57.910
2521フェデリコ・フェリーニKALEX+1'03.737
2650ラフィド・トパン・スチプトSUTER+2'04.066
RT40アウグスト・フェルナンデスKALEX+10Laps
RT66ニキ・タウリKALEX+11Laps
RT45長島哲太KALEX+11Laps
RT87レミー・ガードナーTECH 3+13Laps
RT18シャビ・カルデルスKALEX+13Laps
RT27イケル・レクオナKTM+16Laps

Moto2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
142フランセスコ・バグナイアKALEX304
244ミゲル・オリベイラKTM272
341ブラッド・ビンダーKTM201
47ロレンソ・バルダッサーリKALEX162
573アレックス・マルケスKALEX157
636ホアン・ミルKALEX155
710ルカ・マリーニKALEX147
823マルセル・シュローターKALEX138
997チャビ・ビエルゲKALEX131
1020ファビオ・クアルタラロSPEED UP128
1154マティア・パシーニKALEX128
1227イケル・レクオナKTM60
139ホルヘ・ナバロKALEX58
1422サム・ロースKTM49
1524シモーネ・コルシKALEX47
165アンドレア・ロカテリKALEX45
1777ドミニク・エガーターKTM42
1840アウグスト・フェルナンデスKALEX37
1987レミー・ガードナーTECH 329
2045長島哲太KALEX23
2113ロマーノ・フェナティKALEX14
2240ヘクター・バルベラKALEX10
232イェスコ・ラフィンKALEX9
2462ステファノ・マンシィSUTER8
2552ダニー・ケントSPEED UP8
2632アイザック・ビニャーレスSUTER7
2716ジョー・ロバーツNTS5
2864ボウ・ベンドスナイダーTECH 32
2989カイルール・イダム・パウィKALEX1
3057エドガー・ポンスSPEED UP1
314スティーブン・オデンダルNTS1
3266ニキ・タウリKALEX1
3399ティティポン・ワロコーンKALEX0
3451エリック・グラナドSUTER0
3595ジュール・ダニーロKALEX0
3614ヘクター・ガルゾTECH 30
373ルーカス・トゥロビッチKTM0
3821フェデリコ・フェリーニKALEX0
3967ブライアン・スターリングTECH 30
4018シャビ・カルデルスKALEX0
4130ディマス・エッキー・プラタマHonda0
4255アレハンドロ・メディナKALEX0
4312シェリダン・モライスKALEX0
4419コレンティン・ペロラリTRANSFORMIERS0
4563ズルファミ・カイルディンKALEX0
4650ラフィド・トパン・スチプトSUTER0
4780セドリック・タンジェTECH 30

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1KALEX391
2KTM320
3SPEED UP132
4TECH 329
5SUTER8
6NTS5

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第18戦 マレーシアGP 決勝(Moto2)

ニュース