MENU

HONDA

検索

Round07カタルニアカタルニアGP

Moto3 決勝

2018年6月17日(日)

会場:バルセロナ・カタルニア・サーキット

天候:晴れ

気温:27℃

コースコンディション:ドライ

観客:9万537人(3日間:15万5401人)

バスティアニーニが今季初優勝
鈴木が5位、鳥羽は6位に入る

Moto3クラスは、28台が決勝に挑み、完走は17台のみという厳しいレースに。序盤は、予選2番手のホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)と予選3番手の鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)がグループを形成して後続を引き離します。しかし、9周目の9コーナーでマルティンが転倒。これで鈴木がトップに浮上しますが、セカンドグループの集団に追いつかれ、そこからは11台がトップグループを形成しました。

この日は転倒者が続出する厳しい戦いとなり、11台のトップグループも次々に転倒者が続出。トップグループは7台へ、さらに5台へと数を減らし、その厳しい戦いを制したエネア・バスティアニーニ(Leopaed Racing)が、今季初ポールポジション(PP)から初優勝を達成しました。

以下、Honda勢は、トップグループで一時トップを走った鈴木が5位。予選6番手から好スタートを切るも、目にゴミが入って大きくポジションを落とした鳥羽海渡(Honda Team Asia)がベストリザルトの6位でフィニッシュ。ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Del Conca Gresini Moto3)が7位、アロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)が8位でチェッカーを受けました。

予選4番手からトップグループに加わった佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)は、トップグループで11番手を走行していた15周目に転倒、再スタートを切りましたが、ピットに戻り、そのままリタイアとなりました。

コメント

エネア・バスティアニーニ(Moto3 優勝)エネア・バスティアニーニ
「美しいレースでした。スタートはあまりうまくいきませんでしたが、最終的に優勝することができました。序盤はマルティンが逃げていくのが見えて、ポジションをいくつか追い上げようと努力しました。彼がミディアムタイヤを使っていることは分かっていましたが、僕はプッシュせずに自分のタイヤをレース終盤までマネージメントするようにしました。彼と最後まで戦えたらよかったですが、勝ててよかったです。レースウイークを通して、チームと100%の力を出しきりました。バルセロナは僕にとって特別なサーキットですが、これからはすべてのサーキットで戦闘的になれます。今から楽しみです」

鈴木竜生(Moto3 5位)鈴木竜生
「今日はスタートも決まり、先行するマルティンをマークすることができました。僕とマルティンはリアにミディアムを選択しており、序盤からペースを上げてそのまま逃げる作戦でした。もし、マルティンが転ばなければ、2人で逃げられたと思います。彼が転んで単独になってからは、後ろのグループに差を縮められて追いつかれました。今日は転倒者が多く、11台のトップグループは最後には5台になりましたが、終盤はペースを上げられませんでした。でも、今日はトップグループで戦えました。いい経験ができたし、今度こそ表彰台に立ちたいです」

鳥羽海渡(Moto3 6位)鳥羽海渡
「スタートはよかったのですが、2周目のストレートで右目にゴミが入ってしまい、視界が悪くなってペースを落とさなくてはならず、どんどんポジションを落としました。その次の周のストレートで目をつぶって目をぐりぐりしたらなんとか取れたのですが、4周目には27番手までポジションを落としました。そこからがんばって追い上げて6位でフィニッシュできました。今日は序盤にペースを上げられず、前の2台に離されました。次のレースでは、序盤からペースを上げていけるようにしたいです。いろいろハプニングがありましたが、完走できてよかったです」

佐々木歩夢(Moto3 リタイア)佐々木歩夢
「今週は調子がよかっただけに、とても残念でした。今日は絶対にトップグループについていこうと思い、タイヤはミディアムを選択しました。このサーキットは右コーナーが多いので、右コーナーはペースを抑え、左コーナーでタイムを稼ごうという作戦でした。それ自体は悪くなかったのですが、振り返れば、今日はハードコンパウンドが正解だったのかなと思います。しかし、トップグループについていって最後に勝負しようと思っていたし、今日の経験をこれからのレースに活かしたいです」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
133エネア・バスティアニーニHonda38'36.883
212M.ベツェッキKTM+0.167
319G.ロドリゴKTM+0.170
417J.マクフィーKTM+0.257
524鈴木竜生Honda+0.639
627鳥羽海渡Honda+6.801
721ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda+6.872
872アロンソ・ロペスHonda+6.600
910D.フォッジャKTM+7.315
1025R.フェルナンデスKTM+7.507
1184J.コーンフェールKTM+7.638
1276M.ユルチェンコKTM+8.263
137アダム・ノロディンHonda+15.256
1441ナカリン・アティラプワパHonda+26.621
1511L.ロイKTM+28.559
1665P.エッテルKTM+32.980
1748ロレンソ・ダラ・ポルタHonda+2Laps
RT5J.マシアKTM+4Laps
RT16A.ミニョKTM+4Laps
RT44アーロン・カネットHonda+6Laps
RT8N.ブレガKTM+6Laps
RT75A.アレナスKTM+6Laps
RT14トニ・アルボリーノHonda+6Laps
RT71佐々木歩夢Honda+6Laps
RT42M.ラミレスKTM+7Laps
RT88ホルヘ・マルティンHonda+13Laps
RT22真崎一輝KTM+17Laps
RT40D.ビンダーKTM-

Moto3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
112M.ベツェッキKTM103
221ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda84
388ホルヘ・マルティンHonda80
433エネア・バスティアニーニHonda68
544アーロン・カネットHonda61
619G.ロドリゴKTM57
716A.ミニョKTM56
823ニッコロ・アントネッリHonda44
984J.コーンフェールKTM41
1042M.ラミレスKTM38
1165P.エッテルKTM36
1224鈴木竜生Honda35
1348ロレンソ・ダラ・ポルタHonda33
1472アロンソ・ロペスHonda31
1575A.アレナスKTM28
1627鳥羽海渡Honda26
1714トニ・アルボリーノHonda24
1817J.マクフィーKTM23
195J.マシアKTM21
207アダム・ノロディンHonda19
2171佐々木歩夢Honda17
2240D.ビンダーKTM11
2310D.フォッジャKTM9
2476M.ユルチェンコKTM9
2511L.ロイKTM8
2625R.フェルナンデスKTM6
2796マヌエル・パリャーニHonda6
2822真崎一輝KTM3
2941ナカリン・アティラプワパHonda2
3032小椋藍Honda1
318N.ブレガKTM0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda146
2KTM142

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第7戦 カタルニアGP 決勝(Moto3)

ニュース