MENU
HONDA
検索

モータースポーツ  > ロードレース世界選手権  > 第15戦 日本GP  > 予選

MotoGP

Round

SCHEDULE

October 10 2015, QUALIFYING MotoGP Motul Grand Prix of Japan

日本GP 日本GP

「2015 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦MOTUL日本グランプリ 予選」

2015年10月10日(土)・予選  会場:ツインリンクもてぎ  天候:曇り  気温:21℃  コースコンディション:ドライ

MotoGPクラス

予選でマルケスがフロントロー3番グリッドを獲得

13時30分から始まったMotoGPクラスの予選。最初に行われた30分間のフリー走行(4回目)中の10分過ぎに、V字コーナー立上りで発生した転倒 により走行は赤旗中断。その後、約30分遅れて走行は再開されましたが、「Q1」「Q2」ともに予選開始時間を変更して開催されました。午前中の日差しが 影を潜め、広く雲に覆われた中で開催された「Q2」には、前日から今朝にかけて行われた3回のフリー走行の最高タイム上位10名に入ったマルク・マルケス (#93 Repsol Honda Team スペイン)、ダニ・ペドロサ(#26 Repsol Honda Teamスペイン)、カル・クラッチロー(#35 LCR Honda イギリス)の3名のHonda RC213Vを駆るライダーが出場しました。

  • マルク・マルケスマルク・マルケス
  • マルク・マルケスマルク・マルケス
  • ダニ・ペドロサダニ・ペドロサ
  • カル・クラッチローカル・クラッチロー
  • スコット・レディングスコット・レディング
  • 高橋巧高橋巧

マルケスは「Q2」予選開始直後から、マシンとトレーニングでケガをした左手の状況を確認するように走行を行い、予選終了直前の最終ラップにトップと0秒426差の3番手タイムを記録。惜しくもポールポジションは逃したものの、フロントローから自身初となる日本GPのMotoGPクラス制覇を目指します。ペドロサも最終ラップにトップに0秒792差に迫る走りを見せ、予選6番手を獲得。決勝レースは、2列目から自身2012年以来となる日本GP制覇を狙います。クラッチローは、トップと1秒142差で3列目の8番グリッドで決勝レースに臨みます。

3回のフリー走行の最高タイムが16番手となった、Honda RC213Vを駆ってワイルドカード参戦の高橋巧(#72 Team HRC with Nissin 日本)は16選手が参加した「Q1」に出場。予選開始時より積極的な攻めの走りを見せ、一時は2番手タイムを記録しました。しかし、最終的に19番手となり、決勝グリッド7列目の19番グリッドから自身初のMotoGPクラス決勝レースに挑みます。カレル・アブラハムの代役で参戦した秋吉耕佑(#64 AB Motoracing 日本)も「Q2」に望みましたが、26番手となり決勝グリッド9列目の26番グリッドから巻き返しを図ります。

11日(日)の午後2時にMotoGPクラスの決勝レースがスタートします。

Moto2クラス
Moto2予選はチャンピオン確定のヨハン・ザルコがポールポジション獲得

今にも雨が降り出しそうな曇天の中で行われたMoto2クラスの予選。トップライダー達が終盤にトップタイムを更新し合う激しい予選となりました。昨日、2015年シーズンのシリーズチャンピオンを確定させたヨハン・ザルコ(#5 Ajo Motorsport フランス)は、初日に実施された2回のフリー走行でトップタイムを記録するなど好調を維持。15時5分から45分間で行われた予選でもチャンピオンとしての速さを見せつけ、それまで予選トップタイムを記録していたトーマス・ルティ(#12 Derendinger Racing Interwetten スイス)を終盤に0秒171上回り、ポールポジションを獲得しました。予選2番手はルティで、3番手はジョナス・フォルガー(#94 AGR Team ドイツ)が獲得し、この3名がフロントローから決勝レースに臨みます。

日本人ライダーとして唯一Moto2クラスにフル参戦の中上貴晶(#30 IDEMITSU Honda Team Asia 日本)は、予選の序盤から積極的で攻撃的な走行をみせ、トップタイムを記録。その後、タイムアップを図ることはできませんでしたが7番手を獲得。明日の決勝レースでは3列目から母国での初優勝を目指します。第14戦アラゴンGPでケガを負ったドミニク・エージャーターの代役として、日本GPを含む残り3戦に出場することが決まっているジョシュ・フック(#16 Technomag Racing Interwetten オーストラリア)は、3回のフリー走行を初めて乗るマシンに慣れるために使って予選に臨み、23番手を獲得。自身初のMotoGP決勝レースに8列目から挑みます。

また、ワイルドカード参戦の高橋裕紀(#72 Moriwaki Racing 日本)は9列目の25番手。同じくワイルドカード参戦の小山知良(#71 NTS T.Pro Project 日本)は10列目の29番手からの巻き返しを図ります。

Moto3クラス

Moto3予選でホルヘ・ナバロがフロントローを獲得

午前中の晴天から急激に曇空に変化した12時25分に始まったMoto3クラスの予選。ワイルドカードライダーを含む全36名のライダーが決勝レースのグリッドを決める戦いに臨みました。Honda勢では、Honda NSF250RWを駆るホルヘ・ナバロ(#9 Estrella Galicia 0,0 スペイン)が前戦のアラゴンGPで2位表彰台を獲得した勢いのまま予選に臨み、トップと0秒236差で3番手タイムを記録しました。ナバロは、午前中に行われたフリー走行でも4番手と好調を維持。初優勝を目指して最前列から明日の決勝レースに挑みます。

前日からのフリー走行で常にトップタイムを記録していたニッコロ・アントネッリ(#23 Ongetta-Rivacold イタリア)は順調にタイムを伸ばしていましたが、予選時間残り2分で挑んだ最終アタック中の5コーナーで、痛恨のスリップダウンを喫してしまい、最終的に予選4番手に終わりました。しかし、アントネッリにケガはなく、明日の決勝は2列目より優勝を狙います。現在ポイントランキング2位のエネア・バスティアニーニ(#33 Gresini Racing Team Moto3 イタリア)は5番グリッドからサンマリノGP以来の2勝目を、ポイントリーダーのダニー・ケント(#52 LEOPARD Racing イギリス)は6番グリッドから今シーズンの7勝目を狙います。

Honda NSF250RWを駆って日本人で唯一フル参戦している尾野弘樹(#76 LEOPARD Racing)は予選序盤から積極的なライディングを披露し、5ラップ目にはトップタイムを記録するなど、母国グランプリでの熱い走りを観客に印象付けました。その結果、尾野はトップと0秒708差の予選12番手を獲得し、4列目から明日の決勝レースに臨みます。Honda NSF250Rを駆ってワイルドカード参戦している水野涼(#34 Musahi RT Harc-Pro 日本)は33番グリッド、栗原圭介(#27 Musahi RT Harc-Pro 日本)は36番グリッドから決勝レースでの巻き返しを狙います。

11日(日)は午後2時から24周の決勝レースが実施されます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 3番手)
「今日も難しい1日になりましたが、手の状態が悪化しなかったのはうれしいです。明日の決勝はどうするかは決めていませんが、今日は痛み止めの処置をしないで走ることができました。予選では、新品のタイヤでよいタイムを出すことができました。2列目より前のグリッドを獲得するという目標を達成できたことは、とてもうれしいです。でも、ドライコンディションのレースでは、ホルヘ(・ロレンソ)もバレンティーノ(・ロッシ)も僕より一歩前を走っています。トップの2人には近づくことができましたが、手のケガのこともあり、マシンのセットアップには苦労しました。チームの仕事にはとても満足しています。明日はベストを尽くします」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 6番手)
「今日はあまりいい1日ではありませんでした。マシンのセットアップに少し問題があり、思ったほど快適に走ることができませんでした。しかし、予選セッションでは、まずまずのポジションでフィニッシュすることができました。明日はベストを尽くし、モチベーションを高めて前進できるようにがんばります。天気が変わるかもしれませんので、チャンスを最大限生かせるように集中しなければなりません」

カル・クラッチロー(MotoGP 8番手)
「今日のレースは難しかったです。ただ3列目グリッドからのスタートはそれほど悪くありません。ラップタイムは1日を通して前進することができました。しかし、予選ではいくつかミスをしてしまいました。2回目のアタックではミスを犯さないようにしましたが、最後はリアタイヤがあまり機能しませんでした。それでも日曜日のレースへ向けて気持ちはポジティブです。いい結果が出せると思います」

スコット・レディング(MotoGP 12番手)
「正直、Q2に進むことができて驚いています。しかし、Q1でタイヤを使ってしまったので、Q2用のタイヤが残っていませんでした。最後のアタックはユーズドタイヤだったので、うまくまとめられませんでした。フロントタイヤはすでに4回もアタックしていました。パフォーマンスが落ち始めていたので、仕方ありません。でも、今日の仕事には満足しています。速く走ることができて、ペースも維持できました。明日の決勝レースでは、この走りが生きると思います。明日はトップ10か、トップ8が目標です。雨が降ったらおもしろくなると思いますが、すべてに備えて、明日の天気の様子を見たいです」

高橋巧(MotoGP 19番手)
「MotoGPはフリー走行や予選すべてが初めての経験でしたが、フリー走行1回目で自己ベストが更新できました。また、その後も予定していたタイムに到達するなど、走行を重ねるたびにタイムが伸びているので充実しています。しかし、MotoGPの予選は時間が短く、早くタイムを出さなければなりません。この点に自分が慣れていないので、いくつかミスを犯してしまい、タイムを伸ばせなかったのが残念です。明日の決勝レースでは、これまで経験のないMotoGPライダーと競り合うことが、自分にとって大きなチャンスなので、たくさんの経験を積みたいと思います。“もてぎ”は自分にとってホームーコースで、これまでも“もてぎ”で勝負したいと考えていたので、精一杯の力で挑みたいと思います。応援よろしくお願いします」

ユージン・ラバティ(MotoGP 20番手)
「今日はよい1日のスタートを切ることができませんでした。コースインして何周かした後に、自分のミスで転倒してしまいました。そのため、仕切り直しになってしまい、思うようにタイムを更新できませんでした。1分45秒7という自分のタイムにがっかりしました。明日は雨の予報なので、もし雨になったらゼロからのスタートになります。このままドライコンディションだったら、セットアップを進めなくてはいけません。いずれにしても、明日はベストを尽くします」

ニッキー・ヘイデン(MotoGP 21番手)
「午前中のフリー走行では、ブレーキに問題を抱えて思うようにスタートが切れませんでしたが、それからは順調にタイムを上げていけました。FP4ではリアのグリップを改善できましたが、フロントにチャタリングが出るようになり、そのために攻める走りができませでした。ケガをした親指はまだ痛みますが、徐々に回復しています。明日のウォームアップでセットアップに取り組んで、決勝に挑みたいです」

ジャック・ミラー(MotoGP 22番手)
「今日は、もう少しよいグリッドを獲得できたと思いますし、あまりよい1日ではありませんでした。通常、初日のフリー走行より、2日目のフリーと予選で、さらにセットアップを進めて、タイムを短縮できるはずです。しかし、今日はこれ以上タイムを出すのは無理でした。チームは問題解決のために全力を尽くしています。明日のウォームアップで最後の調整に挑み、よい状態で決勝を迎えたいです」

秋吉耕佑(MotoGP 26番手)
「初日の走行から3秒近くタイムを短縮できました。レースはスタッフとのコミュニケーションがとても重要なので、あと1時間走行する時間があれば、もっといい状態を作れたと思うので残念です。それでも自分のライディングスタイルを変えるなど、試行錯誤してベストを尽くしました。決勝ではどこまで追い上げられるか、挑戦したいです」

ヨハン・ザルコ(Moto2 1番手)
「ルティはこのサーキットを得意としているし、昨年は優勝しているので気をつけなければなりません。初日のフリー走行から優勝を目指してがんばってきました。レースに向けて準備は整っています。明日は雨が降り、気温も下がりそうです。そうなれば、すべてが変わります。でもドライになったらレース序盤でできる限りプッシュしようと思います。一番の目標はミスをせず優勝することです。タイトルは獲得しましたが、引き続きいい仕事ができるようにがんばります」

トーマス・ルティ(Moto2 2番手)
「ここに戻ってくることができました。いい予選でした。特にペースがよくて予選中ずっとプッシュできました。ここに戻ってこられるようにチームも僕もがんばりましたが、チャンピオンシップはすでに決着がついてしまいました。でも明日が楽しみです。まだ残り4戦ありますので、一生懸命プッシュします。パルクフェルメに戻ってくることができて、本当にうれしいです」

ジョナス・フォルガー(Moto2 3番手)
「今週はフィーリングがよくなり、グリップもよくなりました。一歩前進できました。ここまでのところはいいレースウイークとなっています。ケガをしているろっ骨には痛みがまだ少しあります。明日は周回するごとに大変になると思いますが、いいグリップポジションを獲得できたので、どんな天気になってもベストを尽くしたいです」

中上貴晶(Moto2 7番手)
「リアのセットアップが決まらないまま、予選で挑むことになりました。目標の1分50秒台には届きませんでしたが、調子は上向いているので、決勝に自信を持って挑みます。バイクとの信頼感も増しているので、焦らずにレースの組み立てを考えて、しっかりと優勝を目指したいです」

ホルヘ・ナバロ(Moto3 3番手)
「レースウイークを通して、大きく前進できました。このサーキットは、僕のライディングスタイルにあまり合っていないので苦労します。でも、とてもいい仕事ができました。午前中はギアボックスのセットアップを変えたら、大きく前進できました。このおかげでブレーキングがよくなりました。予選セッションでは、いいペースを維持することができ、トップタイム争いができました。それでもまだ改善しなければなりません。明日は優勝争いをしたいです。決勝レースは少なくとも7、8人の集団になると思いますが準備はできています。明日は雨が降らないことを願っています」

エネア・バスティアニーニ(Moto3 5番手)
「今日の結果には満足しています。フリー走行の転倒を思えば、こんな結果は期待していませんでした。左肩が少し痛みます。特にブレーキングのときが痛いのですが、レースでは最後まで走れると思います。僕よりペースのいいライダーが何人かいますが、まだあとコンマ数秒詰められます。明日はベストを尽くし、(ダニー・)ケントとのポイント差を縮めたいです」

尾野弘樹(Moto3 12番手)
「今シーズンで1番くらいのいい流れでレースウイークを過ごせています。エンジン乗せ換えのトラブルの影響もほとんどありません。1分56秒台を出したかったのですが、タイムアップできる自信もあり、何よりも決勝への準備がしっかりできているのがうれしいです。決勝はこれまでで1番のレースにしたいです」

予選リザルト

MotoGP

順位 No. ライダー マシン F/O タイム
1 99 J.ロレンソ ヤマハ F 1'43.790
2 46 V.ロッシ ヤマハ F 1'43.871
3 93 マルク・マルケス Honda F 1'44.216
4 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ F 1'44.322
5 29 A.イアンノーネ ドゥカティ F 1'44.436
6 26 ダニ・ペドロサ Honda F 1'44.582
7 41 A.エスパルガロ スズキ F 1'44.809
8 35 カル・クラッチロー Honda F 1'44.932
9 38 B.スミス ヤマハ F 1'45.067
10 25 M.ビニャーレス スズキ F 1'45.081
11 44 P.エスパルガロ ヤマハ F 1'45.219
12 45 スコット・レディング Honda F 1'45.333
13 6 S.ブラドル アプリリア F 1'45.432
14 68 Y.ヘルナンデス ドゥカティ F 1'45.438
15 21 中須賀克行 ヤマハ F 1'45.496
16 19 A.バウティスタ アプリリア F 1'45.608
17 9 D.ペトルッチ ドゥカティ F 1'45.691
18 8 H.バルベラ ドゥカティ O 1'45.724
19 72 高橋巧 Honda F 1'45.743
20 50 ユージン・ラバティ Honda O 1'45.751
21 69 ニッキー・ヘイデン Honda O 1'45.843
22 43 ジャック・ミラー Honda O 1'46.039
23 76 L.バズ YAMAHA FORWARD O 1'46.048
24 63 M.ディ・ミリオ ドゥカティ O 1'46.179
25 24 T.エリアス YAMAHA FORWARD O 1'46.256
26 64 秋吉耕佑 Honda O 1'47.760
27 15 A.デ・アンジェリス ART F 1'48.192

Moto2

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 5 ヨハン・ザルコ KALEX 1'50.339
2 12 トーマス・ルティ KALEX +0.171
3 94 ジョナス・フォルガー KALEX +0.406
4 22 サム・ロース SPEED UP +0.037
5 40 アレックス・リンス KALEX -
6 55 ハフィズ・シャーリン KALEX +0.333
7 30 中上貴晶 KALEX +0.095
8 49 アクセル・ポンス KALEX +0.003
9 11 サンドロ・コルテセ KALEX +0.002
10 7 ロレンソ・バルダッサーリ KALEX +0.100
11 19 ザビエル・シメオン KALEX +0.091
12 25 アズラン・シャー・カマルザマン KALEX +0.058
13 39 ルイス・サロム KALEX -
14 60 フリアン・シモン SPEED UP +0.065
15 73 アレックス・マルケス KALEX +0.055
16 3 シモーネ・コルシ KALEX +0.172
17 88 リカルド・カルダス SUTER +0.102
18 4 ランディ・クルメンナッハ KALEX +0.027
19 10 ティティポン・ワロコーン KALEX +0.192
20 36 ミカ・カリオ SPEED UP +0.013
21 23 マルセル・シュローター TECH 3 +0.069
22 70 ロビン・マルホウザー KALEX +0.057
23 16 ジョシュ・フック KALEX +0.194
24 57 エドガー・ポンス KALEX +0.197
25 72 高橋裕紀 MORIWAKI +0.133
26 96 ルイス・ロッシ TECH 3 +0.159
27 97 チャビ・ビエルゲ TECH 3 +0.481
28 2 イェスコ・ラフィン KALEX +0.062
29 71 小山知良 NTS +0.336
30 66 フロリアン・アルト SUTER +0.157

Moto3

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 5 R.フェナティ KTM 1'56.484
2 44 M.オリベイラ KTM +0.173
3 9 ホルヘ・ナバロ Honda +0.236
4 23 ニッコロ・アントネッリ Honda +0.403
5 33 エネア・バスティアニーニ Honda +0.443
6 52 ダニー・ケント Honda +0.514
7 32 I.ビニャーレス KTM +0.533
8 84 J.コーンフェール KTM +0.605
9 11 リビオ・ロイ Honda +0.608
10 41 B.バインダー KTM +0.663
11 21 F.バグナイア マヒンドラ +0.707
12 76 尾野弘樹 Honda +0.708
13 65 P.エッテル KTM +0.804
14 58 J.ゲバラ マヒンドラ +1.041
15 63 Z.カイルディン KTM +1.101
16 48 L.ダラ・ポルタ ハスクバーナ +1.151
17 16 A.ミニョ KTM +1.175
18 96 M.パリャーニ マヒンドラ +1.203
19 10 アレックス・マスボー Honda +1.210
20 98 K.ハニカ KTM +1.231
21 24 鈴木竜生 マヒンドラ +1.248
22 29 S.マンジ マヒンドラ +1.288
23 88 J.マルティン マヒンドラ +1.328
24 17 ジョン・マクフィー Honda +1.484
25 91 G.ロドリゴ KTM +1.506
26 6 M.エレーラ ハスクバーナ +1.509
27 7 エフレン・バスケス Honda +1.518
28 95 ジュール・ダニーロ Honda +1.555
29 20 ファビオ・クアルタラロ Honda +1.669
30 2 R.ガードナー マヒンドラ +1.904
31 40 D.ビンダー マヒンドラ +2.119
32 19 A.トヌッチ マヒンドラ +2.481
33 34 水野涼 Honda +2.798
34 22 A.カラスコ KTM +2.824
35 55 アンドレア・ロカテリ Honda +3.405
36 27 栗原佳祐 Honda +3.905