• 釣り方 :
釣り方

メバル釣りの釣り具

軽いルアーを投げやすいスピニングタックルを使う。バスやトラウト用でも使えなくはないが、メバル専用のロッドを使うほうがアタリがわかりやすく、フッキングも容易になるのでおすすめだ。
さまざまなタイプが市販されているが、まずは長さをチェック。長めのロッドはルアーを遠投しやすいものの、夜釣りに不慣れな人は短めのほうがトラブルが少ないだろう。6~7フィート前後を選ぶのが基本だ。

サオ+リール

サオ+リール
1~2gの軽量ジグヘッドが投げられるスピニングロッド。最初は6~7フィート前後でソリッドティップのモデルを選ぶといいだろう。スピニングリールは1500番前後の小型タイプが向いている

ライン

ライン
ナイロンフロロカーボンラインの2~4ポンドが基本。最近は細くて強度のあるPEラインを使う人も増えている。この場合は先端にリーダーを結ぶ(次ページ参照)

ルアー

ワーム
ワーム
ソフトルアーとも呼ぶ。メバル用としては2インチ前後の小型ワームが主流だ。ピンテールと呼ばれる細長いタイプがオーソドックス
フロートリグ
フロートリグ
メバル用のジグヘッドリグは軽いので、風が強かったりポイントが遠いとねらいにくいことも。そんな時はラインの途中に「フロート」と呼ばれる飛ばしウキをセットする方法がある
ジグヘッド
ジグヘッド
フックとシンカーが一体になっているワーム用のハリ。1~2g前後をいくつか用意するといい。フックの小さなメバル専用モデルがオススメ
ハードルアー
ハードルアー
メバルは小魚をエサにしているため、ミノーメタルジグなどのハードルアーも有効だ。5cm以内の小型タイプがよく使われている

ライト(ヘッドライト)

ライト(ヘッドライト)
夜釣りには欠かせないアイテム。安全のためにもかならず携行しよう。ただし、海面を不用意に照らすとメバルを警戒させてしまうことがあるので注意

ライフジャケット

ライフジャケット
救命胴衣。万が一のことを考え、足場のよい漁港でも絶対に着用すること。写真は腰に巻くモデルで、水に触れると膨張するタイプ

長靴

長靴
堤防などでも、足場が波をかぶって滑りやすくなっていることがある。そんな場所では、靴底が「フェルトピンソール」になっている長靴がオススメ

ラインカッター

ラインカッター
小型のハサミでもOK。夜釣りではなくしやすいので、ピンオンリールにセットしておくといい
日中は暖かくても、日が暮れると急に冷え込むことがあるので、しっかりとした防寒着を用意しておこう
日中は暖かくても、日が暮れると急に冷え込むことがあるので、しっかりとした防寒着を用意しておこう
潮の干満や天気をチェックするためには携帯電話も便利。「釣りキング」など、モバイル用のサイトを活用しよう
潮の干満や天気をチェックするためには携帯電話も便利。「釣りキング」など、モバイル用のサイトを活用しよう
※このコンテンツは、2011年2月の情報をもとに作成しております。最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

メバルについてもっと見てみよう!

  • 釣り方 :
釣り方