MENU
HONDA
検索

2013年12月発表 2016年1月終了モデル
この情報は2016年1月現在のものです。

VEZEL

室内

Photo:HYBRID X(FF) メーカーオプション装着車

ドライバーに楽しさをもたらすコクピット。大切な人をくつろぎで満たすパートナーシート。

Photo:HYBRID X(FF) メーカーオプション装着車

パーソナルな空間を創出するハイデッキセンターコンソール。

Photo:HYBRID Z  ボディカラーはミスティグリーン・パール インテリアカラーはジャズブラウン メーカーオプション装着車

内と外のカラーコーディネートで上質をつくる。

Photo:HYBRID Z インテリアカラーはパッションブラック

上質さと快適さを兼ね備えた、本革とファブリックのコンビシート。 タイプ別設定

Photo:HYBRID X メーカーオプション装着車

ヴェゼルの空間に、さらなる艶を与える本革シート。タイプ別メーカーオプション

  • ドライバーに楽しさをもたらすコクピット。大切な人をくつろぎで満たすパートナーシート。
  • パーソナルな空間を創出するハイデッキセンターコンソール。
  • 内と外のカラーコーディネートで上質をつくる。
  • 上質さと快適さを兼ね備えた、本革とファブリックのコンビシート。 タイプ別設定
  • ヴェゼルの空間に、さらなる艶を与える本革シート。タイプ別メーカーオプション
もっと詳しく見る

乗る人すべてが、ゆったりくつろげるキャビン。

ワイドなコンソールで仕切ることで、運転席と助手席それぞれに独立した空間を確保したフロントシートと、クーペのような
フォルムからは想像できないほど、ゆとりあふれるリアシート。ロングドライブを快適に楽しめるように、静粛性も徹底追求しています。

乗る人すべてが、ゆったりくつろげるキャビン。
静粛性能のテスト風景

上級セダンでも使われる防音材を採用。

不織布タイプのフロアアンダーカバー※1や、上級セダンでも使われる高遮音性のフロアカーペット※2など、高性能の防音材を採用。優れた静粛性を実現しています。

※1 FF車のフロント部。
※2 ハイブリッド車及び、ガソリン車のSタイプ。

流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。

乗り込む前から、ドライブが終わるまで。指先を中心とした、流れるような操作性を追求しました。
使い慣れるほど、ドライバーをスマートに魅せるインテリアです。

  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • Hondaスマートキーシステム
  • パワースイッチ
  • フルオート・エアコンディショナー
  • Honda インターナビ
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • ハイブリッド専用シフトレバー
  • ワンタッチウインカー
  • オートブレーキホールド機能
  • Hondaスマートキーシステム

    キーを携帯していれば、
    ドアハンドルを握るだけで解錠。

    ※Hondaスマートキーシステムは、施錠・解錠のときなどに電波を発信します。その際、植込み型心臓ペースメーカー等の医療用電子機器に影響を与える可能性があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

  • パワースイッチ

    室内に乗り込んだら、
    スイッチを押してシステム起動。

    ■ガソリン車は「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」になります。

  • フルオート・エアコンディショナー

    温度を設定すると、風量等を自動制御する
    フルオートエアコンもタッチパネル式。

    ■HYBRID Zは左右独立温度コントロール式になります。

  • Honda インターナビ メーカーオプション

    拡大/縮小/スクロールなど、
    スマートフォン感覚でナビ操作が可能。

    詳しくはこちら

  • 電子制御パーキングブレーキ

    スイッチを押すだけで
    パーキングブレーキ解除。

    詳しくはこちら

  • ハイブリッド専用シフトレバー タイプ別設定

    軽快な操作が楽しめる、シフトレバー。

  • ワンタッチウインカー

    軽くふれると3回点滅する機能付のウインカー。

  • オートブレーキホールド機能

    ブレーキペダルから足を離しても停車
    状態を保持。アクセルペダルを踏めば解除。

    詳しくはこちら

シートで、カラーで、表情を変える。ヴェゼルの室内空間。

シートは座り心地のよいファブリックシートをはじめ、本革とファブリックそれぞれが素材感を引き立て合うコンビシート、上質な艶をもたらす本革シートの3種をご用意。インテリアカラーは、シート素材に合わせてコーディネート。コンビシートには素材の階調の差が華やかな印象をもたらすパッションブラックや、落ち着きとアクティブさを兼ね備えるジャズブラウンの2種を設定しています。

※タイプ別設定

シートで、カラーで、表情を変える。ヴェゼルの室内空間。

インテリアカラー

Photo:HYBRID X(FF) 適用タイプ ●HYBRID ●G(FF)●X ●HYBRID X ●G(4WD) Photo:HYBRID X・Lパッケージ 適用タイプ ●HYBRID X・Lパッケージ ●HYBRID Z ●S Photo:HYBRID Z 適用タイプ ●HYBRID Z Photo:HYBRID X(FF) メーカーオプション装着車 適用タイプ ●HYBRID X ●HYBRID X・Lパッケージ ●HYBRID Z ●X ●G(4WD) ●S
  • ブラック
    (ファブリックシート)
  • パッションブラック
    (コンビシート)
  • ジャズブラウン
    (コンビシート)
  • ブラックレザー
    (本革シート)メーカーオプション
SUV販売台数No.1※(2015年上半期)の感謝を込めて。あらたなる輝きをまとった、 特別なヴェゼル。STYLE EDITION HYBRID Z/HYBRID X 特別仕様車 スタイルエディション
特別仕様車について
※2015年上半期国内車名別新車販売台数(自販連調べ)。SUV:自販連区分オフロード4WD(一部2WDを含む)の国産車。
2014年度国内車名別新車販売台数(自販連調べ)もNo.1。

室内

スマートなフォルムからは想像できないほどの、大きな荷室。

もっと詳しく見る

日常でも、レジャーでも、思いつくままに使えるように。
スマートなフォルムの中に、大きくて使いやすい荷室をつくりました。
荷室のサイドまで、仕立ての良さにこだわっています。

9.5インチのゴルフバッグも ラクに積める大容量。 9.5インチのゴルフバッグも ラクに積める大容量。 9.5インチのゴルフバッグも ラクに積める大容量。
ゆとりの荷室容量 393L ※ハイブリッド車(FF)
118cm 最大開口部幅
80cm 荷室長(5名乗車時)
荷物を表示する
開口部が「大きくて低い」から、使いやすい。

開口部が「大きくて低い」から、使いやすい。

9.5インチのゴルフバッグも積み込みやすい、ワイドな開口幅。開口部の地上高もクラストップレベルの低さを実現。重いものを、高く持ち上げなくてすむので積み込みも容易です。

※ 2013年12月現在。1.5L〜2.0LクラスのSUVとして。Honda調べ。

■数値はすべてHonda測定値。また荷室容量はVDA方式による。

広いだけじゃない。マネのできない多彩なシートアレンジがある。

乗る人の数や、使うシーン、積みたい荷物にあわせて、自在に使えるシートアレンジ。
後席の座面をはね上げることで、高さのある空間を生み出す「チップアップ機構」など、Hondaならではのアレンジも自慢です。

ノーマルモード 5人乗っても、それぞの旅行カバンを積めます。
ユーティリティモード 2人乗って、マウンテンバイクを2台載せられます。ユーティリティモード 2人乗って、マウンテンバイクを2台載せられます。
トールモード 後席をはね上げれば、背の高い荷物も積めます。後席片側アレンジで、腰掛けながらブーツを履きかえることも。トールモード 後席をはね上げれば、背の高い荷物も積めます。後席片側アレンジで、腰掛けながらブーツを履きかえることも。
ロングモード 助手席も倒すことで、サーフボードのような長尺物も積むことができます。ロングモード 助手席も倒すことで、サーフボードのような長尺物も積むことができます。
  • ノーマル・モード
  • ユーティリティ・モード
  • トール・モード
  • ロング・モード

■写真は機能説明のため、カットボディによる合成写真です。■写真の自転車は、26インチMTBを使用。前輪を外した状態。自転車等のサイズ・形状によっては積めない場合があります。■数値はすべてHonda測定値。 ■小物類は撮影のために用意したものです。■安全のため走行の際は荷物をしっかり固定してください。

簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン
簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン
簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン
簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン

簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン

操作はワンアクション。リアシート左右に備えつけられたレバーを引くだけでシートを収納できます。6:4分割可倒式なので片側のシートのみを収納することも可能です。

背の高い荷物が積みやすい。 チップアップ機構

背の高い荷物が積みやすい。 チップアップ機構

後席の座面をはね上げれば、背の高い荷物が積める荷室空間にアレンジ可能。片側のシートのみを上げることもできるので、室内でブーツを履き替えるときなどに便利です。

便利な収納

ポケット類も、多機能で使いやすい

ポケット類も、多機能で使いやすい

小物類をスマートに収納できて、用途に応じてさまざまな使い方ができるハイデッキセンターコンソールをはじめ、手の届くところに必要な数だけ、使い勝手のよい収納を揃えました。

もっと詳しく見る

■メーター類は撮影のため点灯。
■画面はハメコミ合成。
■インテリアの写真は機能説明のための、カットボディによる合成写真です。
■ハイブリッド車とガソリン車ではラゲッジルームの形状が若干異なります。
■数値はすべてHonda測定値。
■小物類は撮影のために用意したものです。
■安全のため走行の際は荷物をしっかり固定してください。
■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「装備一覧」「主要諸元」をご覧ください。