MENU
HONDA
検索

Round04チェコチェコGP

Moto3

2020年8月8日(土)

ブルノ・サーキット
天候:晴れ
気温:31℃
コースコンディション:ドライ

第4戦 チェコGP

ガブリエル・ロドリゴ、鈴木竜生がフロントロー獲得
Honda勢は7台がトップ10に

Moto3クラスは、フリー走行で安定した速さを見せたガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)が2番手。前戦アンダルシアGPに続き、2戦連続のフロントロー獲得を果たしました。ロドリゴは2018年のカタルニアGPの3位が最高位。今大会は2度目の表彰台と自己ベストリザルトに挑みます。

開幕から3戦連続でポールポジション(PP)を獲得した鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が3番手に続きました。午前中のFP3で転倒を喫し、それが予選に影響。「ちょっと慎重に走り過ぎた」と完ぺきなアタックにならずPPを逃しました。しかし、依然として好調で、今大会も表彰台、優勝を狙います。

今季好調な小椋藍(Honda Team Asia)が4番手。2戦連続フロントローを逃すも、今季3回目の表彰台獲得と初優勝の期待が膨らみます。今大会はリアのはねる現象に苦しんできましたが、土曜日のフリー走行、予選ではやや改善されてペースを上げることに成功しました。前戦アンダルシアGPは他車の転倒に巻き込まれてのリタイア。今大会はその雪辱に挑みます。

フリー走行で好調だったデニス・フォッジャ(Leopard Racing)が5番手。これまでの自己ベストリザルトは3位。今大会は表彰台、そして初優勝を目指します。ジェレミー・アルコバ(Kömmerling Gresini Moto3)が6番手、トニ・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)が8番手、ルーキーの國井勇輝(Honda Team Asia)が自己ベストグリッドの10番手から、初ポイント獲得とトップ10を目指します。

今大会はトップ10に7台のNSF250RWが入りました。前戦アンダルシアGPに続き、Honda勢は今季2勝目に挑みます。

 

コメント

ガブリエル・ロドリゴ(Moto3 2番手)
ガブリエル・ロドリゴ 「フロントエンドの問題が解決したので、レース後半のパフォーマンスが大きく改善されました。昨日はこの問題で少し苦戦しました。そして今日の午前中は少し誤った方向へ進んでしまいましたが、以前のセットアップに戻して問題は解決しました。そのため、思っていた通りの方向に進むことができました。明日は集団でのバトルになると思います。ヘレスのときよりも厳しいと思います。できる限りたくさんのポイントを獲得できるようにがんばります。明日は、できる限り長くトップグループについていきたいです。そうすれば結果がついてくると思います」

鈴木竜生(Moto3 3番手)
鈴木竜生 「午前中のFP3で、かなり勢いよく転んでしまいました。転倒の理由は決勝に向けてハードタイヤでペースを上げすぎたからです。8コーナーでハイサイド。派手な転倒でした。そのため、予選はちょっと慎重になりました。もし転ばなければ、2分7秒台に入るペースでした。少しいきすぎたのかも知れません。この転倒で手と足がやや痛くて、予選は完ぺきではありませんでした。1周目のアタックは100%ではなくて、2周目に全力でいこうとしましたが、チェッカーフラッグが出てしまいました。決勝に向けて気持ちを切り替えたいです。明日はいいレースができるようにがんばります」

小椋藍(Moto3 4番手)
小椋藍 「前戦アンダルシアは、かなりいい状態にマシンは仕上がっていましたが、昨日はリアのはねる症状に苦しみました。今日はかなり改善されたのでタイムを上げることができました。予選は100%の走りですが、今日は単独でいこうと思っていたので、3列目9番手以内が目標でした。それを思えば4番手というのは出来すぎと言ってもいいです。明日はアンダルシアGPの反省から、積極的に前に出ていこうと思っています」

デニス・フォッジア(Moto3 5番手)
デニス・フォッジャ 「予選では一歩前進することができました。チームとの仕事に満足しています。明日のウオームアップでは少しセッティングを変えます。フィーリングはいいのですが、レースに向けてまだ100%ではないからです。ほかのことにもトライして準備を整えます」

國井勇輝(Moto3 10番手)
國井勇輝 「ヘレスの2連戦は、思ったように走れませんでした。その2戦に比べれば、今大会はかなりいい感じで走れています。まだまだ完全ではありませんが、今日は小椋選手と一緒に走って、タイムを上げていくことができました。明日の決勝では、トップ10を目標に今季初のポイント獲得に挑みます」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム
125R.フェルナンデスKTM2'08.372
22ガブリエル・ロドリゴHonda2'08.583
324鈴木竜生Honda2'08.708
479小椋藍Honda2'08.773
57デニス・フォッジャHonda2'08.801
652ジェレミー・アルコバHonda2'08.864
775A.アレナスKTM2'08.969
814トニ・アルボリーノHonda2'09.061
955R.フェナティハスクバーナ2'09.205
1092國井勇輝Honda2'09.414
1116A.ミニョKTM2'09.518
1223ニッコロ・アントネッリHonda2'09.565
135ハウメ・マシアHonda2'09.566
1482S.ネパKTM2'09.655
1540D.ビンダーKTM2'09.886
1627鳥羽海渡KTM2'10.181
176山中琉聖Honda2'11.697
1817ジョン・マクフィーHonda2'08.675
1953D.オンジュ KTM2'10.017
2012フィリップ・サラクHonda2'10.030
2170B.バルテュスKTM2'10.084
2299C.タタイKTM2'10.120
2354R.ロッシKTM2'10.142
2413C.ヴィエッティKTM2'10.222
2521A.ロペスハスクバーナ2'10.292
2673M.コフラーKTM2'10.383
2711セルジオ・ガルシアHonda2'10.514
2871佐々木歩夢KTM2'10.567
2950J.デュパスキエKTM2'11.173
3089カイルール・イダム・パウィHonda2'09.266
319D.ピッツォーリKTM2'09.578

フォトギャラリー

ニュース