MENU

HONDA

検索

Round02アルゼンチンアルゼンチンGP

Moto2

2019.03.31(日)

アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド
天候:曇り/晴れ
気温:27℃
コースコンディション:ドライ
観客:6万4086人(3日間:17万9551人)

第2戦 アルゼンチンGP

バルダッサーリが開幕2連勝。
IDEMITSU Honda Team Asiaのチャントラが今季初入賞を果たす

Moto2クラス決勝は、開幕戦カタールGPを制したロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)が、開幕2連勝を達成しました。大接戦となった予選は8番手でしたが、オープニングラップで4番手に浮上、トップグループに加わると、終盤、先行するアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)、レミー・ガードナー(ONEXOX TKKR SAG Team)、マルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)をかわし首位に浮上すると、そのまま後続をじりじり引き離し、開幕2連勝を達成しました。

元世界チャンピオンのワイン・ガードナーの息子のレミーが2位になり、初表彰台を獲得しました。予選7番手から好スタートをきったガードナーは、レース中盤までレースの主導権を握りました。後半は、表彰台に立った3人にシュローターを加えた4人による激しい戦いとなり、オーバーランを喫したことでポジションを落としましたが、念願の初表彰台を獲得しました。

3位には、マルケスの弟のアレックスが入りました。開幕戦カタール大会では予選9番手、決勝7位と精彩を欠きましたが、今大会は予選4番手から今季初表彰台を獲得する走りで、存在をアピールしました。

以下、イケル・レクオナ(American Racing KTM)、トップグループに加わるも終盤ポジションを落としたシュローター、ブラッド・ビンダー(Red bull KTM Ajo)、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)、ホルヘ・ナバロ(Beta Tools Speed Up)、エネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)と続きました。

そして、予選19番手から追い上げたソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)が初めて経験するテルマス・デ・リオ・オンドで快走を見せて10位でフィニッシュ。大きな注目を集めました。チームメートのディマス・エッキー・プラタマは、フリー走行、予選と初めてのコースに苦戦、決勝でも転倒しましたが、再スタートを切って23位でチェッカーを受けました。

 

コメント

ロレンソ・バルダッサーリ(Moto2 優勝)
「優勝できてとてもうれしいです。開幕戦カタールでいいスタートを切り、今大会も、自分たちの仕事を再確認できました。レースウイークは簡単ではありませんでしたが、いいレースができると思っていました。いい仕事をしてくれたチームに加え、スポンサーにも感謝しています。チームメートでいい友達でもあるアウグスト(フェルナンデス)がフリー走行でケガをしましたが、早く回復することを願っています」

レミー・ガードナー(Moto2 2位)レミー・ガードナー
「ようやく表彰台を獲得できました。がんばってきたみんなに感謝したいです。すばらしいレースをしていました。トップグループでバトルができることを証明しました。たくさんのオーバーテイクがありました。残念ながら優勝は逃しましたが、2位でフィニッシュできました。すばらしいレースでした。次戦テキサスと、残りのレースが本当に楽しみです。本当にうれしいです」

アレックス・マルケス(Moto2 3位)
「とてもうれしいです。難しいレースウイークでしたが、全力で取り組みました。とてもいい仕事をしました。いい週末でしたが、まだ課題もあります。それは、ライディングスタイルとマシンの限界を見つけることです。レースではいい仕事ができました。ガードナーとはいいバトルができました。今日のレースでは、みんなが楽しく走っていました。終盤を速く走るためには、序盤スムーズに走ることが大事なことは分かっていました。バルダッサーリがアタックしたとき、僕はあまりいいポジションにいなかったので、彼についていけませんでした。彼は今日最もいいタイミングでスパートしました。次戦テキサスでは自分も見習わなければなりません」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 10位)ソムキャット・チャントラ
「カタールは満足できるレースにはなりませんでしたが、今日はいいレースができました。序盤からフィーリングがよく、多くのライダーたちと戦うことができました。しかし、最後の10周は、腕上がりの症状が出てしまい、ライディングスタイルを変更しなくてなりませんでした。それでも10位でレースを終えることができてとてもハッピーです。スタッフ、応援してくれている皆さんとスポンサー、Hondaに感謝します」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 23位)ディマス・エッキー・プラタマ
「今日の結果には全く満足できません。その時点で18位を争っていました。もし転倒していなければ、ポイント争いができたかもしれません。レースでは集中してスタートが切れ、ポジションを上げることができました。集団の中でも攻め続けることができました。しかし、13コーナーでフロントから転倒してしまいました。ピットに戻ってきたのですが、チームはすばらしい仕事をして、また私をコースに送り出してくれました。応援してくれる皆さんや、スポンサー、そしてチームに感謝します。次戦アメリカでも引き続き全力で挑みます」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
17ロレンソ・バルダッサーリKALEX39'46.000
287レミー・ガードナーKALEX+1.244
373アレックス・マルケスKALEX+1.817
427イケル・レクオナKTM+2.704
523マルセル・シュローターKALEX+4.839
641ブラッド・ビンダーKTM+4.707
710ルカ・マリーニKALEX+4.986
89ホルヘ・ナバロSPEED UP+7.459
933エネア・バスティアニーニKALEX+8.724
1035ソムキャット・チャントラKALEX+14.506
115アンドレア・ロカテリKALEX+16.145
1245長島哲太KALEX+16.450
1389カイルール・イダム・パウィKALEX+16.613
1464ボウ・ベンドスナイダーNTS+23.007
152イェスコ・ラフィンNTS+24.736
1672マルコ・ベツェッキKTM+25.381
1796ジェイク・ディクソンKTM+41.684
183ルーカス・ツロヴィッチKTM+45.545
1965フィリップ・エッテルKTM+45.811
2077ドミニク・エガーターMVアグスタ+56.934
2118シャビ・カルデルスKTM+1'07.765
2216ジョー・ロバーツKTM+1'18.707
2320ディマス・エッキー・プラタマKALEX+4Laps
RT24シモーネ・コルシKALEX+2Laps
RT88ホルヘ・マルティンKTM+5Laps
RT11ニッコロ・ブレガKALEX+5Laps
RT21ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP+11Laps
RT22サム・ロースKALEX+18Laps
RT12トーマス・ルティKALEX+18Laps
RT62ステファノ・マンシィMVアグスタ+22Laps
RT97チャビ・ビエルゲKALEX-

※ブラッド・ビンダー選手はレース後、1グリッドダウンペナルティの裁定が下された。

Moto2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
17ロレンソ・バルダッサーリKALEX50
287レミー・ガードナーKALEX33
323マルセル・シュローターKALEX27
473アレックス・マルケスKALEX25
512トーマス・ルティKALEX20
610ルカ・マリーニKALEX17
741ブラッド・ビンダーKTM14
833エネア・バスティアニーニKALEX14
927イケル・レクオナKTM13
1040アウグスト・フェルナンデスKALEX11
1122サム・ロースKALEX10
129ホルヘ・ナバロSPEED UP8
135アンドレア・ロカテリKALEX8
1497チャビ・ビエルゲKALEX6
1535ソムキャット・チャントラKALEX6
1621ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP5
1745長島哲太KALEX4
1889カイルール・イダム・パウィKALEX3
192イェスコ・ラフィンNTS3
2064ボウ・ベンドスナイダーNTS2
2188ホルヘ・マルティンKTM1
2272マルコ・ベツェッキKTM0
2396ジェイク・ディクソンKTM0
2477ドミニク・エガーターMVアグスタ0
253ルーカス・ツロヴィッチKTM0
2665フィリップ・エッテルKTM0
2724シモーネ・コルシKALEX0
2862ステファノ・マンシィMVアグスタ0
2918シャビ・カルデルスKTM0
3016ジョー・ロバーツKTM0
3120ディマス・エッキー・プラタマKALEX0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1KALEX50
2KTM17
3SPEED UP13
4NTS4

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第2戦 アルゼンチンGP Moto2 決勝

ニュース