MENU
HONDA
検索

Round11オーストリアオーストリアGP

Moto2 プレビュー

会場:レッドブル・リンク

オリベイラとバグナイア。タイトルを争う2人の一騎打ちに注目

Moto2クラスのタイトル争いは、前戦チェコGPで今季2勝目を挙げて総合首位に浮上したミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)と、前戦チェコGPで3位になり、総合首位から2位にダウンしたフランセスコ・バグナイア(SKY Racing Team VR46)による一騎打ちの様相を呈してきました。

開幕戦カタールGPから第10戦チェコGPまで、安定した走りで2勝6回の表彰台に立ってきたオリベイラ。バグナイアも4勝を含む6回の表彰台に立って来ましたが、安定した成績では、わずかにオリベイラに軍配が上がっています。ここからの9戦、ますます2人の戦いは厳しさを増すことになるでしょう。

総合首位に立ち、チームにとって事実上のホームグランプリを迎えるオリベイラは、高いモチベーションで今大会を迎えます。昨年はし烈な2位争いに加わりましたが、惜しくも転倒リタイアに終わりました。今年はチェコGPからの2戦連続、今季3勝目に挑みます。

一方、総合首位から2点差で総合2位にダウンしたバグナイアは巻き返しに挑みます。昨年は表彰台まであと一歩の4位でしたが、今年は今季5勝目を目指します。

総合3位のアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、前戦チェコGPで転倒リタイアに終わりました。今大会はその雪辱に挑みます。昨年の大会は2位。今年はシーズン初優勝を目指します。

総合4位のロレンソ・バルダッサーリ(Pons HP40)は前戦チェコGPで優勝争いに加わり、4位でフィニッシュ。シーズン中盤戦に入って低迷していましたが、ここに来て上り調子です。チェコでは今季2勝目と、4回目の表彰台獲得に挑みます。

オリベイラとともにチームの事実上のホームグランプリに気合十分のブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)が総合5位につけています。第9戦ドイツGPでは念願のクラス初優勝を達成しており、今大会は2勝目を目指します。前戦チェコGPの転倒で総合4位から総合6位にダウンしたホアン・ミル(EG 0,0 Marc VDS)は、その雪辱に挑みます。

以下、チャビ・ビエルゲ(Dynavolt Intact GP)、マルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)、今季2勝目を狙うファビオ・クアルタラロ(Speed Up Racing)が続き、ここまでがトップ10。鈴鹿8耐で好走を見せた長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は、前戦チェコGPでは16位。レッドブル・リンクを得意としているだけに、今大会は今季ベストを目指します。

コメント

ミゲル・オリベイラ(Moto2 総合1位)
「ブルノでは、今年初めてチャンピオンシップをリードする重要な勝利となりました。しかし、チャンピオンシップは接戦が続いているし、まだ半分が終わったばかりです。そのため、残りの9レースは1ポイント1ポイント大事に戦わなければなりません。レッドブル・リンクは僕たちのタイトルスポンサーにとってのホームレースです。大事なレースなので、いい走りをしたいです。目標はいつもと同じで、チェッカーフラッグまでずっと戦闘的でい続けることです」

フランセスコ・バグナイア(Moto2 総合2位)
「チェコを終えて、すぐにオーストリアのサーキットに行くことができてうれしいです。ブルノでは3位でした。マシンには100%満足していませんでした。そのため今週末の仕事に早く取り組みたいです。レッドブル・リンクは強いブレーキングゾーン、そしてロングストレートが特徴のサーキットです。ほとんど差がつかないので、大接戦になります」

アレックス・マルケス(Moto2 総合3位)
「ブルノでは残念な結果に終わりました。それだけに、オーストリアのレースがとても楽しみです。ブルノはいいレースができたと思うのですが、ノーポイントですべての努力が報われませんでした。今はオーストリアのレースに向けて前進しなければなりません。このコースはとても好きなので、それができると思います。ワールドチャンピオンシップのことは忘れ、毎週末いいレースをしてポイントを加算していきたいです」

長島哲太(Moto2 24位)
「チェコGPは25番手という予選グリッドがすべてでした。フィーリングは悪くなかったし、予選でのミスがなければ、悪くても15番手前後のポジションは獲得できたと思います。決勝は全体的にそれほど速いペースではなく、その中で自分はペースをキープできたし、ポイント圏内まで追い上げることができました。わずかに届きませんでしたが、こういう厳しいコンディション、そして展開の中で8耐の経験が活きたと思います。今週末のオーストリアGPは、昨年もいいレースができたので、今年も楽しみです。目標はシングルフィニッシュです」

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第11戦 オーストリアGP プレビュー(Moto2)

ニュース