MENU
HONDA
検索

Round11オーストリアオーストリアGP

Moto2 決勝

2018年8月12日(日)

会場:レッドブル・リンク
天候:晴れ
気温:27℃
コースコンディション:ドライ
観客:20万6746人(3日間)

バグナイアが今季3度目のポール・トゥ・ウイン! 長島は15位、今季3回目のポイント獲得

Moto2クラスは、総合首位で予選2番手のミゲル・オリベイラ(Red bull KTM Ajo)と総合2位でポールポジション(PP)スタートのフランセスコ・バグナイア(SKY Racing Team VR46)の一騎打ちとなり、最終ラップ最終コーナーの攻防を制したバグナイアが、3戦ぶり今季5勝目を挙げました。

チームのホームGPとなった今大会、オリベイラは積極的に前に出る作戦でした。チームのファンの大声援を受け、オープニングラップから24周目までオリベイラが首位をキープしましたが、最終ラップの最終セクションの攻防で競り勝ったバグナイアが先着しました。

これでバグナイアは総合首位を奪還。チェコGPを終えて総合2位にダウンしていましたが、この優勝で3ポイント差をつけて総合首位に復活しました。2位のオリベイラも力を出し切った戦いに納得の表情でした。

その後方では、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)、マティア・パシーニ(Italtrans Racing Team)、アレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)の3位争いとなりました。最終ラップはマルケス弟とマリーニの戦いとなりましたが、最終コーナーでマルケスが転倒してマリーニが3位でフィニッシュ、3戦連続で表彰台を獲得しました。パシーニが4位でフィニッシュしました。

その後方では、ホルヘ・ナバロ(Federal Oil Gresini Moto2)がベストリザルトの5位、ホームGPに気合のブラッド・ビンダー(Red bull KTM Ajo)が6位、以下、マルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)、ホアン・ミル(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)、ファビオ・クアルタラロ((+)Ego - Speed Up Racing)、イケル・レクオナ(Swiss Innovative Investors)と続き、ここまでがトップ10フィニッシュでした。

22番グリッドから決勝に挑んだ長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は、周回を重ねるごとに追い上げて15位。今季3回目のポイントを獲得。チームメートのカイルール・イダム・パウィが16位でフィニッシュしました。

コメント

フランセスコ・バグナイア(Moto2 優勝)
フランセスコ・バグナイア「すばらしい勝利となり、再びチームのダブルポディウムを達成できました。そしてワールドチャンピオンシップをリードできました。とてもうれしいです。シーズンが始まってから、初めてミゲルとの決闘だったので、とてもうれしいです。スタートは悪くなかったのですが、最初のコーナーでクアルタラロと接触し、2人ともコース幅のリミットを超えてしまい、すぐに縮めなければならないギャップができてしまいました。タイヤの温度を戻す努力をして、その後100%でプッシュし始めてギャップを縮めていきました。ミゲルとのバトルでは、集中力を維持し、残り2周で彼をオーバーテイクできるように彼のラインを学んでタイミングを待ちました」

ミゲル・オリベイラ(Moto2 2位)
ミゲル・オリベイラ「優勝できずほろ苦い気分ですが、このレッドブル・リンクで2位を獲得できて満足しています。全体的には僕にとってすばらしいレースになりました。ミスをせず、すべてのラップをリードしましたが、最終ラップで一つポジションを落しただけです。どこでバグナイアが仕掛けるか予想しなければなりませんでした。最終ラップは昨年のMotoGPクラスで起きたレースのコピーのようでした。タイトル争いはとてもタイトでレースは非常におもしろいです。僕たちは限界で走っています。今年は上位のライダーがミスをしません。バグナイアも僕も常にポイントを加算してきました。物事がうまくいっているのでとてもうれしいです。ほかのレースでは優勝できると思います」

ルカ・マリーニ(Moto2 3位)
ルカ・マリーニ「美しいレースでした。パシーニや(アレックス・)マルケスと最終コーナーまですばらしいバトルができました。楽しかったです。今日のウォームアップまでリアタイヤの問題に悩まされていたので、本当にうれしいです。ウォームアップを終えて、データを検証し、レースではほかのライダーたちよりもハードなブレーキングができました。フランコ(・モルビデリ)のアドバイスは正しかったです。安定して、ミスをしないように、最後まで集中するように努力しました。昨日の転倒のあと、すばらしい仕事で僕をコース上に戻してくれたチームのみんなに感謝しています。ペッコ(バグナイア)とともに、またダブルポディウムを達成させることができました。彼はチャンピオンシップをリードし、チームチャンピオンシップをさらに縮められる可能性も出てきました」

長島哲太(Moto2 15位)
長島哲太「レースウイークを通じてフロントのフィーリングを改善できず、決勝も厳しい走りになりました。昨日は3コーナーのフィーリングに苦労したのですが、そこはリアを流して走ることで改善しました。しかし、セッティングを変更したことで下りのコーナーで、ブレーキングの安定性がなくなり攻める走りができませんでした。厳しいレースでしたが、なんとか15位で1ポイント獲得できたことはよかったです。これで8耐、チェコ、オーストリアと続いた3連戦が終わりましたが、あっという間の3連戦でした。8耐で経験したことはチェコ、オーストリアの2戦に確実に活かすことができました」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
142フランセスコ・バグナイアKALEX37'45.914
244ミゲル・オリベイラKTM+0.264
310ルカ・マリーニKALEX+5.953
454マティア・パシーニKALEX+6.114
59ホルヘ・ナバロKALEX+8.554
641ブラッド・ビンダーKTM+8.944
723マルセル・シュローターKALEX+9.126
836ホアン・ミルKALEX+12.404
920ファビオ・クアルタラロSPEED UP+16.250
1027イケル・レクオナKTM+16.718
1113ロマーノ・フェナティKALEX+16.829
1252ダニー・ケントSPEED UP+17.716
135アンドレア・ロカテリKALEX+23.200
1462ステファノ・マンシィSUTER+27.944
1545長島哲太KALEX+27.994
1689カイルール・イダム・パウィKALEX+28.493
1777ドミニク・エガーターKTM+29.043
184スティーブン・オデンダルNTS+38.176
1916ジョー・ロバーツNTS+40.544
2095ジュール・ダニーロKALEX+41.655
2166ニキ・タウリKALEX+41.727
2264ボウ・ベンドスナイダーTECH 3+42.766
2332アイザック・ビニャーレスSUTER+43.811
2455アレハンドロ・メディナKALEX+45.372
2518シャビ・カルデルスKALEX+51.185
267ロレンソ・バルダッサーリKALEX+1'13.901
RT73アレックス・マルケスKALEX+1Lap
RT22サム・ロースKTM+8Laps
RT21フェデリコ・フェリーニKALEX+8Laps
RT24シモーネ・コルシKALEX+22Laps
RT87レミー・ガードナーTECH 3+22Laps
RT40アウグスト・フェルナンデスKALEX+22Laps

Moto2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
142フランセスコ・バグナイアKALEX189
244ミゲル・オリベイラKTM186
373アレックス・マルケスKALEX113
441ブラッド・ビンダーKTM111
57ロレンソ・バルダッサーリKALEX106
636ホアン・ミルKALEX103
723マルセル・シュローターKALEX91
897チャビ・ビエルゲKALEX90
920ファビオ・クアルタラロSPEED UP84
1054マティア・パシーニKALEX82
1110ルカ・マリーニKALEX79
1222サム・ロースKTM46
139ホルヘ・ナバロKALEX42
1427イケル・レクオナKTM41
155アンドレア・ロカテリKALEX32
1624シモーネ・コルシKALEX32
1777ドミニク・エガーターKTM24
1887レミー・ガードナーTECH 320
1913ロマーノ・フェナティKALEX14
2040アウグスト・フェルナンデスKALEX11
2140ヘクター・バルベラKALEX10
2262ステファノ・マンシィSUTER8
2352ダニー・ケントSPEED UP8
2432アイザック・ビニャーレスSUTER7
2545長島哲太KALEX7
2616ジョー・ロバーツNTS2
2789カイルール・イダム・パウィKALEX1
284スティーブン・オデンダルNTS1
2964ボウ・ベンドスナイダーTECH 30
3057エドガー・ポンスKALEX0
3166ニキ・タウリKALEX0
3251エリック・グラナドSUTER0
3395ジュール・ダニーロKALEX0
3414ヘクター・ガルゾTECH 30
353ルーカス・トゥロビッチKTM0
3621フェデリコ・フェリーニKALEX0
3718シャビ・カルデルスKALEX0
3824アレハンドロ・メディナKALEX0
3912シェリダン・モライスKALEX0
4030ディマス・エッキー・プラタマHonda0
4119コレンティン・ペロラリTRANSFORMIERS0
4263ズルファミ・カイルディンKALEX0
4380セドリック・タンジェTECH 30

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1KALEX251
2KTM198
3SPEED UP88
4TECH 320
5SUTER8
6NTS2

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第11戦 オーストリアGP 決勝(Moto2)

ニュース