MENU
HONDA
検索
モータースポーツ > F1 - フォーミュラ・ワン世界選手権 > 第10戦 イギリスGP 1日目フリー走行
2016.07.08 F1 - フォーミュラ・ワン世界選手権 第10戦 イギリスGP イギリスGP 1日目フリー走行

イギリスGP 1日目フリー走行

シルバーストーン・サーキット、7月8日(金)

「フリー走行の両セッションの運びはスムーズだった」

#BritishGP
#McLarenLIVE

日曜日のイギリスGPに向けて行われた初日のフリー走行は、強風のため、プログラムが思うように進みませんでした。午後のセッションでは風がさらに強まり、ジェンソン・バトンおよびフェルナンド・アロンソの両ドライバーから、強風のためマシンのバランスが取りにくいとの訴えがありました。

FP2では、バトンのマシンにエンジンデータの不具合が発生しました。エンジニアとメカニックが問題を特定している間はセットアップ作業がストップしたものの、セッション終盤にオプションタイヤを装着すると、バトンはラップライムを調子よく刻むことができました。

 

フェルナンド・アロンソ MP4-31-04

FP1 1分33.527秒(トップとの差 +1.873秒) 22周 10番手
FP2 1分33.040秒(トップとの差 +1.380秒) 31周 6番手

「今週末に投入したパワーユニットのアップデートは、まずまずの感触です。エンジニアがデータをもとにその効果を検証し、土日に向けて信頼性を確認できればと思います。FP2ではジェンソンのマシンでトラブルがありましたが、日曜日の決勝でポイントを獲得するには信頼性の問題が発生しないようにする必要があります。

金曜日のパフォーマンスはいつも良好ですが、(予選が行われる)土曜日は、マシンの性能をさらに引き出す必要があります。ただ、ここ2戦はなんとかQ3に進出しているので、明日もそれを再現できるようにします。

今日は非常に風が強く、明日も強風および雨の予報なので、どのドライバーにとっても難しい状況となる可能性があります」


ジェンソン・バトン MP4-31-03

FP1 1分34.132秒(トップとの差 +2.478秒) 24周 12番手
FP2 1分33.763秒(トップとの差 +2.103秒) 20周 9番手

「午後は難しいセッションでした。セッション開始時にプライムタイヤで1周走行したところ、問題が発生したので、ガレージで30分待機しなければなりませんでした。その後、コース上に出て1周すると、今度は別の問題が発生しました。従って、セッション終了間際にようやくオプションタイヤを履いて走行することができました。

今日発生した問題が明日までに解決し、明日の午前中に行われる最後のフリー走行でもう少し走行できることを願っています。 幸いにも、この問題はノートパソコンの演算処理装置の不具合のようなので、解決できるはずです。

明日の予選でQ3に進出するのは難しいように思いますが、午前中のフリー走行で問題なく走ることができれば、我々の予選での運を高める手助けとなるでしょう。

今日はフェルナンドがいいペースで走っていました。ですから、明日は私のマシンにも新しいコンポーネントを取り付けて、ポジティブな走りをするとともに、競争力が少し増すことを願っています」


エリック・ブーリエ McLaren-Honda Racing Director
「今日は強風のためコース上で困難な走行を終日強いられたものの、両ドライバーにとっては比較的いつもの金曜日となりました。

フェルナンドは両セッションを通して走行プログラムをスムーズにこなしました。一方、ジェンソンはFP2の序盤にエンジンデータの不具合が確認されたため、その原因をメカニックが調査している間は、プログラムに遅れが生じました。

最後になりましたが、グランプリ週末の初日に、グランドスタンドを埋め尽くすほどの大勢の熱狂的なファンの皆さんに来て頂いたことを、非常にうれしく思います。ここイギリスでF1がどれだけ人気があるのかをみると、いつも元気が出ますし、奮い立たされる思いです。これだけ多くの方々が応援して下さっていることは、チーム全体にとって本当に大きな力となります」


長谷川 祐介 (株)本田技術研究所 主席研究員 F1プロジェクト総責任者
「マシンの総合性能が試されるシルバーストーン・サーキットでは、投入したエンジンのアップデートの効果はまだ明確ではなく、またジェンソンのマシンではデータ設定の不具合が一時出てしまうこともありましたが、初日としては良いポジションで走行を終えられたと思います。フリー走行日ということもあり、路面のグリップ力が低く、風も強かったためにドライバーはマシンの不安定な挙動に悩まされていましたが、マシンは相対的に良いレベルに仕上がっていると思います。

この週末は、雨の可能性もありますが、オーストリアGPに続いて実力でQ3進出を目指したいと思います」

フリー走行1

順位 ゼッケン ドライバー チーム タイム/差
144ルイス・ハミルトン Mercedes1'31.654
26ニコ・ロズベルグMercedes+0.033
327ニコ・ヒュルケンベルグ Force India+0.838
45セバスチャン・ベッテル Ferrari+0.847
53ダニエル・リカルド Red Bull+1.119
67キミ・ライコネン Ferrari+1.385
733マックス・フェルスタッペン Red Bull+1.548
811セルジオ・ペレス Force India+1.581
955カルロス・サインツ Toro Rosso+1.792
1014フェルナンド・アロンソ McLaren-Honda+1.873
1126ダニール・クビアト Toro Rosso+2.084
1222ジェンソン・バトンMcLaren-Honda+2.478
1377バルテッリ・ボッタス Williams+2.609
1419フェリペ・マッサ Williams+2.802
158ロマン・グロージャン Haas+2.893
1630ジョリオン・パーマー Renault+3.133
1712フェリペ・ナスルSauber+3.151
1850シャルル・ルクレールHaas+4.215
1945エステバン・オコン Renault+4.326
209マーカス・エリクソン Sauber+4.349
2194パスカル・ウェーレイン Manor+4.482
2288リオ・ハリアントManor+4.993

フリー走行2

順位 ゼッケン ドライバー チーム タイム/差
144ルイス・ハミルトン Mercedes1'31.660
23ダニエル・リカルド Red Bull+0.391
333マックス・フェルスタッペン Red Bull+0.626
45セバスチャン・ベッテル Ferrari+0.910
57キミ・ライコネン Ferrari+1.076
614フェルナンド・アロンソ McLaren-Honda+1.380
777バルテッリ・ボッタス Williams+1.833
88ロマン・グロージャン Haas+1.954
922ジェンソン・バトンMcLaren-Honda+2.103
1019フェリペ・マッサ Williams+2.141
1155カルロス・サインツ Toro Rosso+2.180
1221エステバン・グティエレスHaas+2.340
1326ダニール・クビアト Toro Rosso+2.479
1412フェリペ・ナスルSauber+2.494
1527ニコ・ヒュルケンベルグ Force India+2.661
1611セルジオ・ペレス Force India+2.696
1794パスカル・ウェーレイン Manor+2.889
1830ジョリオン・パーマー Renault+2.950
199マーカス・エリクソン Sauber+3.062
2020ケビン・マグヌッセン Renault+3.299
2188リオ・ハリアントManor+4.181

フェルナンド・アロンソ

フェルナンド・アロンソ

ジェンソン・バトン

ジェンソン・バトン

ジェンソン・バトン