MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第8戦 カナダGP
モータースポーツTOPへ
カナダ Round 8
Canadian GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 June,13
F1 TOPへ
グランプリ情報
コメント
サーキット情報
TVオンエア情報
 
1日目
予選
決勝
ポイント
第8戦 カナダGP プレビュー

6月7日(月)

 前戦ヨーロッパGPでは、ジェンソン・バトンが今季7戦中5度目の表彰台に上がった。また佐藤琢磨も自己ベストのフロントローからのスタートを獲得するなど、Lucky Strike B・A・R Hondaの好調ぶりはいささかも衰えていない。そしてチームは今週末、北米での2連戦を戦うべく、まずはカナダ・モントリオールへと向かう。

 今季の絶好調を見れば、念願のチーム初優勝がほとんど手の届くところまで近づいているのは間違いない。カナダGPはモントリオール市内ノートルダム島にある、ジル・ビルヌーブサーキットで行なわれる。Hondaはここに、大きくパワーアップした改良型エンジンを投入する。このバージョンはすでに5月中旬に南仏ポールリカールでテストされ、先週にはイタリア・モンツァでも仕上げのテスト走行が実施された。第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンが、火曜日からの3日間にわたって、約200周を走行。テスト2日目には、総合トップタイムを叩き出している。

 一方レギュラードライバーの2人は、シルバーストーンで行なわれた3日間のテストに参加。おもなテストメニューは、イギリスGPに向けてのタイヤ選択だった。佐藤は火曜日と水曜の午前中を走り、水曜日にはトップタイムを記録した。バトンは、水曜午後と木曜日を担当。最終日には109周を走り、有意義なデータを収集した。

 Hondaは5年連続して、モントリオール市内中心部のクレセントストリート・フェスティバルに参加する。今年は佐藤とバトンの両ドライバーが、10日木曜日に行なわれるオープニングセレモニーに参加する予定だ。フェスティバルでは、モントリオール・リハビリ・インスティチュートへの6万ドルの支援を目標とする、チャリティーオークションも開かれることになっている。オークションはクレセント通りで、午後5時15分から1時間。Hondaがこの先進的なリハビリ施設を支援するのも、今年で5年目となる。

 オークションには、F1に関する盛り沢山のアイテムが出品されることになっている。その目玉は、Lucky Strike B・A・R Hondaのカラーリングの施された、限定バージョンの2台のHonda製スクーター。ステージ上のバトンと佐藤が、それぞれのサインを書き加えることになっている。他にもB・A・Rファクトリー訪問を含んだイギリスGPへのVIPツアーもある。さらにバトンのサイン入りレーシングスーツとグローブ。そして昨年のB・A・R Honda 005マシンのリヤウィングパーツも、同じくサイン入りで出品される予定だ。

 Hondaカナダは、全世界の中で最も活動的なマーケットの一つである。アキュラとHondaの両ブランドを扱い、北米市場での重要な一翼を担っている。1969年に創設された同支社は、現在ではカナダでの5大自動車メーカーのひとつに数えられるまでに成長した。また2輪とATV(All Terrain Vehicles)では同国最大、汎用製品や船舶用エンジンでも最大級の規模を誇っている。

 Hondaは18年前から、同国で乗用車を生産して来た。現在、オンタリオ州アリストンの同拠点においては、年産39万台を誇る。これらはカナダ国内だけでなく、アメリカや日本を始めとする世界14カ国に輸出。また同社は国内55のパートナー企業から、今までに80億ドルものパーツおよび原材料を購入している。

コメント ページトップへ

ジェンソン・バトン
「ニュルではフリー走行までは完璧だったけれど、肝心の予選でちゃんと走れなければどうしようもないね。予選アタックが上手く行かず、結果的にレースも苦しむことになってしまった。とはいえ不満が残る走りだったと言いながら、表彰台に上がれたんだから、それだけ今のうちのチームは好調だということだね。カナダGPも、とても期待している。ミシュランタイヤはこのコースを得意としているし、マシンも適応できるはずだ。それにニューバージョンのパワフルなエンジンは、パワーサーキットのここではさらに大きな援軍になるよ。このコースは、車体のメカニカルな部分にも、かなりの高いレベルを要求する。長い直線が、低速コーナーやシケインで繋がったレイアウトなんだ。改良型エンジンは、僕らにとってかなりマージンになるはず。どれぐらい速くなるかは、実際に走ってみないとわからないけどね。今回の目標も表彰台だけど、チャンスがあればもちろん、ぜひ勝ちたいよ」

佐藤琢磨
「モントリオールの街は好きですね。歴史的な部分とモダンなところが同居していて、そのコントラストが面白い。ここのファンはとても熱狂的で、だから走っていても楽しいですよ。ここ数戦、チームはいっそう調子を上げていますから、北米2連戦は大いに期待しています。僕の初表彰台は、ぜひここで獲得したいですね。ここでのレース経験は一度しかありませんが、シケインや高い縁石、ヘアピンといった特性は、イモラに似ています。そしてあそこでの僕達も、非常に強かった。HondaはカナダGP用にパワーと信頼性を高いレベルで両立させたエンジンを投入するべく、ものすごい努力を傾けてくれました。それだけに期待は大きいし、2週間前のニュルで逃したものをぜひ取り返したいと強く心に誓っています」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「ニュルでの琢磨君のエンジントラブルに対しては、十分な対策を施しました。カナダ用エンジンのテストも十分です。シルバーストーン、モンツァの両サーキットでのタイムも良く、今週末のレースは大いに期待しています」

デビッド・リチャーズ Lucky Strike B・A・R Honda代表
「6週間で4つのレースというスケジュールは、ファンにとってはたまらないだろうが、チームには地獄だね。しかし今季5度目の表彰台を獲得し、カナダに向けた開発も極めて順調だった。北米2連戦に向けて、期待できる材料が揃っているね。われわれはコンストラクターズ選手権で3位につけているだけでなく、今季のレースを大いに面白くしているという自負がある。とはいえ現在チームに欠けているのは、2台ができるだけ多く完走してポイントを稼ぐことだ。それができていないために、ルノーにポイントで先行されてしまっている。しかしその差は縮まりつつあり、今の勢いが持続できれば、必ず目標は達成できると信じている」

ジェフ・ウィリス B・A・Rテクニカル・ディレクター
「前戦でまたも表彰台を獲得でき、次のカナダも良いレースができそうだ。ここに向けて車体側もいくつか改良を施したが、一番の変更点は何と言ってもエンジンです。ここでの目標はやはり表彰台、しかし一番重要なことは、2台揃ってポイントを獲得し、ルノーとの差を一気に詰めることだ。サーキットは高速ストレートと低速のシケインやヘアピンの組み合せだ。コーナーらしいコーナーは、2コーナー以降のいくつかだけと言っていい。ダウンフォースレベルは非常に低く、ブレーキング時の安定性と高速走行時の低ドラッグをいかに両立させるかが、セットアップのかぎになる。路面は非常にバンピーで、ほとんどレースが開催されないサーキットだけに、路面がきれいになるにつれ、グリップはどんどん変化する。トラクションとバンプ通過時の安定性が重要だし、ブレーキへの負担も軽視できない。また抜き場所が少ないから、予選グリッドそしてスタート直後の走りがとても重要になるだろう」

Circuit Gilles Villeneuve ページトップへ
ジル・ビルヌーブ・サーキット
6月13日決勝
サーキットデータ
名称 ジル・ビルヌーブ・サーキット
全長 4.361km
決勝 70ラップ(2003年)
市内を流れるセントローレンス川に浮かぶ、ノートルダム島に設けられたサーキット。1978年に初めてGPが開催された際に優勝した、地元の英雄・G.ビルヌーブの名を冠する。最終コーナーからホームストレート前のシケインまでがオーバーテイクポイントで、ほかにも多くの中速コーナーが配されている。
昨年度WINNER
M.シューマッハ(フェラーリ) 1:31'13.591
オンエア ページトップへ
フジテレビ系
「緊急生特番! 佐藤琢磨F1勝利へのカウントダウンSP!」
6月13日(日) 24:15〜25:10
「FORMULA1 WORLD CHAMPIONSHIP 2004」
予選 6月12日(土) 28:05〜28:55(一部地域を除く) ※最大29:30まで延長
決勝 6月13日(日) 25:20〜27:20 ※最大28:00まで延長

フジテレビ 721
「2004 F1グランプリ」
予選 6月12日(土) 24:50〜27:20(生放送)
決勝 6月13日(日) 25:15〜27:40(生放送)
予選 6月19日(土) 14:00〜16:20
決勝 6月20日(日) 14:00〜16:10
予選 6月24日(木) 27:00〜29:20
決勝 6月25日(金) 27:00〜29:10
※スカパー!、スカパー!2、ケーブルテレビで放送中

※放送日時は変更になる場合があります。最新の情報は、各放送局にお問い合わせください
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ