BBQにおすすめの海外料理(野菜編)
いつもと違うBBQを楽しみ隊!

更新日:2017.06.14

こいしゆうか
簡単に手に入る食材だけで作れる
BBQにおすすめの海外料理をご紹介!

こんにちは!こいしゆうかです。

1日中外で過ごすのが心地よい季節になり、週末に家族や友達とBBQを楽しむ機会も増えてきたのではないでしょうか。野外で会話をしながらの食事はとっても楽しいのですが、料理がワンパターン化しがちなのが玉にきず。

そこで今回は、マンネリを感じた際におすすめのBBQ料理をご紹介します。といっても、手の込んだものを作るわけではなく、ちょっと目線を変えて、海外の野菜料理を作ってみようと思います。海外の料理の中には、作り方や味付けが日本ではあまりなじみのないものがあるので、とっても手軽にいつもと違うBBQを楽しめるんです!
中には、下の写真のように「野菜を丸焦げになるまで焼く」なんて調理法の料理も。この野菜がどんな味になるのか、それだけでもちょっとワクワクしませんか?

企画の実施にあたり、BBQコーディネーターの方に、日本で簡単に手に入る食材だけで作れる、BBQにおすすめの海外料理レシピを4品紹介してもらいました。
これらを実際にキャンプ場で作って、BBQで多国籍料理を楽しんじゃおうと思います!

今回作った料理のレシピは、ページの最後にリンクを掲載しておきますので、作って見たいと思った方は、ぜひそちらもチェックしてくださいね。では、早速レポートしていきましょう!

噂の丸焦げ料理!
エスカリバーダ(スペイン風焼き野菜のマリネ)

まずは、野菜を黒焼きしてから外側をむいて食べるという、スペイン・カタルーニャ地方の伝統料理「エスカリバーダ」。日本でいう、焼きナスのような料理ですね。
冒頭で紹介した「野菜を丸焦げになるまで焼く」というのは、この料理のことでした。でも、実際にやってみたら想像以上。不安になるくらい丸焦げにします。

パプリカの表面にオリーブオイルを塗ったら、30分くらい炭火でじっくり焼いて真っ黒にします。

こ、これ大丈夫なの?
炭化してしまわないかな?

遠火でじっくり外側だけ焦がしてるから大丈夫…なはず。

見るからに苦そうだけど…。

網からあげて、焦げた部分をむくと…

なんか、中身がぷにゅぷにゅしてる!!

こ、これは!
中が蒸された状態になってる!

ナスと長ネギも同様に、「丸焦げ→焦げむき」したら、最後にワインビネガーやオリーブオイルで味付けをして完成。

わぁ!野菜の甘みがすごい出てる!
そのまま焼いただけなのに、蒸し焼きしたみたいになるんだね。おもしろーい!

これは、はじめて食べたなぁ。
じっくり焼くから時間はかかるけど、のんびり会話を楽しみながら野菜を焼いて楽しみたいね。

ワインビネガーでさっぱり仕上げているのもお肉に合いそう!
黒焦げだから苦いかと思ったら、全然違う。

甘辛がやみつきになる!
メキシカングリルドコーン(メキシコ風焼きとうもろこし)

お次は、メキシコ風焼きとうもろこし「メキシカングリルドコーン」。NYで人気に火がついたこの料理は、とうもろこしにマヨネーズを塗って、チーズとチリパウダーをかけるだけ。
たったこれだけで、いつものしょうゆ味の焼きとうもろこしとは全然別物になります!とうもろこしの甘さとチリパウダーの辛さがやみつきになる一品です。

皮付きの場合は、そのまま焼きます。

いまのところ、フツウの焼きとうもろこしだね。

皮付きの場合は、皮が少し焦げるくらいまで焼くんだって。

マヨネーズを塗って、もう一度軽く焼いたら、お次はチリパウダー!
辛いのがお好きな方はたくさん振りかけちゃいましょう。

チリパウダーをたくさんかけたほうがおいしいらしいから、いっぱいかけてみます!
オイラ、燃えちゃうぜ~!

……。
マヨネーズが接着剤代わりになるんだね。

どんな味なのか楽しみ!

最後にチーズをたっぷり振りかけたら完成。

甘辛!!おいしい!
いつものとうもろこしと全然違う、異国の風が!

とうもろこしの甘さとチリパウダーの辛さが癖になるね。次々いける。

チーズがまたコクを出してて、本当においしい!
お肉がなくても、これ単品でも十分うれしいランチになるかも!

おしゃれに楽しみたい方は
イタリアやトルコ風に!

上の2つの料理と比べるとパンチには欠けますが、おしゃれに海外気分を楽しみたい方には、これから紹介する2つの料理がおすすめ。味がさっぱりしているので、お肉との相性はバッチリです!

焼きカプレーゼ(イタリア風の前菜)

日本でもすっかりおなじみになった、イタリア南部カンパニア地方のサラダ「カプレーゼ」。本来は冷製ですが、今回はそれをグリルして、温かい料理にアレンジしてみました。

作り方はとっても簡単。トマトをくりぬいて、中にチーズとカットしたトマトを入れて焼くだけ。

とろ~りチーズと熱々のトマトで、冷製のカプレーゼと全然違う味わいになった!
前菜だけど温かいものが欲しい、という時なんかにも最高だね。

サラタス(トルコ風のサラダ)

トルコ式BBQは、焼いたお肉をサラダと一緒にパンに挟んで食べるのがポピュラーなのだそう。そんなトルコのサラダ、「サラタス」も作ってみました。

こちらも作り方は簡単。トマト、玉ねぎ、パプリカを細かくカットして、味付けするだけ!パンにお肉と一緒に挟んでいただきましょう。

うん、さっぱりしてる!
これなら肉の重さを感じずに、朝からでもパクパクいけちゃうかも。
ローストビーフと一緒に挟んで食べでも、おいしそう!

多国籍BBQ料理(野菜編)、
お気に入りはどれだ!?

一番のお気に入りは、メキシカングリルドコーンかな。
焼きとうもろこしって、すぐにお腹がいっぱいになっちゃうから苦手だったけど、これはなぜかどんどん食べられる!

僕は、エスカリバーダかな。
お肉ばかり食べていると、ちょっと胃もたれする年になってきたからね(笑)。

あまりなじみがない料理って、作っている時に味がイメージできないから面白いね。

そうだね。
作り方や味付け、食べ方が違うだけで、
野菜の料理がすごい楽しく感じたよ。

グリルを囲んで、会話をしつつ楽しむのもBBQの醍醐味。
「何ができるの?」「どんな味がするんだろう?」
みんなが知らない料理は、きっと会話を盛り上げてくれはずです!
BBQにマンネリを感じた際は、ぜひ作ってみてくださいね。

おまけ

炭の置き方とグリルの片付けのコツ

最後に、レシピを教えてくれたBBQコーディネーターの方に聞いた、BBQをする際の炭の置き方と片付けのポイントを簡単にご紹介します。

【炭の置き方】

グリル全面に炭を置いてしまいがちですが、炭は半分に寄せて置きましょう。 こうすることで、遠火にするなど火力を調整することができます。
また、蓋付きグリルや、網の高さが変えられるグリルもおすすめです。

【片付けのコツ】

グリルが温かいうちに金タワシなどで乾拭きすると、お肉から出た脂分を燃やしてくれ、ベト付きを取ることができます。水洗いをする前にやりましょう。
(やけどにご注意ください。革手袋など必須です。)

今回作った料理

エスカリバーダ

メキシカングリルドコーン

焼きカプレーゼ

レシピ監修:中村 圭一(「旅するBBQ Smore(スモア)」代表)

今回の遊び場

有野実苑オートキャンプ場
〒289-1222 千葉県山武市板中新田224
http://www.arinomi.co.jp/

※このコンテンツは、2017年6月の情報をもとに作成しております。