MENU

HONDA

検索

先進設計 2

Honda独自開発の
自然層流翼と自然層流ノーズ
Honda独自開発の
自然層流翼と自然層流ノーズ

「層流」とは、翼などの表面における空気の流れ (境界層) がスムーズな状態のことで、「乱流」よりも空気の摩擦抵抗が大幅に小さくなります。独自開発された、HondaJetの自然層流翼と自然層流ノーズの形状は、その表面に自然に流れる「層流」の境界層が高速飛行時においても広く保たれるように工夫されていて、HondaJetの速度と燃費のさらなる向上に貢献しました。

層流は外板やリベットのわずかな凹凸で容易に失われます。HondaJetでは、リベットの数や位置を最適にするとともに主翼にはアルミ一体削り出しスキン (外板) を用いて 凹凸を極小にすることで、高速飛行時にも有効な自然層流翼および自然層流ノーズにしています。