MENU

HONDA

検索

AT小型限定
普通二輪免許

AT小型限定普通二輪免許で乗れるのは オートマチック車限定 で 排気量125cc までのバイクです。
近所から少し足を伸ばした距離まで
行動範囲が広がります。

AT二輪車とは・・・ クラッチ操作を必要としないスクーターを中心とした二輪車です。
「オートマチック・トランスミッション、その他のクラッチ操作を要しない機構がとられており、クラッチ操作装置を有しない大型自動二輪車または普通自動二輪車」(道路交通法)をさします。
AT限定二輪免許とは・・・ AT二輪車のために設定された免許で、運転できるバイクはAT二輪車のみとなります。
MT(マニュアル)車と違いクラッチ操作が不要なため、技能教習時間も少なく設定されています。

AT小型原付普通二輪免許で乗れる 125cc以下 のバイクをご確認ください。

  • 排気量
    〜125cc
  • 年齢
    16歳〜
  • 二人乗り
    OK
  • AT車限定

取得可能年齢:16才~
取得方法:運転免許センター(試験場)等での受験
注)地域によって異なります。
原付免許は、学科試験と実技講習の受講で取得することができます。

AT小型限定普通二輪免許を取得する方法

原付免許以外の二輪免許を取得する場合は、次の2通りの方法があります。

免許取得までの流れ

01 教習所を利用する

試験場で、必ず行われる簡単な身体検査です。
公道を走行するために必要な内容を検査するもので、この検査で「不適性」とみなされた場合、免許交付の資格が与えられません。

02 運転免許試験場でのダイレクト受験

実技・学科とも、運転免許試験場での受験です。

原付免許や普通四輪免許を持っている場合は、教習所での教習内容や教習時間数、免許試験での受験内容などが変わる場合があります。

教習所の教習内容

  • [入学資格]

  • 16歳以上
    視力検査(両目で0.7以上 他 ※メガネ、コンタクト使用可)
    色彩識別検査、運動能力検査、聴力検査
  • 01 適性試験

  • 性格など、運転適性の検査です。

  • 02 学科試験

  • 交通法規や安全運転のマナーなど、運転に必要な知識を2段階制で学びます。
    また、全ての学科教習修了後、理解度を測る試験(効果測定)があります。

    ※普通自動車免許を所有している人は、二輪特有の交通法規や安全運転マナーを1時間だけ受講します。

  • 03 技能教習

  • 教習所のコースを使って、実際にバイクを運転しながら、知識と技術を学びます。
    2段階制で、各段階ごとに運転技能を測る試験(みきわめ)があります。
    1段階:「走る」「曲がる」「止まる」といった基本操作の練習
    2段階:交通ルールに従った基本走行と、運転に伴う危険を予測した運転の練習

    (卒業検定でポイントとなる課題例)

    • 直進狭路
    • 通称「一本道」と呼ばれる、幅30cm長さ15mの細い板の上をバランス良くゆっくり走行する課題[目標通過タイム:5秒以上]
    • 急制動
    • 時速30km以上で走行し、ブレーキをロックさせることなく短距離で停止する課題[目標停止距離:路面乾燥時 8m以内]

  • 04 卒業検定
    (技能試験)

  • 試験官立会いによる、運転技能試験です。
    教習所内に設定された検定コースを運転し、試験官による採点を受けます。

    70点以上で合格! ※持ち点100点からの減点方式

卒業

原付免許や普通四輪免許を持っている場合は、教習内容や教習時間数が変化します。詳しい教習内容や、受講費用などは、お近くの教習所にご確認ください。

卒業したら免許試験を受けに行こう!

免許の申請手続きに必要な物/費用

  • 住民票の写し(発行後6ヶ月以内。本籍地の記載があるもの)
  • 顔写真(撮影後、6ヶ月以内。タテ30mm×横24mm)
  • 筆記用具(HB以上の鉛筆、消しゴム 等)
  • 印鑑(認め印で可)
  • メガネ、コンタクトレンズ(視力矯正が必要な人の場合)
  • 運転免許申請書(試験場にあります)
  • 受験票(試験場にあります)
[費用]
教習所
卒業者
受験料 1,750円
交付
手数料
2,050円 合計 3,800円
[費用]
ダイレクト
受験者
受験料 2,600円
試験車
使用料
1,450円
交付
手数料
2,050円
取得時
講習料
12,000円
応急救護講習料 4,200円 合計
22,300円

※記載費用は、法令で定める標準額です。
詳しくは、各都道府県公安委員会または運転免許試験場、免許センターにご確認ください。

免許取得までの流れ

01 適性試験

試験場で、必ず行われる簡単な身体検査です。
公道を走行するために必要な内容を検査するもので、この検査で「不適性」とみなされた場合、免許交付の資格が与えられません。

視力検査(両目で0.5以上 ※メガネ、コンタクト使用可)
色彩識別検査、運動能力検査、聴力検査(補聴器使用可)

02 学科試験

正しい交通ルールやマナーについての試験です。(試験時間 30分)
※普通免許(四輪)所持者は免除

文章問題 90問 交通ルールを中心とした
問題です。
イラスト問題 5問 イラストをみて答える
危険予知の問題です。
95問中、90%以上正解で
合格!

03 技能試験

検定コースを運転し、運転技術を習得しているかを確認する試験です。
※指定教習所で卒業検定を合格した人は免除

合格

04 取得時講習

運転に係る危険の予知や、正しく安全に乗るための乗り方や知識を学びます。(実技 3時間)
※指定教習所で卒業検定を合格した人は免除

05 応急救護講習

交通事故現場での負傷者を救護するために必要な応急処置を学びます。(座学 3時間)
※指定教習所で卒業検定を合格した人は免除

免許交付