天野 三三雄 氏
月刊『Basser』編集長
天野 三三雄 氏
大学在学中に季刊『Basser』の編集アルバイトとして参加。 その後、スポーツ紙釣り欄担当を経てつり人社入社。月刊『つり人』副編集長を経て、2009年より月刊『Basser』編集長を務める。『アオリイカ地獄』、『ロックフィッシュ地獄』、『シーバス地獄』などソルト系ムックの編集長も兼務。釣りはルアー全般のほかハゼ、カワハギ、カレイなど江戸前の釣りを好む。

ロックフィッシュの別天地が輝くとき

寒さ厳しい北海道だが、その分、夏はどこよりも快適でどこよりも輝く。
トラウトをはじめ多彩な魚たちがねらえる釣り天国だが、ロックフィッシュ(根魚)も負けてはいない。とくにアイナメは40cmオーバーがアベレージであり、本州で磨いたテクニックを試すには最適といえる。
夏場のアイナメは体力も回復してもっともパワフル。カニなどの甲殻類のほかイワシなどのベイトフィッシュも追う
夏場のアイナメは体力も回復してもっともパワフル。カニなどの甲殻類のほかイワシなどのベイトフィッシュも追う
プランとしては本州から新千歳空港に入り、ここでレンタカー(ステップ ワゴンなどタックルが積めて、シートアレンジで仮眠も取れるタイプがおすすめ)を利用するのが一般的。どこまでも続く地平線と新緑に染まった北の大地を駆け抜けるだけでも最高のドライブになるだろう。

釣り場は各地にあるが、とくに夏場は日本海側が穏やかな表情を見せてくれる。とりわけ新千歳空港からほど近く、途中、小樽などの観光地にも立ち寄れる積丹半島への釣行はいかがだろうか。

碧い海と豊かな海藻

地磯からの釣りゆえ、飛距離の出るロングロッドが必要。また、ヘビーウエイトのシンカーが扱え、大型魚も抜けるヘビーアクションであることも求められる
地磯からの釣りゆえ、飛距離の出るロングロッドが必要。また、ヘビーウエイトのシンカーが扱え、大型魚も抜けるヘビーアクションであることも求められる
積丹半島では整備された海岸沿いに駐車スペースがいくつも設けられている。漁港周り、道路沿いでも釣果は期待できるが、やはり地磯のほうが魚も多く、また地形変化に富んでいるためゲーム性も高い。
タックルは大型アイナメを想定したヘビーテキサス用のロックフィッシュロッド。陸っぱりで遠投するため7ft台後半から8ft台のロングロッドが有利である。ラインは操作性に優れ感度も高いフロロカーボンの16~20Lb。20Lb近いラインと頑強なロッドを使っていれば足場が高くない限り玉網も要らず、抜き上げることができる。リリース前提ならクーラーボックスも不要なので軽装備になり、結果、地磯をラン&ガンできるから釣果も伸びるはずだ。
ソフトベイトは甲殻類を模したホッグ系やクロー系と、ベイトフィッシュを模したシャッドテール系やピンテール系など。本州ではまずお目にかかれない立派なコンブ林の中にアイナメが潜んでいることが多いので海草周りを重点的に探り、砂地の所々に点在する小さなハエ根も丹念に探ろう。

基本動作はリフト&フォールだが、リフトする高さや速さ、カーブフォールさせる幅や時間、ステイさせる間などは組み合わせによって何通りもあるから、その日の当たりパターンを探す面白さがある。
また、時期的にイナダ(ブリ)やサバといった回遊魚ボイルも多いことから、PEラインを巻いたスピニングタックルとメタルジグも忍ばせておくと出番があるだろう。
アイナメはこのくらいの大きさがアベレージで、50cmオーバーも珍しくない
アイナメはこのくらいの大きさがアベレージで、50cmオーバーも珍しくない
アイナメにそっくりなホッケも陸っぱりで釣れる
アイナメにそっくりなホッケも陸っぱりで釣れる

夜のライトロックも楽しい!

アイナメは暗くなると途端に釣れなくなる完全な昼型の魚だが、夜になると面白くなる根魚も多い。その代表格が現地で"ガヤ"と呼ばれるエゾメバルクロソイである。
こちらはサイズを問わなければ、明かりがある漁港ならどこでも食ってくる。いわゆるメバルタックルでボトムから表層まで探り、当たりのタナを探り当てよう。
夜は明かりつきの漁港でライトゲームが楽しい
夜は明かりつきの漁港でライトゲームが楽しい
ちなみにエゾメバルは見た目はクロメバルにそっくりながら、現地ではあまり人気が高くない。しかしクロメバル以上にルアーへ反応し、サイズも尺くらいまで育ち、実は食味も悪くない。おそらく北海道以外から来たロックフィッシュアングラーは、なぜこの魚の人気が高くないのか不思議に思うだろう。
手の平サイズのクロソイが入れ食いになる。ボトムだけではなく、活性が高ければトップにも出るから驚きだ
手の平サイズのクロソイが入れ食いになる。ボトムだけではなく、活性が高ければトップにも出るから驚きだ
このように地磯、堤防、漁港、そして日中も夜間もロックフィッシュ三昧で楽しめるのが夏の北海道の魅力である。観光+釣り、あるいはロックフィッシュ+トラウトといった楽しみ方もあり。いずれにしても、+ドライブの爽快さも味わえることは間違いないだろう。
今回ご紹介したエリア
北海道/積丹半島のアイナメMAP
アクセス
東京方面からは羽田空港から新千歳空港へ。現地でレンタカーを借り、積丹半島までは約3時間のドライブ
※このコンテンツは2012年6月の情報をもとに作成しております。

アイナメについてもっと見てみよう!