MENU

HONDA

検索

走行性能

エンジン

市街地でキビキビと気持よく走行できるトルクフルな特性を持つパワーユニット。

エンジンは、低・中回転域で力強いトルク特性を発揮する745cm³・水冷4ストローク直列2気筒。DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備し、シフト操作の自動/手動を選択可能としている。また、ローレシオのトランスミッションギアを採用し、信号の停止や発進などが多い市街地でも機敏な加速感を追求。さらに、DCTのDモード、Sモードでは低いギアを活用し、アップダウンやコーナーが多い郊外などのワインディングで、よりスポーティーなライディングフィールを楽しめるセッティングとしている。

エンジン透視イメージ(CG)

G-スイッチ

DCTのオフロード走破性をさらに追求。

よりオフロード走行を積極的に楽しむためにG-スイッチを採用。G-スイッチがONの時は、クラッチ制御をレスポンス重視の特性に切り替え、スロットル操作によるピッチング方向の姿勢制御やテールスライド等のオフロード走行時に重要な車体コントロールを可能とした。

Honda セレクタブル トルク コントロール

ライダーが後輪への駆動力のレベルを選択できる
Honda セレクタブル トルク コントロール。

後輪への駆動力のレベルを必要に応じて任意に選択できるHonda セレクタブル トルク コントロールを装備。左手元のハンドル上部に配置されたレベル切替スイッチで、ライダーによる後輪駆動力のレベル選択(2レベル+オフ)が可能。レベル設定オンの状態では走行中、前・後輪の回転差を感知し、そこから算出したスリップ率がライダーの選択した所定のレベル以上となった場合、ECUが後輪のタイヤがスリップしたと判断し、燃料噴射を最適にコントロール。エンジントルクの最適化により後輪駆動力を抑制する。システム作動時はメーターパネルのインジケーターの点滅で、システムが作動していることを知らせる。

※Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。Honda セレクタブル トルク コントロールはあくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。

冒険心に応える
タフな脚回り。

サスペンション

ライダーの好みに調整できるフロントサスペンション/リアサスペンション。

市街地からフラットダートまで、幅広いシーンでの走る楽しさを追求したサスペンション。フロントは、インナーチューブ径φ41mmの倒立タイプ。リアは、プロリンク方式を採用。また、フロント、リア共にプリロード調整機構を採用し、乗員数や積載量の変化による車両姿勢をライダーの好みに調整可能。さらにフロントは、減衰力調整機構(伸び側)を採用し、より好みに合った乗り心地にセッティング可能としている。

スタイリッシュな外観と、軽快な走行を実現した新設計スイングアーム。

クロス部を中空構造、アーム部をコの字断面とした、軽量で高い路面追従性を追求した一体型アルミスイングアームを新設計。都会にマッチするスタイリッシュな外観を持つと共に、市街地はもちろん、荒れた舗装路やフラットダートなどでの軽快な走行に寄与している。

アルミスイングアーム(イメージCG)

Africa Twinでも
採用している
フロントブレーキシステム。

フロントブレーキには、アドベンチャーモデルのCRF1000L Africa Twinにも採用されているラジアルマウント式の対向4ポッドブレーキキャリパー+ダブルディスクを採用。さらにABSを標準装備している。

※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

アドベンチャーの
テイストを引き立てる
ホイール&タイヤ。

しなやかで軽快な走りを追求し、アドベンチャーテイスト溢れるアルミ製のスポークホイール(ステンレススポーク、チューブレス仕様)とブロックパターンタイヤを採用。フロントは走破性に寄与する17インチ、リアはラゲッジスペースの容量との両立を図った15インチのホイールを装着。また、L型タイヤバルブにより、日常の空気圧チェックや空気充填時のメンテナンスのしやすさにも配慮している。

ダイレクトな駆動力を感じられるチェーンドライブ方式。

駆動方式にはダイレクトな駆動力を感じられるチェーンドライブ方式を採用。市街地での機敏な走りや、ワインディングでのスポーティーな走り、フラットダートなどでの軽快な走行に寄与している。また、チェーン全体をカバーするドライブチェーンケースにより、車両を押し引きする際に、衣類などにチェーンの汚れがつきにくく、都会での使い勝手にも配慮している。


  • 写真はすべて海外仕様車です。 ※写真はすべて海外で撮影したものです。 ※写真は一部合成によるものです。