MENU
HONDA
検索

Round18マレーシアマレーシアGP

Moto2

2019.11.02(土)

セパン・インターナショナル・サーキット

第18戦 マレーシアGP

マルケスが今季6度目のポールポジション、長島哲太は2番手

Moto2クラスは、タイトル王手のアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が今季6回目のポールポジション(PP)を獲得しました。今日のフリー走行は2番手でしたが、決勝に向けて着実にセットアップを進めました。今大会でマルケスがタイトル獲得の条件は、ランキング総合2位のトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)、総合3位のブラッド・ビンダー(Red bull KTM Ajo)、総合4位のホルヘ・ナバロ(Beta Tools Speed Up)に先着し、2位以下に25ポイント差をつけること。MotoGPクラスのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)との兄弟チャンピオンが実現すれば、14年のMotoGPクラス&Moto3クラス以来、2度目の快挙達成となります。

フリー走行から好調だった長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)が今季3回目のフロントローを獲得しました。今大会はアベレージもよく、念願の初表彰台獲得の期待が膨らみます。3番手には、前戦オーストラリアGPで今季3勝目を挙げたビンダーで、フロントローに並んだ3人の優勝争いが注目されます。

以下、4番手にチャビ・ビエルゲ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)、5番手に逆転チャンピオンに気合を入れるルティ、2戦連続で表彰台に立ち、初日トップタイムをマークしたホルヘ・マルティン(Red bull KTM Ajo)が6番手と続きました。

以下、サム・ロース(Federal Oil Gresini Moto2)が7番手、マルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)が8番手、レミー・ガードナー(ONEXOX TKKR SAG Team)が9番手、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が10番手でした。

今季ベストリザルトに闘志を燃やすソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia8)は18番手でしたが、前戦オーストラリアでのレースのペナルティーが科せられ、21番グリッドから決勝に挑みます。チャントラは、フリー走行で15番手に終わり、Q1からの予選となりました。その後、Q1で4番手につけてQ2進出を果たしましたが、断続的に小雨が降る難しいコンディションの中でタイムを伸ばすチャンスを逃しました。チームメートのディマス・エッキー・プラタマは27番グリッドを獲得。ともに今季ベストリザルトに挑みます。

コメント

アレックス・マルケス(Moto2 ポールポジション)
アレックス・マルケス「コンディションが不安定でとても難しい予選でした。Q2が始まってすぐに雨が少し降り始めたので、路面をチェックしながらいいタイムが出すことを心がけました。しかし、自分よりいいタイムを出している選手が何人かいたので『プッシュしなければならない』と思いました。それが結果としてPP獲得につながりました。リズムはよくて、FP3でかなり改善することができました。タイムもペースも接近しています。明日の決勝は、いいスタートを切って、序盤からプッシュして、自分のペースをつかめるようにがんばらなければなりません。まだ完全ではありませんが、優勝争いができると思います。明日もレースを楽しみたいと思います」

長島哲太(Moto2 2番手)
長島哲太「PPを取れると思っていたので悔しいです。最終コーナーでバスティアニーニにひっかかり、1コーナーでなんとか抜いたのですが、止まりきれませんでした。アレックスとビンダーがアベレージのペースがよく、ちょっと差をつけられています。明日の決勝でこの2人と戦うには、もうちょっとアベレージを上げなくてはいけません。明日は暑くても、不安定な天候でも、やるしかないという気持ちです。いいレースをする自信があります」

ブラッド・ビンダー(Moto2 3番手)
ブラッド・ビンダー「とてもポジティブな日でした。フロントローを獲得できてうれしいです。コース上はかなり混んでいて、クリアラップのチャンスがなくて残念でした。でも全体的にはいい結果でした。コンディションは複雑でしたが、フロントローを獲得できて、とてもうれしいです。明日はスタートからプッシュしてがんばりたいです」

チャビ・ビエルゲ(Moto2 4番手)
「今日の仕事にはとても満足しています。FP3でいいペースがありました。明日のレースに向けて準備は万端です。予選は序盤に雨が少し降りましたが、路面温度が高かったために、ドライと同じように走行することができました。それを理解するのに少し時間がかかりました。最初の2周はとてもうまくいきましたが、そのあとみんなも速くなってきてポジションを落としました。とにかく2列目を獲得できてうれしいです。明日のウォームアップでは、決勝に向けてしっかり準備をしたいです。最後のラップまで楽しみたいと思います」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 18番手)
ソムキャット・チャントラ「もっといい順位を期待していましたが、今日はしっかりと働けたのでハッピーです。FP3では、もう少しでダイレクトで(予選)Q2進出を果たせそうでした。Q1では転倒しましたが、その前にいいタイムを出していたのでQ2に進むことができました。Q2では問題が発生し、コースに戻ったときには雨が降り出していて、それ以上タイムを更新できませんでした。しかし、明日のレースに向けて準備はできています。全力を尽くします」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 27番手)
ディマス・エッキー・プラタマ「今日は決勝を想定してプランを進めました。またマシンに自分のライディングを合わせられるように努力しました。自信を取り戻しつつあります。ラップタイムも大きく改善されました。トップのライダーたちに少し近づくことができました。明日はレースを完走することに集中し、いい結果を得られるようにがんばります」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム
173アレックス・マルケスKALEX2'05.244
245長島哲太KALEX2'05.395
341ブラッド・ビンダーKTM2'05.559
497チャビ・ビエルゲKALEX2'05.695
512トーマス・ルティKALEX2'05.714
688ホルヘ・マルティンKTM2'05.731
722サム・ロースKALEX2'05.735
823マルセル・シュローターKALEX2'05.792
987レミー・ガードナーKALEX2'05.888
1010ルカ・マリーニKALEX2'05.938
1121ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP2'05.956
1227イケル・レクオナKTM2'05.959
1362ステファノ・マンシィMVアグスタ2'06.070
1433エネア・バスティアニーニKALEX2'06.077
159ホルヘ・ナバロSPEED UP2'06.126
162イェスコ・ラフィンNTS2'06.308
1740アウグスト・フェルナンデスKALEX2'06.515
1835ソムキャット・チャントラKALEX2'06.807
以下Q1
1911ニッコロ・ブレガKALEX2'06.143
205アンドレア・ロカテリKALEX2'06.263
2172マルコ・ベツェッキKTM2'06.267
227ロレンソ・バルダッサーリKALEX2'06.324
2364ボウ・ベンドスナイダーNTS2'06.363
2477ドミニク・エガーターMVアグスタ2'06.510
2516ジョー・ロバーツKTM2'06.746
2654マティア・パシーニKALEX2'06.924
2720ディマス・エッキー・プラタマKALEX2'07.058
2896ジェイク・ディクソンKTM2'07.245
2965フィリップ・エッテルKTM2'07.756
303ルーカス・ツロヴィッチKTM2'07.764
3147アダム・ノロディンKALEX2'07.851
3218シャビ・カルデルスKTM2'08.432

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第18戦 マレーシアGP Moto2 予選

ニュース