MENU

HONDA

検索

Round13サンマリノサンマリノGP

MotoGP

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ

第13戦 サンマリノGP

Honda、2年ぶりの大会制覇を目指す

第13戦サンマリノGPが、9月13日(金)~15日(日)の3日間、イタリアのアドリア海に面したミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催されます。このサーキットは、2011年のマレーシアGPにおいて、不慮の事故で亡くなったマルコ・シモンチェリ選手に敬意を表し、12年にミサノ・サーキットから現在の名称へと変更されました。

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ(以下ミサノ・サーキット)は、1993年にイタリアGPが開催されたのを最後に、2006年までグランプリの舞台から外れ、サンマリノGPも93年のムジェロを最後に開催が中断されていました。しかし、07年にミサノ・サーキットはコースの全面改修を受け、14年ぶりにグランプリの舞台として復活。同時にサンマリノGPも復活し、今年で13年目を迎えます。

ミサノ・サーキットは従来左回りのコースでしたが、07年の大改修で右回りに変更されました。そのときのコース全長は4.180km。08年にはコースの一部が改修され、4.226kmに延長されました。

低中速のコーナーが連続するテクニカルコースで、リズミカルな走りを要求されます。Honda勢としては、直近12年の大会で、10年にダニ・ペドロサが勝利、15年は“フラッグ・トゥ・フラッグ”の難しいレースとなる中、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が大会初制覇を果たしました。16年はペドロサが6年ぶり2度目の優勝を果たし、17年はウエットコンディションの中でマルケスが2度目の大会制覇を果たしました。昨年はマルケスが2位。優勝を逃しましたが、今年は2年ぶりの大会制覇に挑みます。

第12戦イギリスGPを終えてマルケスは、6勝を含む11回の表彰台に立ち総合首位に立ち、総合2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に78点差をつけてサンマリノGPを迎えます。

サンマリノGPでマルケスは、10年に125ccクラスで優勝、11年と12年にはMoto2クラスで優勝しています。最高峰クラスでは、MotoGPにデビューした13年に2位。14年は転倒を喫し、再スタートを切って15位。15年はMotoGPクラスで大会初制覇、16年4位。17年に2度目の優勝を果たしています。昨年は2位と優勝を逃しましたが、着実な走りで表彰台に立ち3年連続5回目のタイトル獲得に大きな弾みをつけました。今年もタイトル獲得の期待が寄せられるマルケスにとっては、一戦一戦が重要な戦いとなります。

総合9位につけるカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)は、2年連続表彰台獲得と今季3回目の表彰台獲得に挑みます。ホームGPとなった前戦イギリスGPは、気温と路面温度が高く、タイヤのパフォーマンスを100%引き出せない厳しい戦いとなりました。しかし、イギリスGP後にミサノ・サーキットで行われた2日間のテストで、今大会の準備を進めました。

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、得意とするミサノ・サーキットでベストリザルトを目指します。Moto2時代には、13年2位、15年と16年に3位と3度の表彰台に立っています。前戦イギリスGPも中上が得意とするサーキットの一つでしたが転倒を喫し、再スタートを切るも17位と悔しい結果に終わっています。今大会はその雪辱に挑みます。

ケガからの復帰2戦目となるホルヘ・ロレンソ(Repsol Honda Team)が、今季ベストに挑みます。フリー走行の転倒でケガをしたオランダGPを含め4戦を欠場しました。復帰戦となった前戦イギリスGPでは、体調が万全ではありませんでしたが、粘り強い走りで14位でチェッカーを受けました。2週間前に行われたミサノ公式テストも初日を走っただけでテストを切り上げましたが、体調の回復に合わせ着実に前進して行く意気込みです。過去、ミサノ・サーキットでは4回のポールポジションと3勝を挙げています。今大会、どんな走りを見せてくれるのか。ロレンソの走りに注目です。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 総合1位)
「イギリスGPで力強いレースをして、その後、ミサノで有意義なテストを行い、いいかたちでミサノにくることができました。テストではたくさんのことにトライしました。19年型マシンがミサノでどのように機能するか理解することもできました。レースウイークに向けて自信はあります。テストが行われた後の大会ということで、強いライバルがいます。いつものようにレースに取り組みますが、僕たちには僕たちのプランがあります。それに沿って仕事をこなします。日曜日が楽しみです」

カル・クラッチロー(MotoGP 総合9位)
「昨年のミサノでは、表彰台に上がることができました。今年も同じような結果を繰り返せるよう願っています。2週間前にミサノでテストを行ったときの目標はマシンのフィーリングを改善させることでした。いいベースのセッティングを見つけるために、たくさんのことにトライしました。テストではタイムアタックにはあまり取り組みませんでしたが、テストで行ったことが役立つことを願っています」

中上貴晶(MotoGP 総合12位)
「シルバーストーンのあと、ミサノで有意義なテストを行うことができました。テストでは、レースに向けて集中して取り組みました。ミサノのサーキットは、マシンのフィーリングを見つけることが簡単ではありません。しかし2日間のテストでかなりいいフィーリングになりました。いつものようにLCR Honda IDEMITSUはすばらしい仕事をしてくれました。そのおかげでポジティブな気持ちでレースに向かうことができます。暑くなれば、グリップの厳しいレースウイークになると思います。シルバーストーンはノーポイントで終わったので、今回はポイント圏内でフィニッシュしたいです」

ホルヘ・ロレンソ(MotoGP 総合19位)
「日に日に回復していることを感じます。トレーニングも次第にハードにできるようになっています。また、今大会まで時間があったのも自分にはよかったと思います。早くマシンに乗って、体力がどこまで回復しているのかを知るのが楽しみです。テストでは、すべてこなすことはできませんでしたが、レースウイークをいいかたちでスタートするためのインフォメーションを得ることができました。ミサノは相性のいいサーキットですが、今週末も前とのギャップを縮められることを願っています」

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第13戦 サンマリノGP MotoGP プレビュー

ニュース