MENU
HONDA
検索

Round10チェコチェコGP

Moto2

2019.08.02(金)

オートモトドラム・ブルノ

天候:曇り
気温:24℃
コースコンディション:ドライ

ディ・ジャンアントニオがトップ。長島が3番手

し烈な戦いが続くMoto2クラスは、今大会もトップから1秒差に18台という大接戦になりました。トップタイムをマークしたのはファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Beta Tools Speed Up)で、Moto2クラスでは初のトップタイムとなりました。2番手にはニッコロ・ブレガ(SKY Racing Team VR46)で今季のベストリザルト。3番手には、FP1で初のセッショントップタイムをマークした長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)で、2日目の予選では、初のフロントロー獲得はもちろんのこと、イタリアGPの7番グリッドを越えるベストグリッドが期待されます。

4番手にはマルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)で、FP1で22番手と大きく出遅れましたが、FP2でその遅れを取り戻しました。5番手には総合3位につけるアウグスト・フェルナンデス(Flexbox HP 40)、6番手には総合2位のトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)、7番手に総合首位のアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)、8番手にはホルヘ・ナバロ(Beta Tools Speed Up)、9番手にサム・ロース(Federal Oil Gresini Moto2)と続き、ここまでがトップと0.283秒という厳しい戦いになっています。

今大会、ケガから復帰のソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)は、初めて経験するブルノでまずまずの走りを見せました。FP1で20番手につけると、全体的にタイムが上がったFP2でも21番手と順調にコース攻略を果たしました。チームメートのディマス・エッキー・プラタマも、チャントラ同様、ケガからの復帰戦となりましたが、FP1を終えて体調不良を訴え、今大会をキャンセルすることになりました。

コメント

ニッコロ・ブレガ(Moto2 2番手)
「今日はFP1からとてもポジティブなフィーリングがありました。チームといい仕事ができたと思います。引き続きこの調子でセットアップを進め、がんばりたいです。ブレーキングをもう少し改善する必要があります。マシンがかなりスライドしていますが、でも正しい方向に進んでいると思います」

長島哲太(Moto2 3番手)長島哲太
「一発のタイムもアベレージも悪くないので、いい一日になりました。毎年、8耐からの乗り換えで初日は苦労しますが、今年は乗り換えもスムーズで、正直、思っていたよりタイムがよかったと思います。8耐では、長丁場の戦いなのでとにかくスムーズに乗ることが重要になります。今日は、耐久の走りになっていたと思うのですが、それが結果的にコンディションの悪い路面で活きたのではないかと感じています。明日も引き続き、このフィーリングを忘れずに周回したいと思います」

マルセル・シュローター(Moto2 4番手)
「FP1はハードタイヤで走行を開始しましたが、このセッションでほとんどのライダーがソフトタイヤを使っていたことに驚きました。そのため22番手でしたが、FP2ではソフトタイヤを使いFP1より1.8秒もタイムを短縮しました。セッションが終了すると、僕は4番手でした。このサーキットはとても長いので、小さなことがラップタイムに大きく影響します。セッティングは悪くありません。引き続き、マシンのセットアップが進めば、明日はもう少しいいタイムが出せると思います」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 21番手)ソムキャット・チャントラ
「初めて走るブルノの初日としては、とてもよかったと思います。今日の結果には満足しています。手術をした左手首は、まだ痛みもあり体調も万全ではありませんが、シケインやアップダウンを十分に楽しむことができました。明日も引き続き、このファンタスティックなサーキットをしっかりと学び、攻略したいと思います」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 31番手)ディマス・エッキー・プラタマ
「何をどういっていいのかわかりませんが、とても残念で、チームに対して申し訳ない気持ちです。サマーブレイクの間、インドネシアでしっかりとトレーニングをしてきました。FP1が終わった後、首と頭に少し痛みを感じましたが、ドクターのマッサージを受ければ大丈夫だろうと思いました。しかし、入念な検査の結果、回復が十分ではなく、今週末のレースに出場できないことを告げられました。来週、オーストリアでMRI検査を受け、レースに出るかどうかを判断します」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
121ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP2'01.695
211ニッコロ・ブレガKALEX+0.035
345長島哲太KALEX+0.063
423マルセル・シュローターKALEX+0.190
540アウグスト・フェルナンデスKALEX+0.191
612トーマス・ルティKALEX+0.207
773アレックス・マルケスKALEX+0.268
89ホルヘ・ナバロSPEED UP+0.278
922サム・ロースKALEX+0.283
1010ルカ・マリーニKALEX+0.407
1141ブラッド・ビンダーKTM+0.418
1254マティア・パシーニKALEX+0.562
1333エネア・バスティアニーニKALEX+0.567
147ロレンソ・バルダッサーリKALEX+0.598
1587レミー・ガードナーKALEX+0.675
165アンドレア・ロカテリKALEX+0.840
1764ボウ・ベンドスナイダーNTS+0.840
1897チャビ・ビエルゲKALEX+0.851
1996ジェイク・ディクソンKTM+1.029
2027イケル・レクオナKTM+1.036
2135ソムキャット・チャントラKALEX+1.102
2288ホルヘ・マルティンKTM+1.139
2377ドミニク・エガーターMVアグスタ+1.154
2472マルコ・ベツェッキKTM+1.204
2516ジョー・ロバーツKTM+1.420
2662ステファノ・マンシィMVアグスタ+1.529
273ルーカス・ツロヴィッチKTM+1.719
284スティーブン・オデンダルNTS+1.756
2965フィリップ・エッテルKTM+2.638
3089カイルール・イダム・パウィKALEX+2.802
3120ディマス・エッキー・プラタマKALEX+3.805
3218シャビ・カルデルスKTM+3.896

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第10戦 チェコGP Moto2 フリー走行

ニュース