MENU
HONDA
検索

Round07カタルニアカタルニアGP

Moto2

2019年6月16日(日)・決勝
天候:晴れ
気温:26℃
コースコンディション:ドライ
観客:9万1734人(3日間:15万7827人)

バルセロナ・カタルニア・サーキット

第7戦 カタルニアGP

アレックス・マルケスが3連勝を達成し、
ポイントランキング首位に浮上

Moto2クラスは、予選6番手から好スタートを切り、トップグループに加わったアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が、2年ぶりの大会制覇を成し遂げました。これでアレックスは、フランス、イタリアに続き3連勝を達成。Moto2クラスで自身初めてラインキング首位に浮上しました。

大接戦となった予選は、ポールポジション(PP)から6番手のアレックスまでわずか0.100秒差でした。2列目からのスタートとなったアレックスは、オープニングラップ6番手から着実にポジションを上げると、レース中盤には予選2番手からトップに立ったトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)の背後に迫りました。それからはルティとアレックスの一騎打ちとなり、14周目にトップに浮上したアレックスは、ルティとの差をじりじりと広げ、22周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。

2位にはルティで、2戦連続今季4回目の表彰台に立ちました。この結果、総合2位は変わらずも、今大会リタイアに終わったロレンソ・バルダッサーリ(FLEXBOX HP 40)が総合4位にダウン。3連勝を達成したアレックスが首位に浮上しました。

その後方では、PP獲得のアウグスト・フェルナンデス(FLEXBOX HP 40)と予選4番手のホルヘ・ナバロ(HDR Heidrun Speed Up)がし烈な3位争いを繰り広げ、ナバロが今季4回目の表彰台に立ち、総合4位から3位に浮上しました。初PPから初優勝に挑んだフェルナンデスは僅差の4位でした。

Moto2ルーキーのエネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)が5位、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が6位、マルセル・シュローター(Dynavolt Intact GP)が7位、チャビ・ビエルゲ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が7位、今季3回目のフロントローから決勝に挑んだサム・ローズ(Federal Oil Gresini Moto2)が9位、長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)が今季3回目のトップ10フィニッシュを果たしました。

IDEMITSU Honda Team Asiaのソムキャット・チャントラは、左足のケガと右腕の腕上がりの手術のため2戦ぶりの復帰となりましたが、フリー走行、予選と着実にペースを上げて17位。ディマス・エッキー・プラタマは20位以内を目標に決勝に挑みましたが、接触などでポジションを上げられず21位でした。

 

コメント

アレックス・マルケス(Moto2 優勝)アレックス・マルケス
「今季3回目の優勝を達成し、さらにチャンピオンシップリーダーになることができてとてもうれしいです。2列目からのスタートは簡単ではありませんでした。1コーナーではほかのライダーと接触があり、少しタイムを落としました。今大会は、安定した走行と、ミスをしないことが重要でした。特に10コーナーはミスをしないように集中しました。ルティの後ろにいたとき、僕の方が少し力がある感じがしました。チャンピオンシップをリードすることができました。チームのためにも、とてもうれしいです」

トーマス・ルティ(Moto2 2位)トーマス・ルティ
「2位という結果に満足しています。レース序盤からペースを上げて、最後までリードする作戦でした。しかし後半はアレックスのペースがよかったです。彼に抜かれたあと、一生懸命プッシュしましたが離されました。特にコーナー進入のブレーキングでがんばりましたが、危うくフロントから転倒しそうになりました。もちろん優勝を狙っていましたが、チャンピオン争いを考えれば今日の2位は重要です。まだまだシーズンはこれからです。今日はトップグループで戦えましたが、優勝するには十分な強さがありませんでした。しかし、次戦のアッセンに向けて自信はあるので、今大会の雪辱に挑みます」

ホルヘ・ナバロ(Moto2 3位)ホルヘ・ナバロ
「とてもいいレースができたと思うのですが、フルタンクのときは、他のライダーをオーバーテイクするのに苦戦しました。全体的には、レースをリードしていたライダーたちと同じようなペースがあったのに、序盤でタイムを落としてしまったのが優勝争いから遅れた理由でした。しかし、再び表彰台を獲得し、いい結果を残すことができました。ファンや家族、そしてチームに感謝しています」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 17位)ソムキャット・チャントラ
「数週前に手術をして、まだ完全な状態ではありませんが、17位でゴールできたことは期待以上の結果でした。とてもハッピーです。しかし、ポイントを獲得できず、がっかりしています。レース中のリズムはとてもよく、レース中のベストタイムは、予選のタイムを上回りました。腕上がりの手術をしたことで、これまで抱えていた腕の問題は解消しました。これからはレースでもっとプッシュできると思います。今日はスタートをうまく決めることができず、前を走るライダーの転倒もあり、タイムをロスしてしまいました。ポイント獲得は果たせませんでしたが、次戦アッセンがとても楽しみです」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 21位)ディマス・エッキー・プラタマ
「ムジェロと比べていい走りができました。今回は20位以内を目標にレースに挑み、スタートで順位を上げようとしたのですが、接触があり叶いませんでした。今大会は、路面の状況が難しく、たくさんのことを学びました。今日は路面温度が高く、リアタイヤのスピニングをコントロールしなければなりませんでした。安定したペースで走ることにもトライしました。次のアッセンは、初めてのサーキットになります。高速コーナーが連続するレイアウトですが、とても楽しみにしています」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
173アレックス・マルケスKALEX38'25.678
212トーマス・ルティKALEX+1.989
39ホルヘ・ナバロSPEED UP+2.532
440アウグスト・フェルナンデスKALEX+3.802
533エネア・バスティアニーニKALEX+7.472
610ルカ・マリーニKALEX+13.996
723マルセル・シュローターKALEX+14.565
897チャビ・ビエルゲKALEX+14.953
922サム・ロースKALEX+15.898
1045長島哲太KALEX+17.947
1141ブラッド・ビンダーKTM+20.891
125アンドレア・ロカテリKALEX+20.930
1311ニッコロ・ブレガKALEX+22.352
1424シモーネ・コルシKALEX+25.192
1588ホルヘ・マルティンKTM+27.132
1677ドミニク・エガーターMVアグスタ+30.395
1735ソムキャット・チャントラKALEX+32.230
1864ボウ・ベンドスナイダーNTS+33.315
1994ジョナス・フォルガーKALEX+39.441
2016ジョー・ロバーツKTM+42.600
2120ディマス・エッキー・プラタマKALEX+44.461
224スティーブン・オデンダルNTS+47.623
2372マルコ・ベツェッキKTM+54.911
243ルーカス・ツロヴィッチKTM+59.776
2518シャビ・カルデルスKTM+1'22.064
RT96ジェイク・ディクソンKTM+1Lap
RT62ステファノ・マンシィMVアグスタ+6Laps
RT21ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP+9Laps
RT7ロレンソ・バルダッサーリKALEX+16Laps
RT27イケル・レクオナKTM+20Laps
RT87レミー・ガードナーKALEX-

Moto2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
173アレックス・マルケスKALEX111
212トーマス・ルティKALEX104
39ホルヘ・ナバロSPEED UP89
47ロレンソ・バルダッサーリKALEX88
523マルセル・シュローターKALEX73
610ルカ・マリーニKALEX68
740アウグスト・フェルナンデスKALEX67
833エネア・バスティアニーニKALEX56
941ブラッド・ビンダーKTM44
1087レミー・ガードナーKALEX41
1197チャビ・ビエルゲKALEX39
1222サム・ロースKALEX33
1345長島哲太KALEX30
1427イケル・レクオナKTM26
155アンドレア・ロカテリKALEX20
1621ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP19
1754マティア・パシーニKALEX18
1811ニッコロ・ブレガKALEX16
1924シモーネ・コルシKALEX10
2035ソムキャット・チャントラKALEX6
2164ボウ・ベンドスナイダーNTS5
2277ドミニク・エガーターMVアグスタ5
2389カイルール・イダム・パウィKALEX3
242イェスコ・ラフィンNTS3
2588ホルヘ・マルティンKTM3
2616ジョー・ロバーツKTM2
2762ステファノ・マンシィMVアグスタ1
283ルーカス・ツロヴィッチKTM0
2972マルコ・ベツェッキKTM0
3096ジェイク・ディクソンKTM0
3165フィリップ・エッテルKTM0
324スティーブン・オデンダルNTS0
3394ジョナス・フォルガーKALEX0
3420ディマス・エッキー・プラタマKALEX0
3518シャビ・カルデルスKTM0
366ガブリエーレ・ルイウMVアグスタ0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1KALEX175
2SPEED UP94
3KTM48
4NTS7
5MV AGUSTA6

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第7戦 カタルニアGP Moto2 決勝

ニュース