MENU

HONDA

検索

Round04スペインスペインGP

Moto2

2019.05.05(日)

ヘレス・サーキット・アンヘル・ニエト
天候:晴れ
気温:21℃
路面温度:42℃
コースコンディション:ドライ
観客:7万5047人(3日間:15万1513人)

第4戦 スペインGP

バルダッサーリが今季3勝目。ナバロが2位表彰台

Moto2クラスは、スタート直後に多重クラッシュが発生し、オープニングラップで赤旗中断となりました。その後、23周のレースは15周に減算されて再スタートが切られ、予選6番手から好スタートを切ったロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)が、チームメートのアウグスト・フェルナンデス、初PP獲得のホルヘ・ナバロ(HDR Heidrun Speed Up)とのし烈な戦いを制し、今季3勝目を挙げました。

今季絶好調のバルダッサーリは、前戦アメリカズGPで痛恨の転倒を喫し、ノーポイントに終わりましたが、その他のレースをすべて制す強さ。今季のチャンピオン候補の筆頭に浮上しました。

2位には初PPを獲得したナバロで、地元ファンの声援を受けて猛列に追い上げました。3位には、序盤をリードしたフェルナンデスが入り、初フロントローから初表彰台獲得というすばらしい大会となりました。フェルナンデスは第2戦アルゼンチンGPのケガで第3戦アメリカズGPを欠場していますが、2戦ぶりとなったホームグランプリで大きなステップを刻みました。

4位にはトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)で、チームメートのマルセル・シュローターが15位に終わったことで総合ポイントで2位に浮上。シュローターが3位へとランクを下げました。

ルティを追っていたブラッド・ビンダー(Red bull KTM Ajo)が5位、そのビンダーを追撃したチャビ・ビエルゲ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が6位でフィニッシュしました。

レース1でシフタートラブルのためピットスタートとなった長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は、赤旗中断にも助けられ、レース2では本来のグリッドからスタートして自己ベストとなる7位でチェッカーを受けました。以下、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)、ニッコロ・ブレガ(SKY Racing Team VR46)、イケル・レクオナ(American Racing KTM)と続き、ここまでがトップ10フィニッシュでした。

ソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)は予選21番手から17位でフィニッシュ。ポイント獲得まであと少しという走りでした。チームメートのディマス・エッキー・プラタマは、多重クラッシュに巻き込まれ転倒し、ドクターストップで再スタートすることができませんでした。

 

コメント

ロレンソ・バルダッサーリ(Moto2 優勝)ロレンソ・バルダッサーリ
「今日は優勝できてとてもうれしいです。多重クラッシュで、レースが再スタートとなりましたが、最初からいいフィーリングがあり、ペースも安定していたので、優勝することができました。オースティンで転倒してしまったのは残念でしたが、重要なことはチャンピオンシップをリードしていて、安定しているということです。いい仕事をしてくれたチームに感謝したいです。また、初めて表彰台に上がったアウグスト(フェルナンデス)におめでとうを言いたいです。また、応援に来てくれたスポンサーにも感謝しています」

ホルヘ・ナバロ(Moto2 2位)ホルヘ・ナバロ
「ほぼ完ぺきな週末でした。自分たちの仕事にとても満足しています。あと数周あれば、優勝争いができたと思います。それでも2位という結果に満足しています。ヘレスのレースは毎回ワクワクします。チームの仕事やサポートに感謝しています。ル・マンが楽しみです」

アウグスト・フェルナンデス(Moto2 3位)アウグスト・フェルナンデス
「とてもうれしいです。昨日は初めてフロントローを獲得し、今日は初めて表彰台に上がりました。これ以上うれしいことはありません。完治していない左腕の痛みはかなりありましたが、それに耐えて表彰台を獲得しました。チームや家族のサポートに感謝したいです。また、すばらしい仕事をしたスタッフにおめでとうと言いたいです」

ソムキャット・チャントラ(Moto2 17位)ソムキャット・チャントラ
「17位でレースを終えることができてよかったです。腕の張りとフロント周りに違和感を感じながらの走行となったので、昨日までのようにリズムよく走ることができませんでした。この問題を解決するために、腕上がりの手術が必要かもしれません。今週、検査ができればと思っています」

ディマス・エッキー・プラタマ(Moto2 リタイア)
「いいスタートが切れ、何人かのライダーを抜くことができました。しかし、今日の結果にはがっかりしました。1コーナーと2コーナーの間でガードナー選手が転倒して、それを避けることができませんでした。転倒後、何とか起きようとしましたが起き上がれず、ドクターも許可しませんでした。次戦のフランスは気持ちを切り替えてがんばります」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
17ロレンソ・バルダッサーリKALEX25'33.841
29ホルヘ・ナバロSPEED UP+0.359
340アウグスト・フェルナンデスKALEX+1.091
412トーマス・ルティKALEX+2.428
541ブラッド・ビンダーKTM+3.767
697チャビ・ビエルゲKALEX+4.955
745長島哲太KALEX+7.842
810ルカ・マリーニKALEX+8.026
911ニッコロ・ブレガKALEX+8.571
1027イケル・レクオナKTM+10.235
1133エネア・バスティアニーニKALEX+10.445
1221ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP+12.708
1377ドミニク・エガーターMVアグスタ+14.179
145アンドレア・ロカテリKALEX+15.470
1523マルセル・シュローターKALEX+16.188
1664ボウ・ベンドスナイダーNTS+18.335
1735ソムキャット・チャントラKALEX+20.944
184スティーブン・オデンダルNTS+22.591
193ルーカス・ツロヴィッチKTM+25.896
2016ジョー・ロバーツKTM+27.150
2162ステファノ・マンシィMVアグスタ+27.887
2272マルコ・ベツェッキKTM+28.312
2365フィリップ・エッテルKTM+29.063
2473アレックス・マルケスKALEX+32.311
2518シャビ・カルデルスKTM+1'01.987
RT88ホルヘ・マルティンKTM+8Laps
RT22サム・ロースKALEX+8Laps
RT54マティア・パシーニKTM+10Laps
RT24シモーネ・コルシKALEX+12Laps
RT87レミー・ガードナーKALEX-
RT20ディマス・エッキー・プラタマKALEX-

Moto2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
17ロレンソ・バルダッサーリKALEX75
212トーマス・ルティKALEX58
323マルセル・シュローターKALEX48
49ホルヘ・ナバロSPEED UP44
587レミー・ガードナーKALEX38
673アレックス・マルケスKALEX36
710ルカ・マリーニKALEX35
840アウグスト・フェルナンデスKALEX27
933エネア・バスティアニーニKALEX26
1041ブラッド・ビンダーKTM25
1127イケル・レクオナKTM19
1222サム・ロースKALEX19
1345長島哲太KALEX17
1497チャビ・ビエルゲKALEX16
155アンドレア・ロカテリKALEX16
1654マティア・パシーニKTM13
1721ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP9
1824シモーネ・コルシKALEX8
1911ニッコロ・ブレガKALEX7
2035ソムキャット・チャントラKALEX6
2164ボウ・ベンドスナイダーNTS5
2277ドミニク・エガーターMVアグスタ5
2389カイルール・イダム・パウィKALEX3
242イェスコ・ラフィンNTS3
2588ホルヘ・マルティンKTM2
2672マルコ・ベツェッキKTM0
2796ジェイク・ディクソンKTM0
283ルーカス・ツロヴィッチKTM0
2965フィリップ・エッテルKTM0
304スティーブン・オデンダルNTS0
3162ステファノ・マンシィMVアグスタ0
3216ジョー・ロバーツKTM0
3318シャビ・カルデルスKTM0
346ガブリエーレ・ルイウMVアグスタ0
3520ディマス・エッキー・プラタマKALEX0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1KALEX100
2SPEED UP49
3KTM29
4NTS7
5MV AGUSTA5

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース