MENU

HONDA

検索
モータースポーツ > ロードレース世界選手権 > 第3戦 アメリカズGP 決勝
2016.04.10 ロードレース世界選手権 第3戦 アメリカ アメリカズGP 決勝
ロードレース世界選手権 第3戦 アメリカズGP

[MotoGP] マルケスがアメリカズGP4連覇を達成

ロードレース世界選手権 第3戦 アメリカズGP

[Moto2] サム・ロースが2位。ランキングトップに躍り出る

ロードレース世界選手権 第3戦 アメリカズGP

[Moto3] ホルヘ・ナバロが2位に食い込み、ランキング2位に

2016年4月10日(日)・決勝  会場:サーキット・オブ・ジ・アメリカズ  天候:曇りときどき、晴れ
気温:26℃  コースコンディション:ドライ  観客:5万6528人(3日間:13万1881人)
MotoGP レポート

アメリカズGP決勝は、前戦アルゼンチンGPから2戦連続でポールポジション(PP)を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、2戦連続でポール・トゥ・ウインを達成しました。好スタートからオープニングラップを制すると、快調にラップを刻んで後続を引き離しました。レース中盤は2番手を走るホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に約6秒の大量リードを築き、終盤にはその差を8秒まで広げる悠々の独走優勝でした。

マルク・マルケスマルク・マルケス

マルク・マルケスマルク・マルケス

これでマルケスは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)では、初開催の2013年から4年連続でポール・トゥ・ウインを達成。さらに過去に開催されていたラグナセカ、インディアナポリスを含み、米国大会で8連勝。Moto2時代を含めると、11年から10連勝という偉業を達成しました。

今大会は、フリー走行、予選と順調にセットアップを進めました。決勝では、オープニングラップに何度か首位を入れ替えますが、レース前半にただ一人2分04秒台の快足ラップを刻んで勝利を確実なものとしました。これでマルケスはMotoGPクラスで26勝目を挙げて歴代9位。通算では52勝とし、フィル・リードと並び歴代7位となりました。

マルク・マルケスマルク・マルケス

ティト・ラバトティト・ラバト

3戦を終えて2勝と3位を1回で総合首位をキープ。今大会2位で総合でも2位につけるロレンソに、21点差をつけてヨーロッパラウンドへと舞台を移すことになりました。

予選20番手から決勝に挑んだMotoGPルーキーのティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、3戦連続でポイント獲得の13位でフィニッシュ。今大会はフリー走行、予選と苦戦しましたが、粘り強い走りをみせました。カル・クラッチロー(LCR Honda)は、5番グリッドから決勝に挑み、7番手を走行していた8周目の11コーナーで転倒、再スタートを切りますがポイント獲得は果たせませんでした。

カル・クラッチローカル・クラッチロー

ダニ・ペドロサダニ・ペドロサ

予選8番手から決勝に挑んだダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、ロレンソ、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と2番手争いのグループを形成しましたが、7周目の1コーナーでバランスを崩して転倒。マシンが前を走るドヴィツィオーゾのマシンに当たってしまい、ドヴィツィオーゾは転倒リタイアとなりました。ペドロサは再スタートを切りましたが、11周を終えた時点でピットに戻りリタイアしました。

ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、初日の転倒で体調が不十分のため欠場となりました。

Moto2 レポート

Moto2クラスは、今季初PPから好スタートを切ったアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)がオープニングラップを制すると、そのまま快調にラップを刻み、今季初優勝を達成しました。今大会は予選、決勝ともにライバルを圧倒するスピードをみせ、決勝でもその走りを再現することに成功。昨年のオーストラリアGP以来5戦ぶりのポール・トゥ・ウイン達成となりました。

アレックス・リンスアレックス・リンス

アレックス・リンスアレックス・リンス

そのリンスを追ったのはサム・ロース(Federal Oil Gresini Moto2)で2位。前戦アルゼンチンGPに続き2戦連続で表彰台に立ち、総合で首位に浮上しました。昨年の大会に続き、アメリカズGPでの2年連続優勝を目指しましたが、リンスには届きませんでした。しかし、熱い走りに大きな拍手が送られました。

前戦で今季初優勝を達成、2連勝を狙ったヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)は、トップの2人には離されましたが、6台に膨れあがったし烈な2番手争いを制して3位表彰台を獲得しました。これで総合首位に浮上したロースが47点、2位に浮上したリンスが46点、ザルコが45点とチャンピオンシップも厳しい戦いとなっています。

ザルコとし烈な戦いを繰り広げたドミニク・エガーター(CarXpert Interwetten)が4位、以下、ジョナス・フォルガー(Dynavolt Intact GP)、シモーネ・コルシ(Speed Up Racing)、トーマス・ルティ(Garage Plus Interwetten)と続きました。このグループで戦った中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は、一時、4番手に浮上しましたが、ラスト4周となった16周目の1コーナーでコルシと接触して転倒。再スタートを切りましたが15位でした。

Moto3 レポート

Moto3クラスは、予選2番手のホルヘ・ナバロ(Estrella Galicia 0,0)とロマノ・フェナティ(KTM)の優勝争いとなりましたが、ブレーキングでミスした事が響き、2位に終わりました。しかし、アルゼンチンGPから2戦連続で2位表彰台に立ち、総合2位に浮上してホームGPとなる次戦スペインに挑むことになりました。

ホルヘ・ナバロホルヘ・ナバロ

エネア・バスティアニーニ(#33)、ヤコブ・コーンフェール(#84)エネア・バスティアニーニ(#33)、ヤコブ・コーンフェール(#84)

以下Honda勢は、エネア・バスティアニーニ(Gresini Racing Moto3)が6位、ルーキーのアーロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)がベストリザルトの7位でフィニッシュ、リビオ・ロイ(RW Racing GP BV)は8位、ジュール・ダニーロ(Ongetta-Rivacold)が9位と、トップ10に5台のHonda勢が名前を連ねました。

前日のフリー走行で右足を負傷した尾野弘樹(Honda Team Asia)は、16番グリッドから決勝に挑み、25位でフィニッシュしました。尾野は2周目の1コーナーでアダム・ノロディン(Drive M7 SIC Racing Team)と接触し、転倒させたことでライドスルーのペナルティーを科せられます。その結果、最下位にポジションを落としましたが、粘り強い走りで完走しました。チームメートで前戦アルゼンチンGP優勝のカイルール・イダム・パウィは、32番グリッドから決勝に挑み、20位でチェッカーを受けました。

MotoGP コメント

マルク・マルケス(MotoGP 優勝)
「今回のレースウイークの進み方にはとても満足しています。ここは大好きなサーキットの一つですが、わからない部分もいくつかあります。フロントタイヤをソフトで走ると決めたのも、レース前のことでした。最後はチームが僕にとてもいいアドバイスをしてくれました。ウォームアップでは感触がよくありませんでしたが、チームが調整してくれたことで、マシンの感触はとてもよくなりました。チームに感謝しています。また、ミシュランのテクニシャンにも感謝しています。最初の12〜15周は大丈夫だと教えてくれました。そのあとは状況に合わせる必要があると言われ、その通りになりました。オースティンでは4連勝となりました。すばらしいことです。また、優勝したあとのチームの喜び方が、すべてを物語っています。今年最初の3レースは、そのときの状況にうまく合わせることができたと思います」

ティト・ラバト(MotoGP 13位)
「今回も難しいレースになりましたが、常に前進していると思います。カタールでは1人で走ることになり、最下位でフィニッシュしましたが、ここ2レースは経験のあるライダーとバトルをすることができました。これはとても大きな前進です。今日はフロントに意図しない挙動があり、序盤にオーバーテイクするのがとても難しく、ミスもしやすかったです。完走して学ぶ必要があったので、我慢強く走り続けました。(ユージン)ラバティといいバトルができたし、どこで強くなれるか少しヒントを得ることができました。ヨニー(ヘルナンデス)をパスして、最終ラップにはもう少しでラバティもパスできると思いましたが、なかなか隙を見つけられませんでした。ヨーロッパに戻るのが楽しみ。ヘレスに向けて準備を万端にしたいです。ヘレスは本当に楽しみなレースです」

カル・クラッチロー(MotoGP 16位)
「3戦連続でノーポイントに終わりました。今日はプッシュしすぎてはいけないところで、プッシュしすぎてしまいました。マシンの加速があまりよくないので、ブレーキングで取り戻そうとしました。十分な速さはあるし、ペースも悪くありません。ただ加速が足りないので苦労しています。この3戦で5位を3回獲得していれば総合3位になることができました。それくらいの力があると思うのですが、すべては自分のミスです。今回はあまりいい方向に向かっていなかったので、マシンのセッティングを変える必要があります。チーム一丸となって取り組んでいます。ヘレスでここまでの遅れを取り戻せるのを楽しみにしています」

ダニ・ペドロサ(MotoGP リタイア)
「難しいレースウイークでしたが、希望を持ってレースに臨みました。かなりいいスタートを切ることができたと思います。順位を上げて、いい集団の中に入りました。(ホルヘ)ロレンソと2番手争いができると思いました。ペースはプラクティスのときよりかなりよかったです。残念ながら小さなミスを犯してしまい、コーナ―進入のブレーキング時にフロントエンドから転倒してしまいました。(アンドレア)ドヴィツィオーゾを巻き込んでしまいました。このような形でレースを終えることになって残念です。またアンドレアには本当に申し訳なく思っています。彼に謝りたいです。彼が無事でよかったです。プラクティスからレースの間に大きく前進できたことは、次につながりました。レース中に得たデータをこれから慎重に検証し、2週間後のヘレスへ向けてそれを足掛かりにして前進したいです」

Moto2 コメント

アレックス・リンス(Moto2 優勝)
「とても難しいレースウイークでした。でも毎セッション、そして毎周のように速く走ることができました。そのため決勝を迎えるころには、いい状態になっていました。レースでは最後までサム(ロース)がプッシュしてきました。2位になった彼におめでとうと言いたいです。彼のおかげで毎周限界まで攻めなければなりませんでした。次はホームラウンドのスペインです。引き続き全力で戦います」

サム・ロース(Moto2 2位)
「優勝はできませんでしたが、2位になれてよかったです。優勝した(アレックス)リンスにおめでとうと言いたいです。今日はラスト7周くらいまでは、マシンの感触がとてもよく、優勝争いができると思いました。しかし終盤に入って、最終コーナーでフロントのグリップがなくなってきたので、リスクを負うことをやめました。リンスのペースがすばらしかったので、彼に追いつくことはとても難しかったです。これで2レース連続で2位になることができました。カタールのライドスルーのペナルティーがあったにもかかわらず、チャンピオンシップをリードできるのはうれしいです。今年のチャンピオンシップは、今日表彰台に上がったリンスや(ヨハン)ザルコとの激しいバトルになると思います。次は大好きなヘレスです。とても楽しみです」

ヨハン・ザルコ(Moto2 3位)
「3番手争いのバトルはすばらしかったのですが、終盤は速く走ることができました。(アレックス)リンスと(サム)ロースについていく方がよかったのですが、難しすぎました。序盤も同じくらいプッシュできたら、前の2人と一緒に走れたかもしれません。しかし、このサーキットは僕にとってかなり難しいサーキットです。こうして表彰台に上がることができてうれしいです。今大会はいい仕事ができたと思います。アルゼンチンからの2連戦でいろいろ学ぶことができました。これから休んで、2週間後のヘレスに備えたいです」

中上貴晶(Moto2 15位)
「今日はスタートもよく3番手争いの集団の中で気持ちよく走れていました。(アレックス)リンスと(サム)ロースには逃げられてしまいましたが、グループの中でトップフィニッシュする自信はありました。前半はタイヤをセーブしていました。終盤になって(ヨハン)ザルコの後ろまでポジションを上げましたが、ラスト4周となった1コーナーで(シモーネ)コルシにぶつけられて転倒してしまいました。レースディレクションに呼ばれ、今回の接触について事情を聞かれましたが、レーシングアクシデントということでコルシには注意だけでした。転倒がなければ絶対に表彰台に立てたと思うので悔しいです」

Moto3 コメント

ホルヘ・ナバロ(Moto3 2位)
「とても力強いスタートが切れたし、いいレースができました。あまりたくさんのライダーと一緒に走りたくなかったので、最初からグループから逃げきろうと決めていました。それがうまく行き、引き離せたのですが、徐々にロマノ(フェナティ)が追い上げてきました。1コーナーでミスをしてしまい、はらんでしまったとき、彼にパスされました。何周か彼の後ろで様子を見たのですが、また何度かミスをしてしまい遅れました。今日はあまり快適に走ることはできませんでした。リアのホイールにかなり挙動がありました。終盤は、後ろとの差が大きかったので2位でフィニッシュすることに決めました。総合2位になれてよかったです」

エネア・バスティアニーニ(Moto3 6位)
「レース終盤はとても速く走れたのですが、序盤の満タンのときにうまく走れませんでした。その結果、トップグループから遅れてしまいました。レース中盤もブレーキングで遅れを取りました。そのため(ブラッド)ビンダーや(ファビオ)クアルタラロから遅れてしまいました。レース終盤はいい走りができているだけに、序盤でもっと速く走れるように取り組まなければなりません」

アーロン・カネット(Moto3 7位)
「これまでの中で最もおもしろいレースの一つとなりました。22番手からスタートし、(ニッコロ)アントネッリの後ろについて、ポジションを上げていくことができました。(エネア)バスティアニーニに追いついたとき、アタックして逃げきろうとしましたができませんでした。次のスペインGPは知っているサーキットなので楽しみです。この3戦の経験を生かしてがんばりたいです」

尾野弘樹(Moto3 25位)
「スタートはよかったと思います。しかし2周目の1コーナーのブレーキングで止まり切れず、(アダム)ノロディンにぶつかってしまい、転倒させてしまいました。この接触でライドスルーのペナルティーを科せられ、最後尾に落ちましたが、最後まで全力で走りました。フリー走行で痛めた右足が痛くて厳しいレースでしたが、次のスペインGPには、しっかり治して挑みたいです」

MotoGP リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
193マルク・マルケスHonda43'57.945
299J.ロレンソヤマハ+6.107
329A.イアンノーネドゥカティ+10.947
425M.ビニャーレススズキ+18.422
541A.エスパルガロスズキ+20.711
645S.レディングドゥカティ+28.961
744P.エスパルガロヤマハ+32.112
851M.ピロドゥカティ+32.757
98H.バルベラドゥカティ+34.592
106S.ブラドルアプリリア+40.211
1119A.バウティスタアプリリア+45.423
1250E.ラバティドゥカティ+47.127
1353ティト・ラバトHonda+47.426
1468Y.ヘルナンデスドゥカティ+51.190
1576L.バズドゥカティ+1'12.929
1635カル・クラッチローHonda+1'19.252
1738B.スミスヤマハ+1'28.036
RT26ダニ・ペドロサHonda+10Laps
RT4A.ドヴィツィオーゾドゥカティ +15Laps
RT46V.ロッシヤマハ +19Laps
Moto2 リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
140アレックス・リンスKALEX41'22.174
222サム・ロースKALEX+2.091
35ヨハン・ザルコKALEX+7.737
477ドミニク・エガーターKALEX+8.646
594ジョナス・フォルガーKALEX+8.791
624シモーネ・コルシSPEED UP+11.083
712トーマス・ルティKALEX+11.278
819ザビエル・シメオンSPEED UP+17.933
960フリアン・シモンSPEED UP+18.718
1023マルセル・シュローターKALEX+19.408
1173アレックス・マルケスKALEX+22.173
1211サンドロ・コルテセKALEX+23.898
1339ルイス・サロムKALEX+25.395
1421フランコ・モルビデリKALEX+26.883
1530中上貴晶KALEX+27.598
1655ハフィズ・シャーリンKALEX+29.341
1754マティア・パシーニKALEX+30.197
1832アイザック・ビニャーレスTECH 3+36.863
1914ラタパーク・ウィライローKALEX+38.383
2097チャビ・ビエルゲTECH 3+38.437
212イェスコ・ラフィンKALEX+45.206
2249アクセル・ポンスKALEX+47.688
237ロレンソ・バルダッサーリKALEX+53.873
2433アレッサンドロ・トヌッチKALEX+1'11.159
RT44ミゲル・オリベイラKALEX +8Laps
RT52ダニー・ケントKALEX +14Laps
RT70ロビン・マルホウザーKALEX+16Laps
RT10ルカ・マリーニKALEX+16Laps
Moto3 リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
15R.フェナティKTM41'14.868
29ホルヘ・ナバロHonda+6.612
341B.ビンダーKTM+10.535
465P.エッテルKTM+10.975
555A.ロカテリKTM+13.845
633エネア・バスティアニーニHonda+14.123
744アーロン・カネットHonda+16.309
811リビオ・ロイHonda+21.841
995ジュール・ダニーロHonda+22.004
108N.ブレガKTM+22.351
1184ヤコブ・コーンフェールHonda+22.714
1258J.ゲバラKTM+22.764
1320F.クアルタラロKTM+26.024
1421F.バグナイアマヒンドラ+28.161
1516A.ミニョKTM+28.259
1610A.マスボープジョー+39.223
174ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda+39.348
1819G.ロドリゴKTM+39.739
1924鈴木竜生マヒンドラ+40.160
2089カイルール・イダム・パウィHonda+48.107
2117J.マクフィープジョー+48.334
2264B.ベンドスナイダーKTM+48.442
236M.エレーラKTM+1'15.871
2477L.ペトラルカマヒンドラ+1'16.043
2576尾野弘樹Honda+1'19.441
263F.スピラネッリマヒンドラ+1'45.929
RT23ニッコロ・アントネッリHonda+2Laps
RT98K.ハニカマヒンドラ+7Laps
RT43S.バルトリーニマヒンドラ+9Laps
RT88J.マルティンマヒンドラ+11Laps
RT40D.ビンダーマヒンドラ+13Laps
RT36J.ミルKTM+14Laps
RT7アダム・ノロディンHonda+17Laps
MotoGP ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-193マルク・マルケスHonda66
299J.ロレンソヤマハ45
346V.ロッシヤマハ33
444P.エスパルガロヤマハ28
526ダニ・ペドロサHonda27
68H.バルベラドゥカティ25
74A.ドヴィツィオーゾドゥカティ23
825M.ビニャーレススズキ23
950E.ラバティドゥカティ21
1041A.エスパルガロスズキ21
1129A.イアンノーネドゥカティ16
1245S.レディングドゥカティ16
1338B.スミスヤマハ16
146S.ブラドルアプリリア15
1519A.バウティスタアプリリア14
1651M.ピロドゥカティ12
1753ティト・ラバトHonda11
1843ジャック・ミラーHonda2
1968Y.ヘルナンデスドゥカティ2
2076L.バズドゥカティ1
2135カル・クラッチローHonda0

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda66
2ヤマハ65
-3ドゥカティ49
-4スズキ28
-5アプリリア18

ランキング詳細

チーム

順位 チーム 総合ポイント
-1Repsol Honda Team93
-2Movistar Yamaha MotoGP78
-3Monster Yamaha Tech 344
4Team SUZUKI ECSTAR44
5Ducati Team39
-6Aprilia Racing Team Gresini29
7OCTO Pramac Yakhnich28
8Avintia Racing26
9Aspar Team MotoGP23
-10Estrella Galicia 0,0 Marc VDS13

ランキング詳細

Moto2 ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
122サム・ロースKALEX47
240アレックス・リンスKALEX46
35ヨハン・ザルコKALEX45
412トーマス・ルティKALEX43
-577ドミニク・エガーターKALEX35
694ジョナス・フォルガーKALEX27
724シモーネ・コルシSPEED UP26
839ルイス・サロムKALEX24
955ハフィズ・シャーリンKALEX23
1019ザビエル・シメオンSPEED UP12
-1121フランコ・モルビデリKALEX11
1223マルセル・シュローターKALEX11
1352ダニー・ケントKALEX10
1430中上貴晶KALEX10
1549アクセル・ポンスKALEX8
1660フリアン・シモンSPEED UP7
1754マティア・パシーニKALEX6
1810ルカ・マリーニKALEX6
1944ミゲル・オリベイラKALEX5
2011サンドロ・コルテセKALEX5
2173アレックス・マルケスKALEX5
2214ラタパーク・ウィライローKALEX3
237ロレンソ・バルダッサーリKALEX3
2497チャビ・ビエルゲTECH 32
252イェスコ・ラフィンKALEX0
2632アイザック・ビニャーレスTECH 30
2770ロビン・マルホウザーKALEX0
2833アレッサンドロ・トヌッチKALEX0

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1KALEX 75
-2SPEED UP 30
-3TECH 32

ランキング詳細

Moto3 ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-141B.ビンダーKTM52
29ホルヘ・ナバロHonda49
35R.フェナティKTM38
423ニッコロ・アントネッリHonda31
589カイルール・イダム・パウィHonda25
655A.ロカテリKTM24
765P.エッテルKTM21
833エネア・バスティアニーニHonda21
921F.バグナイアマヒンドラ18
1084ヤコブ・コーンフェールHonda18
-118N.ブレガKTM16
1211リビオ・ロイHonda16
1336J.ミルKTM15
1495ジュール・ダニーロHonda12
1576尾野弘樹Honda10
1644アーロン・カネットHonda10
1717J.マクフィープジョー9
1820F.クアルタラロKTM9
1988J.マルティンマヒンドラ8
-2058J.ゲバラKTM8
217アダム・ノロディンHonda5
-226M.エレーラKTM2
2364B.ベンドスナイダーKTM2
-2416A.ミニョKTM1
-2519G.ロドリゴKTM0
2610A.マスボープジョー0
2740D.ビンダーマヒンドラ0
2898K.ハニカマヒンドラ0
294ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda0
3024鈴木竜生マヒンドラ0
3143S.バルトリーニマヒンドラ0
-3277L.ペトラルカマヒンドラ0
-333F.スピラネッリマヒンドラ0

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1Honda70
-2KTM61
-3マヒンドラ26
-4プジョー9

ランキング詳細

MotoGP

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

ティト・ラバト

カル・クラッチロー

ダニ・ペドロサ

Moto2

アレックス・リンス

アレックス・リンス

Moto3

ホルヘ・ナバロ

エネア・バスティアニーニ(#33)、ヤコブ・コーンフェール(#84)