MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > トライアル世界選手権  > 2014総集編

MotoGP

Repsol Honda Teamのトニー・ボウが前人未踏のシリーズ8連覇
チームメートの藤波貴久は開幕戦で勝利

2014年のFIMトライアル世界選手権は、Repsol Honda Teamのトニー・ボウが年間7勝を挙げ、新記録となるアウトドアシリーズ8連覇を達成しました。チームメートの藤波貴久は、開幕戦で優勝を果たすなどして総合5位。シーズンを通して、Hondaワークスのライダーが活躍しました。

14年、Hondaはワークス体制でシーズンに臨みました。そのため、これまでボウと藤波が所属していたRepsol Montesa Hondaは、Repsol Honda Teamと改名され、新たなスタートを切りました。

開幕戦では、Repsol Honda Teamの2人が早速強さをみせます。1日目は第7セクションまでオールクリーン、1ラップ目の終了時にわずか2点しか取っていなかった藤波が、その後のラップでも安定した走りで優勝。2位にはボウが入りました。対して2日目はボウが優勝、藤波が6位と、チームメート同士で勝利を分け合いました。

第4戦を終えた段階で、ボウはランキングトップ。そしてここから、ボウがディフェンディングチャンピオンとしての本領を発揮していきます。第5戦で優勝すると、続く第6戦でダブルウインを達成。第7戦では2位表彰台を獲得しました。

そうして迎えたシーズン最終戦。ボウは驚異的な強さでシーズンをリードしていたものの、ランキング2位のアダム・ラガ(ガスガス)がボウに次ぐ4勝を挙げており、タイトル争いは2人の一騎打ちに。第7戦を終えた時点でその差はわずか7点しかなく、チャンピオン獲得に向けて、予断を許さない状況でした。

最終戦の初日、ボウは難セクションだった第7セクション以外をすべてクリーンでまとめ、1ラップ目は唯一の1桁減点の5点で終えます。その後の2ラップ目、3ラップ目でも、ボウはトップの成績で走りきり、大差で優勝を手にしました。2日目になると、ライバルもすばらしい走りをみせますが、ボウには及ばず。ダブルウインでタイトル獲得に華を添えました。

14年のボウは年間7勝。優勝を逃したレースでも、2位に入る好成績でした。そして、8度のチャンピオン獲得は、それまでジョルディ・タレスとドギー・ランプキンが築いた7度のタイトル獲得という偉業を、塗り変える快挙でした。

2014 ポイントスタンディング

ライダー

順位 ライダー マシン 総合 1 2 3 4 5 6 7 8
D1 D2 D1 D2 D1 D2 D1 D2 D1 D2
1トニー・ボウモンテッサ(Honda)225172017171720202020172020
2A.ラガガスガス210131720202017171717201517
3A.カベスタニーシェルコ16310131315151515159131713
4J.ファハルドベータ15415151111713111315151315
5藤波貴久モンテッサ(Honda)145201015131010131111101111
6J.ダビルベータ11311111069111010136610
 
15小川友幸Honda13310

ポイント配分表

決勝順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位
ポイント 20 17 15 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

特集コンテンツ

藤波貴久 19年目の“全開野郎”
藤波貴久 19年目の“全開野郎”

選手紹介

レプソル・ホンダ・チームRepsol Honda TeamRIDERS

トニー・ボウ#1
Toni Bou

生年月日:1986年10月17日
出身地:スペイン
身長:177cm
体重:75kg
URL:http://www.tonibou.es/

2003年にトライアル世界選手権にデビューして、07年にREPSOL MONTESA HRCに移籍しました。この年は4ストロークマシンへの乗り替え1年目ながら、開幕5連勝、年間で9勝を挙げて、自身初のワールドタイトルを獲得しました。

翌08年になってもその勢いは衰えず、通算7勝を挙げて連覇を達成。その後、毎年連続して世界選手権でのチャンピオン獲得を積み上げ、12年までに前人未到の6連覇を達成しています。

13年もRepsol Montesa Hondaから出場し、ディフェンディングチャンピオン記録の更新に挑戦。厳しいタイトル争いの末、見事に7連覇を達成しました。14年は年間7勝を挙げ、それまでだれも成し得ていなかった、8度目のタイトルを獲得しました。

主な戦績

2003 世界選手権 13位
2004 世界選手権 9位
2005 世界選手権 5位
2006 世界選手権 5位
2007 世界選手権 チャンピオン
2008 世界選手権 チャンピオン
2009 世界選手権 チャンピオン
2010 世界選手権 チャンピオン
2011 世界選手権 チャンピオン
2012 世界選手権 チャンピオン
2013 世界選手権 チャンピオン
2014 世界選手権 チャンピオン

藤波貴久#5
Takahisa Fujinami

生年月日:1980年1月13日
出身地:日本(三重県)
身長:170cm
体重:64kg
血液型:AB型
URL:http://fujigas.net/

3歳からモトクロスを始め、自転車トライアルなども経験。1991年、11歳のデビュー戦以来、最短で国際A級に昇格します。中部選手権を経て、93年に全日本トライアル選手権へ参戦し、95年には15歳で史上最年少の全日本タイトルを獲得しました。

翌96年から世界選手権に参戦開始。97年のドイツ大会で初優勝を果たします。98年には全日本選手権チャンピオン、世界選手権ランキング5位を獲得。99年から2003年まで5年連続で世界選手権ランキング2位を獲得し続けます。

そして、翌04年には日本人として初となる念願のトライアル世界選手権チャンピオンに輝きました。05年、06年は総合2位。07年から11年まで総合3位と上位にランクインしました。12年は後半、2度表彰台に上がり、総合5位でシーズンを終えました。

13年は開幕戦の日本で優勝を飾したほか、第2戦アメリカ、第5戦イタリア、第7戦イギリスでも表彰台に立ち、総合5位となりました。それまで所属していたRepsol Montesa Hondaが、ワークス体制となったことでRepsol Honda Teamと改名された14年は、開幕戦日本GPで勝利するなどし、総合5位となりました。

主な戦績

2002 世界選手権 2位、全日本トライアル選手権 スーパーA 5位
2003 世界選手権 2位
2004 世界選手権 チャンピオン
2005 世界選手権 2位
2006 世界選手権 2位
2007 世界選手権 3位
2008 世界選手権 3位
2009 世界選手権 3位
2010 世界選手権 3位
2011 世界選手権 3位
2012 世界選手権 5位
2013 世界選手権 5位
2014 世界選手権 5位